カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等の未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【格闘技術】右ミドルキック(中段蹴り)の打ち方・コツ・ポイント 初心者向け!

さて格闘技術のご紹介、今回は右のミドルキック(空手なら中段蹴り)についてです。やはりキックボクシングや空手をやっているからには、蹴り技は是非とも覚えたいところですね。

初心者の方向け空手・キックボクシングの技をご紹介したいと思います。

初めは皆さんそうなんですが、足が上がらないとか、上手く蹴れないという方もいると思います。

でも、間違いなく訓練すれば誰でも打てるようになります。

何故なら私でも打てた訳ですから。汗

 

1.ミドルキック(中段蹴り)とは

ということで、蹴り技の基本であるミドルキックについて今回は書きたいと思います。

では簡単ながらキックボクシングの右ミドルキックのコツ・ポイントを書いてみたいと思います。

ちなみに伝統派の中段蹴りとキックボクシングのミドルキックはちょっと違います。

なおフルコンの中段蹴りはキックボクシングと同じような気がします。

f:id:waga186:20180114173522p:plain

ミドルキックとは相手のお腹に蹴りを入れる技です。

パンチよりも蹴りの方が威力があるので、マトモにもらうと悶絶必至の打撃になります。

それ一撃ダウンしてしまうかもしれません。

それぐらい強烈です。

キックボクシングにおいての蹴り技は基本全てですが、当然このミドルキックもダメージを与える打ち方をしますので、やはり体重を乗せます。

体重が乗った相手のキックはかなり嫌なものです。

逆に自分が体重を乗ったミドルキックを使えたら相手は相当嫌だと思います。

そういった意味でも是非習得したいですね。

f:id:waga186:20180114173537p:plain

蹴りを鍛えるにはやはりサンドバッグが最適だと思います。

最初のうちは足が痛くなるとかありえますが、慣れてきます。

そして単に当てるのではなく、如何にして効かせる蹴りを打てるのか?というのをここで研究することができます。

上級者になるとサンドバッグが跳ね上がります。

重たいサンドバッグを跳ね上げるミドルキックは、要するに体重が乗っているという証拠でもあります。

いくら素早くキレの良いミドルキックを打ち込んでもサンドバッグは跳ね上がりません。

ちなみに同じミドルキックとはいえ、蹴りがあまり上手ではない私ですら蹴り方を少し変える事で数パターン蹴りのバリエーションを持ってます。

例えば横から打ち込む打ち方(空手の回し蹴り的)や斜め上に直線的に蹴る打ち方があるのです。

相手の構えやタイミングによっては、蹴り方を少し変えて試合を優位に進める事も可能なのです。

この辺りがたまらないですよね。

f:id:waga186:20181224225817p:plain

 

2.ミドルキック(中段蹴り)蹴り方の分解図

では、早速蹴り方を分解してみます。

下のイラストを見てください。尚、番号と説明は合わせてます。

f:id:waga186:20180217012549p:plain

この絵を見てください。

 

①アウトステップ(軸足を置く)

蹴りの挙動の第一の動きですが、軸足を外側に置くアウトステップと呼ばれる足の動きをします。

この挙動は非常に大事で、大きく踏み込むとこの時点で相手にバレます。

「如何に小さくステップして軸足を置くか」から蹴りの駆け引きは始まっているのです。

ポイントは、相手のやや左側(正面ではない)に足を開き気味に置くことです。

これによって蹴りの動作がスムーズになります。

当然スピードもアップしますしね。

②右手の振りあげ

右手の振りあげは威力を上げるために必要な動作です。

ちなみに試合ではこの動きを利用してガードの効果も期待できます。

伝統派空手は瞬発力勝負なのでこの動作はあまり無いです。

私はもはや癖で出てしまいますが、相手への目隠し効果があったりするので、振りあげではなく、右のストレートをわざと外し(相手は避けたと錯覚させる)この動作の代わりにするなんて事も可能です。

