40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【イラスト】 キックボクシングジム 上級者とミット練習!② プロの試合に出ちゃうレベルの人の場合。

上級者との練習は常に緊張感を持って臨まなくてはなりません。

過去にこんな記事を書きました。

www.karatekagolf.com

www.karatekagolf.com

 

ということで、本日はプロの試合に出ちゃうレベルの人との練習のひとコマです。キックボクシングジムにいると、やはりプロの格闘家もおりますし、現役でプロの試合に出ているような人もいます。

 

私の通うジムは、基本的におりませんが系列のジムにはやはりおりまして、たまに調整やちょっとしたトレーニングに来たりもします。

そんな時に、一緒に練習することになるとちょっとドキドキしますね。プロのレベルなわけですから、当然全てにおいてのステータスが高いのです。

ドラクエで言うと、レベルは70超えちゃってるレベル。いつでもクリアしちゃいますけどレベルですね。

さて、ミットを打っているときはいいんですよ。受けてもらうだけなので、問題は逆に受けている時ですね。何しろ攻撃すべてが強烈です。

特に総合力の高い上級者の場合は、特にそのスピードやタイミングが凄い事に!!

f:id:waga186:20170930135656p:plain

構えるときは、ドキドキですね。

すっと近づいてきてから、攻撃すべてが早いし重いのです!この時はワンツー・ワンツーフックとか短いのではなくて、パンチの複合(コンビネーション)です。

①ワン・ツー

②ワン・ツー・ワンツー

③ワン・ツー・フック・ストレート

④ストレート・フック・バックステップ・ストレート

⑤ストレート・フック・ストレート

これを①から順番に繋げていき、最終的には、

ワン・ツー・ワン・ツー・ワンツー・ワン・ツー・フック・ストレート・ストレート・フック・バックステップ・ストレート・ストレート・フック・ストレート

というコンビネーションになります。

 

これを20回ずつやるとか、かなりバテます。ミット打ちの場合、ミットを持っている人が主導権を握りますので、基本的に構えてから打ってもらう事になります。

ところがそこは上級者ですから、のんびりやっていると彼の練習になりません。私も必死に指示を出します。頭が混乱しそうになりながらも一生懸命構えるのですが、スピードとパワーに圧倒されて、もはや何が何やらわからなくなります。

最終的には、北斗の拳で言うところの「百烈拳」を打たれているような、ジョジョで言うところの「オラオラオラ!」ってされているような状況になります。

ちなみにミットを出し忘れてしまうと、冗談抜きで打たれてもおかしくない状況です。この恐ろしさったら無いですね。

一撃喰らうと下手するとノックアウト!なんてことにもなりかねませんからね!

このように上級者との練習はやはり緊張感が大事です。スピードだけじゃなくてパンチが重いのも特徴ですよ!

www.karatekagolf.com

www.karatekagolf.com