カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等の未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【決定版】堀口恭司の攻略法!強さの秘密!?徹底分析すれば弱点が見える!?

2020年の年末長い眠りから覚めたスーパースターに我々は酔いしれた訳です。

彼の名は

「堀口恭司」

日本人最強の総合格闘家で、世界のトップ選手の一人です。

私も大ファンの一人なわけですが、格闘技をかじる人間としては、

実際に総合で戦ってみたら??

と想像してしまうわけです。

今回はそんな彼を攻略するにはどうすれば良いかを考えてみたいと思います。

 

 

1.堀口恭司を徹底調査!

では、堀口恭司の基本情報を書き出します。

これらの情報は一見関係無いように見えても、彼を攻略する上で絶対に必要な情報です。

堀口恭司 公式ウェブサイト HORIGUCHI KYOJI OFFICIAL WEB SITE

引用元は公式サイトです。一部ウィキペディアから引用

f:id:waga186:20210109013918p:plain

【誕生日】1990年10月12日

【居住地】アメリカ フロリダ州

【身長】165cm

【体重】58kg(現在の階級バンダム級は61kg)

【卒業】作新学院

【戦績】29勝3敗(2021年1月現在)

【ベース】伝統派空手 2段

【当時の所属】KRAZY BEE

【現在の所属】アメリカン・トップチーム(ATT)

【趣味】釣り・キャンプ

【尊敬する人】山本KID徳郁

【好きな鬼滅キャラ】我妻善逸(炭治郎も好き)

【怪我】右ひざ前十字靭帯の断裂、半月板損傷

【コーチ】マイク・ブラウン

【UFCタイトルマッチ】デメトリアス・ジョンソン(負け)

【性格】温厚でとても良い人柄(アンチが少ないと言われる)

 

2.堀口恭司の戦い方

堀口恭司が何故こんなに強いのか?

その答えがわからない限り攻略など不可能でしょう。

彼は5歳から伝統派空手を始めています。

彼の立ち技格闘技としてのベースは伝統派空手で間違いありません。

これは本人も「ベースが伝統派空手なので、、。」

といっていることから間違いありません。

 

実際の彼のキックボクシングの試合の立ち方を見るとわかりやすいです。

f:id:waga186:20200308202239p:plain

那須川天心がキックボクシングの基本的な立ち方をしているのに対し、堀口恭司はスタンスが広く体勢が低いのがわかりますでしょうか。

これは伝統派空手でよく見る構え方です。

 

キックの試合をしているのにも関わらず、この構えは個人的には結構驚きでした。

ここまで形を変えずにやるからには、確固たる自信と戦い方が体に染み付いているのだろうと思います。

f:id:waga186:20210109013931p:plain

例えばこの写真ですが、何気なく蹴りを打つ準備状態ですが、この形が伝統派空手の蹴り方でよく見ます。

キックボクシングやムエタイの場合は、膝を上げてからの回し蹴りという蹴り方ではなく、直線的に蹴り上げていく蹴り方をします。

もちろんこの蹴り方は駄目とか良いとかじゃなくて、そういう特徴が有るというだけの事で、別に当たればどっちにしてもダメージを与えられます。

 

では総合といえば、ある意味何でもありがルール(金的、目潰しはNG)よく見るのが、寝技と関節技ですね。

総合の技は高校卒業後に、弟子入りした「神の子KID」事、山本KID徳郁の道場(KRAZY BEE)で学んだものでしょう。

当然KIDはもともとオリンピックを目指そうかという一流のレスリング選手だったわけで、その後に総合格闘家に転身しています。

寝技を神の子から教わり、幼い頃からやっていた空手の動きを上手くミックスさせてファイトスタイルを確立させていったのでしょう。

ちなみに寝技はもはや超一流の域だそうです。

f:id:waga186:20200111121530p:plain

試合を見ていると、体が強いんだなぁと思うことも多々あります。

そして何よりパンチの強さと攻撃を避けて攻撃に移すボディバランス、そして当て感の良さやカウンターのとり方なども、天才的だそうです。

那須川天心いわく「対応力が半端じゃない!」との評があります。

本当にバランスの取れた格闘家であることがわかりますね。

 