③右足の振り上げ

右足をいよいよ蹴りの動作に入ってきます。

軸足に体重を移したら右足を抱え込むようにあげます。

空手の蹴りはこの抱え込みが重要ですが、キックの場合は抱え込むよりかはそのまま勢いで体重を載せたいのであまり抱え込みに拘っていると威力が落ちてしまいます。

イメージとしては膝を上げて、膝から相手のお腹に当てていく感じですね。

足の甲で当てるというよりかは膝から打ち込んでいくイメージの方がより体重を載せれると思います。

④軸足の回転

軸足の動きは非常に重要です。

軸足は少し開き気味にアウトステップしたあとは、このケリの動作の動きに合わせてつま先側(足の付け根?)を中心にカカトを相手に向けるぐらいまで回します。

この動きがないと強いケリは出せませんし、足も上げにくいです。

インパクトの瞬間には完全に回し切れるぐらいまで回転させましょう。

⑤右手の振り下げ

②であげた右腕は、蹴りの動作が始まるタイミングで振り下ろします。

この振り下ろす動きで上半身は左方向にスピードをつけて回し、右手は右方向に振り切ります。

蹴り足自体は腰を開きつつも体の回転に合わせて(少し遅れるイメージ)蹴り込みます。

また試合やスパーリングではこの振り切りをそこまで振り切らずに相手に攻め込ませない為のガードの代わりに使う事も可能です。

キックボクシングの試合では結構ガードがガラ空きにならないようにする動作が重要ですね。

ですが体の回転は落とさないようにしないと威力も落ちてしまうので、ご注意を!

⑥右足の振り切り

さてフィニッシュに向かっていきます。

よく言うのが相手に当てて終わりじゃなくて、相手を押し込むように振り切ります。

イメージ的には当て込んだ足の更に人一人分ぐらい奥に当て込むぐらいのイメージで打つとより一層威力が上がります。

ですが、この当たったまんまにすると相手に足を取られてしまうので、すぐに足を引いて(引き足を取る)最初の状態に戻します。

相手にキャッチされてしまうと、大ピンチに陥るので引き足は重要です。

また空ぶってしまったらとにかくガードを意識しながら構えに戻ります。

空振りするぐらいならガードの上からでも打ち込んで戻ったほうがよいです。

また基本的には打ち終わったら、すぐ下に足を落とすのではなく、打ったまんまの軌道を戻るイメージで最初の構えに戻ってください。

相手の攻撃に備えつつも次の攻撃に移りやすくなります。

 

3.ミドルキック(中段蹴り)インパクトの瞬間のイメージ

ここからはインパクトの瞬間に意識すべきところですね。

f:id:waga186:20180217012601p:plain

上記のイラストを見てください。

インパクトの瞬間のイメージですが、ここでのポイントをいくつか書いてみます。

軸足は回転させて踵を相手に向けるぐらいまで回します。

目線は相手から外さないようにします。

体は回転してますが頭は上下も左右もぶらさないようにしておく事がポイントです。

右手の振り下げで威力を上げます。インパクトの瞬間では振り下ろし切った状態です。

わかりにくいですが、おへその向きです。このヘソの向きは即ち体が向いている方向です。頭は正面を向いてますが、ヘソを中心とした体はかなり回転しています。

インパクトの瞬間は当て込むイメージ、押し込むイメージでケリを打ちます。サンドバッグがバチーンと派手な音が出るのは、表面しか蹴ってない可能性もあります。

また蹴る時の足は脛の内側の骨を当てるようなイメージで打ちましょう!

ここの骨は頑丈なので、カットされてもダメージが少ないのと威力が強いです!

