カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等全くの未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【キックの大会】キックボクシングの試合に出場してみた⑥ 5日前 対戦相手決定!当日の格好は?最後の1週間!

さていよいよ試合前1週間を切りました。

ここまでくるともう練習もそれほど強めには行わないようです。

例えばここで怪我をしたり疲労をためる訳にはいかないのですね。

とはいえ、何もしないのも不安なのでジムには相変わらず行き、軽めの練習をしたりトレーナーに話を聞いたりします。

f:id:waga186:20170930135807p:plain

1.対戦相手決定!!

さて、当時の私のツイッターを見るとこんな書き込みがありました。

-------------------------

いよいよ週末の組み合わせが発表されていた。

相手の名前が強そうな名前で少しビビります。笑

まぁ、でも六三四の剣の

「藤堂修羅」

 とかドラえもんの

「剛田武」

 とか出てこられるよりはましか、、。

名前でもビビれるこの心理状態!!

我ながら情けない!

 ---------------------------

上記はツイッターの記述ですが、こういっては何ですが、結構ビビってました。

相手の名前が、やや強そうな名前だったのです。

 

当時の私の心境はこうです。

もしも相手の名前が・・・・・。

①村田剛だったら・・・

「オイオイ、あのミドル級のチャンピオンの村田&ジャイアンが合わさってるとかってどんだけつええんだよ!!」と思ったでしょう。 

②鬼塚一郎だったら・・・

「鬼とかマジやめて!しかもイチローとか手がつけられねーよ!」と思ったでしょう。

③伊集院清一だったら・・・

「伊集院の時点で格が上な気がする。清一とか名前と裏腹にえげつないやつかも!?」と思ったでしょう。

④浜田祐也だったら・・・

「浜田っていう名前は、基本凶暴だろう。しかも祐也とか割と若い世代の名前だし、体力もあるんだろうなぁ、、。」と思ったでしょう。

⑤佐藤健一だったら・・・

「佐藤とか、健一とか割とありふれた名前の中の格闘エリートだったらどうしよう。しかも佐藤健と名前が近いし。るろうに剣心とか超早く動いてたし、、。やべえやつな気がする!!」と思ったことでしょう。

 

お分かりいただけただろうか?

つまり、どんな名前でもビビるのです。そんな心理状況なんです。

これがアマチュアでもトップ選手になると、ユーチューブとかにも出てくるので、それを見て研究したりできるらしいです。

当然私たち初心者は、そんな情報もある訳もなく、勝手に相手を想像する程度しかできません。

希に知り合いがその選手を知っている!とかなったら情報を聞いてみるのもいいかもしれませんが、ここで化物みたいなやつと聞かされたら、やる気を失う危険性もあるので、私は「知らぬが仏」を信じて情報を得ようとしませんでした。

 

2.体重の調整

1週間前というのは、気にしていたのはやはり体重ですね。

体重は超過するわけにはいかないので、この1週間は非常に重要です。

飲み会は全て断りましたし、夜ご飯も制限していました。

基本的には、朝昼はまぁ、普通に食べて、夕飯は基本食べないか、サラダチキンを主食として炭水化物はあまり取らない感じでした。

f:id:waga186:20181211010644j:plain

この時点で1kgオーバーぐらいだったので、軽く運動したり食べるのを抑えると制限体重の67.4kg以下に落とせます。

私の場合は、そもそもそんなに減量の必要はなかったのですが、それでもやはり気になりました。

最終的には当日の朝計ったら、66kgくらいになっていたので、意外と調整は難しいものだと思いました。

なのでこの時期は暇さえあれば体重計に乗っていたように思います。

体重計が狂ってるんじゃないのか?と疑心暗鬼にも陥りました。笑

人間何もしなくても300gくらい落ちていたり、寝て起きただけで500g落ちてたりします。

試合前日はとにかく67kgを超えないように、ちょっとずつご飯を食べてました。

あんまり落としすぎると、それはそれでパンチが軽くなるのも困りますしね。

プロとかの壮絶な減量という訳ではないですが、結構このあたりは気になりますね。

でも最後はきっちり体重が落ちていたのでOKでした!!

 

3.試合当日の格好について

さて、試合当日の格好はずっと前から上半身裸でやろうと決めていました。

その為に、ムダ毛処理をしようと40超えて初めて除毛クリームなるものを買ってみたりもしました。

ところが、実際のキックパンツを履いて、練習している時に誰もいなくなったので、上半身着ていたTシャツを脱いで自分の姿を見て衝撃を受けました。

f:id:waga186:20180929101243j:plain

自分の姿を鏡越しに見て、こう思いました。

「なんか、、弱そうだ、、、。」

理由はいろいろなんですが、イマイチ絞りきれていない体。

色白なのに黒いキックパンツが更に微妙な感じを強調します。

f:id:waga186:20180315163509j:plain

と考えると、これは裸には到底なれないぞと思います。

もし私が裸で出てしまうと、相手は「あれ!?弱そうだ!!」と勢いづくに違いありません。

せめて日焼けしてもう少し迫力のある体であったならば、裸で出るという選択肢もありましたが、もう諦めました。

 

ということで、やはり服を選ぶことにしました。

キックパンツは、この写真の黒いものと決めてあります。

後は上に着るTシャツですね。

f:id:waga186:20181211010714j:plain

候補はこの4枚ですね。

①黒地に黄色い部分のあるタンクトップ

  工事現場と一緒で危険をアピール!

