カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等の未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

格闘技を学んた事でトラブルを回避した話!全て実話!!

空手やキックボクシングといった格闘術に触れた事で、実際に危機を回避したというお話です。

全て私の実体験に基く実話です。

さて、あなたは信じられますか?

 

 

1.新宿駅で英国紳士危機一髪!

仕事で新宿駅を使うのですが、そこに英国風紳士風な老夫婦が歩いておりました。

少しだけある階段のところで私は彼らとすれ違うところでした。

恐らく旅行者なのでしょうか。大きな荷物を抱えていました。

ヨタヨタと歩きながら、危ない!と思った瞬間。

その男性は階段を踏み外し、バランスを崩したまま勢いよく前に踏み出したのです。

f:id:waga186:20180428203322p:plain

私は空手の踏み込みの要領で、素早く英国紳士の倒れる直前に彼の目の前に立ち、抱える態勢を整えました。 

男性は何とか自分でバランスを整え、私の直前で何とか立ち止まることができたのです。

それも私が受け止める態勢を整えた事で、落ち着いた結果でしょう!

紳士も奥さんも私に「サンキュー」と恐縮しきりでした。

私も「Have a nice day!」と爽やかに答えたのです。

これぞジャパニーズ サラリーマン!と国際的にアピールできたと思います。

空手のおかげですね。

 

いや、なんもしてなくね?と思う人もいるでしょう。

違うのです!その心意気こそ大事なのです!

 

2.煽る車に天罰を!!

煽り運転

今は話題ですよね。怖いですよね。

車は凶器です。それを使って人を脅すなどとても許せるものではありません。

ある日、私は片側1車線の国道を車で走っていました。

時間帯は夜の9時ころだったでしょうか。

ふと、後ろの車が妙に近いなと感じました。

f:id:waga186:20170706034540j:plain

とはいえ、実は私の前にも車がいて、抜ける状況ではありません。

というか、その前にも車がいて、仮に抜いたとしても直ぐに車列に捕まるでしょう。

要するに渋滞ではないけども、抜けて走りされる程の状況でもないのです。

 

ところが私のすぐ後ろを走る車はまさにぴったりと私の車についてきます。

「おいおい、ここで煽るのかよ?」

バックミラー越しに見ると、40代くらいの男性でした。

 

私は取り敢えず仕方ないので、しばらく無視して走っていました。

ところが恐ろしく近い距離、完全なあおり運転です。

以前の私なら、ここでイラっとしてブレーキを踏んだりワザとスピードを落としたりしたかもしれません。

ですが、格闘技を学んだ私には余裕があります。

「止まったら降りて行ってやろうか?」

と心の中で考えるとちょっとワクワクしてきますね。

f:id:waga186:20200102094338p:plain

車の中だけ番長がいかほどのものなのか、試してみたくもなります。

そんな事を想像しながら、車を走らせると少し気分も紛れるのです。

そうこうしているうちに、その車が強引に抜いて行きました。

当然、その前の車にも捕まります。

さらにその車もまた強引に抜いて行きました。

 

それを見るとちょっと冷めた目で見てしまう訳です。

というか、当たり前ですが世の中良い人ばかりではありません。

すごい危険な人もいる訳です。

そのうち彼にはきっと天罰が下るでしょう。

 この話はおしまい!


あれ?何も無いの!?と思った人!

それは浅はかです!!

 

こうして冷静に見れるのは格闘技を学んだからです!

この余裕!!これこそが格闘技の効果ではないでしょうか!

 

3.怒りのカーチェイス

田舎道を車で走っていた時のことです。

前方に地元の不動産業者の社用車が走っていました。

田舎道なので片側1車線の黄色いセンターラインです。

田舎道とは言え、時速は20km位のスピード。

その尋常じゃない遅さに、驚きを隠せませんでした。

f:id:waga186:20170706031537j:plain

なんだろうか?と不思議に思い前方の車を見ると、、。

何と社用車にも関わらず、若い男女二人(20くらい)が笑いながら走っているではありませんか!?