3.伝統派空手がベースの戦い方分析

では彼の戦い方が分かったので、ここから少し深堀りしていきます。

ポイントは「伝統派空手」です。

私は伝統派空手の経験者であり、キックボクシングの経験者であり、総合格闘技の練習にも参加していたので、その辺の経験を元に分析していきたいと思います。

伝統派空手出身のプロ格闘技の選手はあまり多くはありません。

フルコンタクト空手出身のプロ格闘技選手は割と多いですね。

 

では、堀口恭司の戦い方を少し深堀りしてみましょう。

よく見てみるとなかなか興味深い事がわかります。

 

3−1.戦いの距離について 

f:id:waga186:20210109030229p:plain

これは那須川天心との一戦を前に、インタビューに答えている場面です。

字幕を見ると相手の攻撃に対してどうするか?と問われて

「でも距離遠いっすからね 自分の方が」

と答えています。

 

今一度この写真を見てみてください。

f:id:waga186:20200308202239p:plain

格闘技は「互いの距離の取り合い」と言われます。

距離の取り合いをする上で、自分の距離を出たり入ったりするのが格闘技の基本です。

この「距離が遠い」という話は、要するに相手の攻撃を簡単には受けないぞという自信の表れでもあります。

このスタンスの違いは、野球のリードとほぼ同じで、移動距離&スピードを追求する上では広いほうが良いのです。 

 

ただし当然デメリットがあります。

足の幅が広いという事は、足技の対応が遅れるのです。

例えばこの状態からオーソドックス選手の前足(左足)に堀口がローキックを打とうとします。※天心はサウスポーなので足が逆

堀口は後ろ足をぐるりと回して来るので、動作がバレやすく当てにくいです。

一方相手は前足を上げてカットするだけなので、簡単に防げます。

 

逆に天心が堀口の左足にローキックを打つ場合、堀口は足が開いているので脚を上げるために一旦重心を上に上げてから攻撃を受ける必要があるので、ワンテンポ遅れます。

この状態からカット(防御)することが難しいのです。

f:id:waga186:20180428203338p:plain

では、実際に堀口はどうやったのかというと、簡単に言うと相手のキックをバックステップで避けます。要するにキックボクシングでは当たり前のカットをあまりしないのです。

なので、堀口は距離の取り合いをあくまで伝統派空手の距離の取り合いを応用して戦っていた訳ですね。

天心もかなり素早い選手なので、相当に追いかけますがなかなか追いつけないくらいのスピードで避けられてしまうのです。

 

3−2.攻撃の重さについて

伝統派空手は寸止めです。

ですが当たり前ですが、練習の一環である「組み手」の試合が寸止めなだけで、実際の戦いになれば当然思い切り打ち込みます。

当たり前ですが、思い切り打つ訓練をする訳ですね。

 

ここにも一つ空手の秘密が入っていました。

天心戦の前に空手道場で試合の仕上げをしていたそうです。

f:id:waga186:20210109030252p:plain

キックボクシングの試合の調整なのに、思いっきり伝統派の空手の練習です。

というか、天心との試合も思いっきりこの構えですね。

f:id:waga186:20210109030248p:plain

これは攻撃しながら寸止している堀口さんの図です。

この直前に伝統派空手の動きで高速で踏み込んできています。

これだけならばまぁ、普通の攻撃と言えます。

 

では下の写真を見てください。

f:id:waga186:20210109030239p:plain

この位置から、、。

f:id:waga186:20210109030234p:plain

一気に踏み込んで左のストレート体ごとぶつけに行っていますね。

これは伝統派空手のルールでは残心が取れないので、ポイントに成りません。

ですが、体ごとぶつかれば当然パンチにパワーが加わって強烈なパンチになります。

更に面白いのが、このときの堀口の前足が右足になっている点です。

 

堀口はオーソドックスなので、基本的には左足が前に有るのが普通です。

彼は逆の足を使っているのですね。

つまり野球で言うところのスイッチヒッターですね。

これは伝統派空手の選手は両方ともに使える人が多いです。

右でも左でも強いパンチを、打てるとなると相手は厄介です。

ボクシングは基本的に利き腕を警戒しますが、これだとどっちも警戒する必要が有るのですね。

 