②灰色にオレンジ線が入ったタンクトップ

  ジャイアンツ愛を表現!

③黒いシンプルなタンクトップ

  シンプルイズベスト!

④練習でも使う赤っぽいTシャツ!

  興奮色なので、気分は戦闘モードに!でも相手も、、。

 

というラインナップです。

ツイッターでどれがいいか、フォロワーさんに聞いてみたところ、①or④というのが結構いいのではないかという話になりました。

私もやはり①か④にしたいと思いました。

重さもだいたい一緒だったのでどちらでも良かったのですが、やはりタンクトップで肩周りが動かしやすいということで、今回は①のタンクトップを選びました。

黄色と黒の組み合わせは、危険を知らせる色ですので、相手に驚異を与えるはずです!

我ながらナイスチョイスだと思います。

 

ちなみにアンクルガードも同じ色です。

f:id:waga186:20181211010611j:plain

私は汗っかきなので、アンクルガードは必須だと普段から思っております。

 

4.試合前最後のスパーリング!

試合の週(土曜日に試合)の月曜日はマススパーをやってこれを最後のスパーリングと思っておりました。

練習仲間の上級者も練習相手になってくれて、初心者想定のスパーリングをやってもらいました。

f:id:waga186:20180128114432p:plain

もう試合最後だからということで、10ラウンドくらいをこなしたのですが、途中からライトスパー位の強さになり、いつの間にかガチスパーに近い感じのスパーになりました。

居合わせた上級者も一緒に相手をしてくれて、ひたすらスパーリングを繰り返しました。

特に接近戦になった場合や、相手の意表を突いたりといろんな想定の動きを交えてスパーリングをしてもらいました。

最後はもうボロボロで倒れこむくらいまでやりました。

相手も結構容赦なく攻撃を仕掛けてきます。

試合前だからということで、優先的にスパーリングをしてもらう事が出来ました。

これはこれで感謝ですね!!

 

そしてこの人たち(上級者)に相手をしてもらった訳ですから、

実に自信になります!

と、言いたいところだったのですが、彼らが手加減してくれるのは肌で感じます。

これが本気で来られたら30秒持たないでしょうね。

そういう意味で、私は試合前の最後のスパーリングで、最も大切な

「ファイティングスピリットやハート」

を削り取られた気がしました、、。涙

 

【参考図 上級者と私

f:id:waga186:20170909134755p:plain

【参考図 上記の状態を犬の世界に例えると、、、。

f:id:waga186:20170912012913p:plain

まぁ、こんなことをして過ごした試合前5日間。

自分としてはやれることはやったつもりではありました。

 

5.試合直前揺れる想い

でも試合前日の私のツイートは、後悔でいっぱいです。

以下私のツイート

-------------------------

日が変わって明日キックの試合

今さら後悔

試合を申し込んだ事ではなくて

もっと追い込めた

限界まで練習しなかった

減量が楽な階級にした

柔軟をもっとやれた

スパーをもっとやれた

走り込みが足りない

息上げをしなかった

仕事のせいにした

後悔ばかり

でもやらなきゃ!!

----------------------

試合前日は本当に後悔ばかりでした。

あと1ヶ月欲しいと本気で思ったりもしました。

でも、おそらく1ヶ月後はまたきっといろんな課題があって、もう1ヶ月欲しいとか思うのだと思います。

勝っても何がもらえるわけじゃないし、土曜日を潰してお金を払って、一体何のために殴れに行かなきゃいけないのか、そんな事を考えてしまったりもしました。

 

だけども、試合に出る事は自分が望んだこと。

きっとこの試合の経験を経て自分が一つレベルが上がるのだ!

そしていつかはきっとやらなきゃいけない道なんだ!と自分に言い聞かせます。

 

結局はトレーナーに言われた言葉

「でっかいスポンジ(16オンスグローブ)をつけて、ヘッドギアつけて、止めてくれる審判もいる。何も怖い事なんてないじゃない!」

という言葉に勇気づけられます。

明日!全力で戦うぞ!!という決意を新たにするのです!

 

素人の試合ですらこんな状況なんですから、プロなんて言ったら一体どんなプレッシャーなんだろうか?想像もつきませんね。

f:id:waga186:20181211010902j:plain

ちなみに前日、下の娘と一緒に猫カフェに初めて行きまして、そこにいたのがこの三毛猫!!なんとオスなんです!

三毛猫のオスは相当珍しいはずなんです。こんな事もあり、神頼みならぬ猫頼みもして試合に臨みます!!やれる事は全てやったという事にします!!

 

ひと晩寝れたらいよいよ試合当日です。

私はこの日は10時には布団に入り寝ることにしました。

が、何故か全く眠れず結局12時過ぎまで悶々として過ごすことになりました。苦笑

まだまだ人間できておりません!

www.karatekagolf.com

 

www.karatekagolf.com