40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【格闘技術】ストレートの打ち方・コツ・ポイント① 初心者向け・空手・キックボクシング

右の必殺ブロー!パンチといえば王道ストレートの打ち方です。

一般的にパンチといえば、やはりこのストレートが大事ですね。一般的な技ゆえにこれまた奥が深いのですね。力任せではないパンチの技術はボクシングやキックボクシング、または空手の突きとしても重要ですね。

 

f:id:waga186:20171111163420p:plain

さて、ざっとストレートの打ち方で気にすべき点を書き出すと色々とありますね。高等テクニックは書けないので、多分基本的な部分だけでもこれだけの量になります。

f:id:waga186:20171111163435p:plain

では、またポイントを抜き出して考えてみたいと思います。

1.ストレート時のガード

別にストレートに限った話ではありませんが、パンチ・キックを出した場合には必ずガードが必要ですね。ストレートもこれは絶対です。ガードが出来てないパンチはいくら強いパンチ言えども、かわされて逆襲を受けた時にジリ貧になります。必ずガードはお忘れなく。

2.右肩・左肩の使い方

ストレートを打った際の肩の使い方です。まず基本中の基本の右肩を頬につけるぐらいで、前に出します。これによって攻撃が伸びているのと同時に、なんとガードまでできてしまうという優れた効果があります。一方で左肩は後ろに引く(実際には同じ位置)ぐらいな気持ちで後ろ方向に回して上げると回転スピードが上がり、パンチ力と攻撃スピードが上がります。ちなみにジャブストレートのワンツーのコンビネーションが基本のコンビネーションですが、この時もジャブで左肩を出して、ストレートで右肩を出すこれを前に出すと後ろに引くのが決まると打ちやすくなりますよ。

3.腰の回転

肩ほどにはわからないのですが、腰も重要ですね。腰が回らないパンチ・キックは基本的に威力が弱いです。例えば、腰の入らないゴルフスイングや野球のバッティングは全然距離が出ない、力強さがないという事になりますが、それと同様です。

パンチもキックも本当は、下半身から上半身に向けて動いていくのが正しいそうですよ。

踏み込み ⇒ 足の回転 ⇒ 腰の回転 ⇒ 肩の回転 ⇒ パンチ

 とにかくしっかりと腰を回転させる(右手のパンチなら右の腰を回す)事を意識してください。

 4.右足のかかとの使い方

 実は3の腰を意識しにくい人は、このかかとの使い方をやってみてください。

かかとを上げてつま先側(本当のつま先ではない)を中心にくるりと回してあげます。この人回転で、踵を上げると体重の重心が前にかかります。そして腰が回転します。人間の体の回転上絶対にそうなります。右足をクルリと回すと同時ぐらいにパンチを出してください。同じストレートでも、右足のクルリを入れたパンチと入れないパンチでは、ダメージが1対7ぐらい違います。スピードも全然違います。

 5.左足の踏み込み

基本的にパンチを出すときは踏み込みます。ワンツーとかジャブの時点で踏み込んでいる時でも、踏み込むわけじゃないのですが左足を踏ん張って体重をかけるわけですね。その時に体と重さを支えるのがこの左足の役目です。空手の踏み込みも同様ですね。相手との距離にもよりますが、踏み込む位置(丁度良い距離)、足の向き(相手につま先を向ける)を気にしながら踏み込みましょう。ちなみに足の向きはやや内側の人も結構います。人によって違いますが、ボクサー出身のトレーナーは割と内側に向けてと言う人が多いです。ご参考まで

 

ということで、今回はストレートの打ち方の基本と意識すべきポイントを書いてみました。

でも例によってこれは単純には当たりません。威力があるパンチだけに、是非とも効果的に使いたいですね。ジャブに比べてなかなか当たらないですが、当てた時のチャンスっぷりというか、当ててやったぜ感は凄いです。一気に逆転できる可能性を秘めたパンチですよ。是非ともモノにしたいですね!!

あとパンチを当てるときに伸ばしすぎると肘を痛めるので、少しだけ曲げてるふうでちょうどいいです。

 

 

www.karatekagolf.com