3−3.攻撃のスピードについて

キックボクシングと空手をやっていると一番に違うのが間合いです。

空手はポイント制のため、一回当てれば試合が止まります。

一方でキックは基本一撃で倒せないので、連打する必要があります。

最初の一撃だけを見ると、伝統派空手の動きはかなり有力です。

 

瞬間移動でもしてんじゃないのかと思うほどです。

スピードだけ見れば、ザクに乗っている時にガンダムに出会ってしまった絶望感すら覚えます。

f:id:waga186:20170907031345j:plain

歴戦のMMAファイター達もこの空手をベースにした堀口のスピードはかなり厄介だと思います。

これは剣道の動きと似ていて、後ろ足を蹴り込んで飛び込むというよりは「膝を抜く」 と呼ばれる動きで一気に体重移動しているのです。

初見ではとても避けられるものではありません。

 

4.堀口恭司の特殊能力

堀口恭司のとても真似ができないなと思う能力がいくつかあります。

少し書いてみたいと思います。

 

4−1.回避・防御能力

くどいようで申し訳ないのですが、この写真を見てください。

f:id:waga186:20200308202239p:plain

キックボクシングの試合で信じられない点が1つあります。

二人のグローブの位置を見てください。

パンチを避ける反撃につなげるためにも、グローブは構えた時点で顔の近くに構えるのが普通です。

ところが堀口はそのまま伝統派空手の構えのままです。

パンチをすべて避けるなんで絶対にできません。

だからパンチをガードするために、防御しやすい位置特に顔や頭の周りにグローブが有るように構えるの普通です。

実際に天心とのキックの試合を見ると、ガードはあまりしてないです。

にもかかわらず、本当に避けてしまうのです。

f:id:waga186:20180428203314p:plain

これが非常に驚きました。

実際にヒヤヒヤするシーンも多々あるのですが、結局判定にまでもつれるほどにクリーンヒットをもらわない試合でした。

どれだけ動体視力が良くて、どれだけ回避能力が高くて、そしてそれを動かせるだけの体の構造なのか驚きを隠せませんね。 

 

4−2.技の引き出しの多さ

技の引き出しの多さは凄まじいと言われていますね。

f:id:waga186:20210109013923p:plain

これが大晦日で話題になった「カーフキック」確かにここ数年割と話題になっていた技ですね。ツイッターでたまに見かけていましたが、一気に有名になりました。

これで主導権を握るというのは、別に作戦でもなんでもなくてタックル警戒の朝倉海に対してこのキックで効果を感じたので、そのまま使い続けたということですね。

これが駄目ならこうしよう、こうされたら、こんな状況になってしまったら、、などの状況や場面に応じた使い分けができる対応力が凄まじいということですね。

 

4−3.超精神力と規格外の良い人

格闘技に限りませんが、どれだけストイックにやれるかというのは、その人のキャラクターによるのでしょう。

以前テレビで見ました。

f:id:waga186:20210109013936p:plain

これだけのスーパースターならばモテモテでしょう!とインタビューされたときの回答が印象的でした。

「遊びたいと思うけど、それをやったら駄目なんです!だからやらないんです!」

自分の立場、そして上を目指すストイックな態度が現れていました。

だから特に遊ぶこともなく、たまに釣りに出かけるくらいだそうです。

強いやつは何やっても強い!と言う人もいるでしょう。

でも、彼はまだまだ格闘技の求道者なんですね。

このだから格闘技にのみ集中して結果を出しているのでしょう。

f:id:waga186:20191231233012p:plain

そして人柄が素晴らしいそうですね。

ちなみに私の通っているジムのインストラクターが、元KRAZY BEEに所属していて、その時に堀口もいたそうです。

当時から人柄がよくめちゃくちゃいい人だったそうです。

だからトレーナーや周りも率先して、面倒を見たり練習に付き合ったりしたらしいです。これも一つの才能でしょうね。

 

5.堀口恭司攻略法!

さて、ここまで分析できれば、あとは一つ一つ対策を立てればきっと彼の攻略方法もわかるものです。 

といって、攻略方法は人それぞれです。

f:id:waga186:20191231233049p:plain

もし私が「総合」で彼とやった場合を想定し、

 

彼の強さを100として

私が101以上の数値を出せれば勝てるわけです!

