40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【マンガ】 キックボクシングジム 上級者とミット練習!キン肉マンの場合。

さて、前回の記事でこんな記事を書きました。

www.karatekagolf.com

www.karatekagolf.com

では、実際に何が地獄なのかという点を少しご説明したいと思います。

上級者と練習する場合、相手が明らかに初心者相手だと、かなり力を抜いた蹴りやキックを出してきますが、ある程度大丈夫だなと思うと容赦なく練習でも打ち込んできたりします。

f:id:waga186:20170930135603p:plain

さて、この図は何かと申しますと、相手はキックボクシングの上級者でありつつ肉体がボディービルダーのような筋肉がついている人の場合です。

基本練習でもある「ワンツーフック」の練習です。

ワンツーとは、ジャブストレートの事で、そのあとにフックを打ち込む練習で、持ち手の私はそれに合わせて、ミットを出すわけです。

ミットの基本は、インパクトの瞬間に少し押してあげる(上手に受ける)ことで、ダメージを吸収し、基本的には攻撃側の練習者の為に動く訳ですね。

 普通の人なら全然問題ないのですが、上級者のキン肉マンはここが厄介です。厄介なのはワンツーの後の「フック」です。ボクシングにしてもキックボクシングにしても蹴りやパンチは「力じゃない!」と言われます。

ではなんなのか?と言うと、体の回転、バランス、体重を乗せた体の使い方などです。ですが、上級者は基本的に既にこれらは出来ているわけです。ここまでになっちゃうと、結局この人の筋肉がプラスアルファーの力として加わってきます。

力じゃないと言うのは、その力を活かす力量がある人にとっては、プラスアルファの武器になるわけですね。

結果、私はそのフックを受ける事により、ダメージを被るわけです。フック系の技を受ける時に、受け側は肘と肩にダメージを受ける可能性があります。これもまた受け方を上手に受けないとモロに衝撃が来ます。

上級者との練習は、常にこういった緊張感を持って望まなくてはなりません。