意外と体重が乗る音は地味だったりします。

ここからすぐに引き足を取る準備をします。

 

さて下の絵は、蹴っている時の自分の目線です。大体①~④まで1秒ぐらいです。というか真剣に打つと1秒ないと思います。多分1秒掛かると相手に読まれてカットされるか避けらてしまう可能性が高まります。

f:id:waga186:20180217012612p:plain

①ステップ1

まずはアウトステップします。左足はサンドバッグの左側ぐらいに足を置くといい感じです。

またその瞬間に体重を7割くらいかけます。

そして同時に右手振り上げます。

自分の口と鼻を右腕で顔を隠すぐらいのイメージですね。

※赤い矢印はへその向きです。この時点では正面を向いてます。

②ステップ2

右手の振り下げが始まると同時に足(というか膝)を振り上げ始めます。

脚を上げるというよりかはヒザを上げてヒザを相手に打ち込むイメージを持つとケリが少し楽になる気がします。

③ステップ3

右手を振り切ります。

この時点ではへその位置はかなり左方向に向いており、ヒザを相手のお腹めがけて打ち込む直前です。

当然ながら脛も当て込む直前になります。

最後当てる直前にスピードと回転を最大にします。

まぁ、そうは言っても感覚的なものですが、ここの最後のスピードアップが威力を左右します。後キレも増します。

④ステップ4

いよいよキックを当てます。

体は回転を最大限回します。

当然軸足のカカトは相手を向いてます。

右手は完全に振り下ろし切っています。

さて一番のポイントです。

ヒザを突き刺すように、ほぼ同タイミングで脛(内側の大きな骨)を打ち込みます。

イメージ的には、膝⇒脛の順番に当ててるイメージです。

そして押し込みます。

更に押し込んだ勢いで脚を戻します。

相手を押しながら自分の右足を元の位置に戻します。

「遠足は家に帰るまでが遠足」と同じで、蹴り出した右足は、元の位置に戻るまでが蹴りです。

蹴りっぱなしや蹴ったあとに捕まってしまっては何の意味もありません。

この蹴り終わりに、相手を押しながら戻る動きは、体重を乗せる意味でも元に戻る意味でも重要なので是非実践しましょう!

f:id:waga186:20181216231427p:plain

ちなみに蹴りは真横から打っているイメージがあるかもしれませんが、斜めしたから蹴り上げるように打つイメージでもOKです。

これはこれで避けにくいものです。

尚ケリを当てる部分は足の甲で打つイメージがあるかもしれませんが、実はキックの場合は脛です。

足の甲で打つと変なところに当たると怪我をします。

特に蹴りが強いと、相手の膝や肘に当たるとよりひどいケガになるので、距離感をしっかり掴みましょう。

※ちなみに伝統派空手の組手で上段蹴り等は甲で当てます。

 

4.ミドルキック(中段蹴り)最後に 

ミドルキックの打ち方ですが、如何だったでしょうか。

単純に蹴りといっても実は細かい動きがいくつかあるので、慣れが必要ですね。

ミドルキックだけで言うと柔軟性はそこまで必要ではありません。

私でも割と初期の頃から打てました。

ただし正しい蹴り方とか連続蹴りとかは訓練が必要ですね。

空手にしろキックボクシングにしろ蹴り技がある競技なので、やはり蹴り技を習得すると実に楽しいですね。

そして蹴り技は中々当たらないというのが実際のところです。

すぐにガードされてしまったりよけられてしまったりします。

スキが大きくなってしまったり、打ち終わりを狙われたりもします。

怪我のリスクもあるのでしっかりとした技術を身につけたいものです。

ちなみにキックのスパーリングで、いきなり空手の足を抱え込んでの回し蹴りにすると相手のタイミングをずらし更に、打ち出しの場所を変化させる事ができるので結構当たります。

キック系の練習はとにかく、遊んでるくらいの練習でやるといい感じだとのことです。気合を入れて蹴り込むことも重要ですが、軽めで蹴り技を鍛えるのも意外と上達が速かったりするらしいですよ!!

少し慣れてきたら、踏み込んでのキックが打てるようになると更に楽しくなりますよ!

自分なりのミドルキックを見つけて試してみるのも楽しいものです!

是非皆さん自分なりのキックを見つけてください!

 

この記事は、2018年2月の記事ですが、2019年1月に再投稿しております。

www.karatekagolf.com

www.karatekagolf.com

www.karatekagolf.com