 

では、101以上の数値を出せるように対策してみたいと思います。

 

堀口 100 ー 0 カラウサ

 

ここからスタート

 

①伝統派空手初段

 プラス20

私も伝統派空手の初段です。

伝統派空手の動きには、他の人よりかは少しなれています。

つまり堀口封じは、伝統派空手の経験ですね!

f:id:waga186:20190715110036p:plain

 

②キックボクシング歴 4年

 プラス15

打撃という意味では、キック歴は役に立ちます。

伝統派空手を全面に押し出してくるのであれば、こちらはハイブリットで対応します。

f:id:waga186:20200412141316p:plain

③総合格闘技経験

 プラス5

オープンフィンガーでの寝技のスパーリングで舌を噛んで血まみれになった記憶も今となっては良い思い出です。

f:id:waga186:20170909134740p:plain

これら格闘技経験を踏まえるとどうなるでしょうか?

堀口 100 ー 40 カラウサ

 

流石に全然足りませんね、、、。

さらなる対策が必要ですね。

 

④5cmに及ぶ身長差

 プラス5

堀口選手の身長は165cmだそうです。

私が170cm(自称)なので、その差5cmはアドバンテージですな。

f:id:waga186:20180814011921p:plain

 

⑤20キロ以上有る体重差

プラス25

 堀口選手の体重が58kgに対し、私は72kg

これは圧倒的ですな!圧倒的有利です!

f:id:waga186:20170201231745p:plain

 

体格差を加えるとこうなりますね。

堀口 100 ー 70 カラウサ

体重差で大分カバーすることができましたね。

ただ、流石にこれ以上は対策が出てこないので、此処から先は彼のプロフィールを元に分析・対策していきましょう!

 

⑥充実のコーチ陣

プラス5

マイク・ブラウンという超一流のコーチがついていることは有名ですが、こちらは格闘技と釣り関連を中心に3000人のフォロワーさんがいらっしゃる訳です!

格闘技の事はもちろん、釣りについても色々と教えてくれたり、ヒントをくれたりします!

この時期はこのルアーが釣れるとか、マイク何とかさんは教えてくれますか?

f:id:waga186:20180204132224p:plain

 

⑦圧倒的なメンタル!

プラス5

ジャパニーズサラリーマンをなめてもらったら困ります。

すみません!申し訳ございません!と言った数など数え切れず!

上司やお客さんヨイショさせたら相当なもんです!

鋼のメンタルを持っていないとやってられない訳ですよ!

f:id:waga186:20191231233003p:plain

 

⑧釣り勝負!

プラス5

いや、堀口さんも釣りが趣味とのことですが、淡水のブラックバスとかがメインだそうです。アメリカのバカでかいバスを釣るのもいいですが、私は今年の冬にタチウオ釣りましたからね!

タチウオって釣れるんですね、、、。

f:id:waga186:20210109050637p:plain

 

⑨漫画のはやよみ

プラス5

そもそも日本に住んでますからね。いくらインターネットが世界を近くにしたとはいえ、最新の漫画を読むのは大変でしょうね。

鬼滅の刃とか速攻読みましたよ。

このスピード感はアメリカ在住では難しいのでは?

f:id:waga186:20200516023558p:plain

 

⑩学校

プラス5

作新学院出身ということですが、私は作新学院の大スター 江川卓の試合を生で見たことありますからね!

 

とりあえず10項目対策すると、

堀口 100 ー 95 カラウサ

もう一息ですね!

 

⑪家族と住宅ローン

プラス100

私には守るべき家族がいます!

住宅ローンもまだ25年残っています!!

f:id:waga186:20200111121514p:plain

堀口 100 ー 195 カラウサ

 

ほら、対策したら圧勝でしょ!!

誰も「総合格闘技」でとは言っていない!

総合で戦ったらとしか言ってない!

 

6.終わりに

ここまで読んで頂いた方、申し訳ありません。

 

途中まで真面目に書いてたら力尽きました。

というか、素人がわかるはずないでしょ!!

f:id:waga186:20200102094341p:plain

本記事におけるご意見、苦情、感想など一切お断りいたします。

すべて自己責任でお読みください!

 

あしからずご了承ください。

( ゚д゚)ハッ!

f:id:waga186:20210109013923p:plain

カーフキック???ナニソレ?