挙句、何か助手席の女が男に何かを食べさせているではありませんか!?

「え?なにこれ?」

時速20kmで目の前を走られる苦痛わかりますか?

しかも、乳繰り合ってる訳ですよ!!

フザケンナ!ガキどもが!!

と思ったのです。

 

以前の私ならば、社会の厳しさを教えてやらねば!!

ましてや凶器にもなる車の運転なめんじゃねえ!!と

怒り心頭だったかもしれません。

パッシングするか、黄色いセンターラインを強引に抜こうとするかもしれません。

f:id:waga186:20191231233024p:plain

だが、そこは格闘技を学んだ身。

私はこんな状況にも関わらず、割と冷静です。

あーあー、こんな田舎でこんな運転してたら噂になるんじゃね?

馬鹿だなぁ。位です。

まぁ、でも20歳くらいじゃあ、世間知らずも仕方ないか。

と、大人の余裕を見せつけるわけです。

私は後ろから彼らの醜態を、生暖かい目で見ながら数分間付き合いましたよ。

 

やはりこうして余裕が持てるのは、格闘技を学んだおかげですね。

危うく煽り倒して逮捕されるなんて愚行を起こす人もいますからね!?

 

4.歌舞伎町のご乱心!?

最近はニュースでスカウト狩りなんて物騒なニュースも聞こえてきますが、やはり日本有数の大歓楽街!!

新宿歌舞伎町!


薄っぺらのボストンバックを持った若者たちは、北へ北へ向かってたどり着いた花の都大東京はここ、歌舞伎町のことで間違いありません。

 

私も職場が新宿になってから、歌舞伎町は身近な場所になりました。

f:id:waga186:20201031103045j:plain

シティーハンターがこの街のどこかに居るわけですから。

それは楽しいですよね。

ある日のこと、仕事が終わらず深夜の1時過ぎやむを得ず歌舞伎町のカプセルホテルでひと晩過ごそうと歌舞伎町の街を歩いていたところです。

 

さすがは歌舞伎町こんな時間にも関わらず、外国人も多く、若者も多い、そんな中私は深夜にやっているラーメン屋に入りました。

完全に酔っ払いの巣窟で、マトモに食事をする雰囲気ではありません。

自分で言うのもなんですが、隣で呂律の回らない集団がいる中ラーメンを食べるのはなかなか至難の業です。

 

とやっていると、ふと目の前に綺麗な女性が二人入ってきました。

どう考えても水商売の女性です。

年齢は20代後半といったところでしょうか。

その二人の格好が凄まじい訳です。

胸元がパックリと空いた過激な服装です。

ラーメンをすするたびに、胸のシルエットが嫌でも目に入ります。

f:id:waga186:20180428203338p:plain

ここで以前の私なら大いに心揺さぶられたことでしょう。

ですが、ジム通いで女性に対する耐性があったからでしょうか。

隣で泥酔集団、目の前にセクシーな女性達、さらに言葉の通じない店員と過酷な状況を乗り切ることができたのです。

無事ラーメンを完食し、歌舞伎町のカプセルホテルに向かうことができたのです。


どうです?空手、格闘技のおかげで動じなくなったのです!!

 

5.売られた喧嘩は買うべからず!?

つい先日のことです。

電車に運良く座れたのですが、座った瞬間から違和感です。

特に太った人がいるわけじゃないのに、妙に狭いのです。

おかしいなと思いつつも携帯をいじりだします。

すると、隣のおじさん(ひょろひょろの還暦くらい)が、肩で私を押してくるわけです。

f:id:waga186:20191231233017p:plain

ところが、最初はそんなに激しくなかったので、気がつかなかったのですが、狭いながらも寝ていたら、なんだかガンガン当てられるいるので目が覚めました。

 

あれ?と思って様子を伺うと特に揺れたタイミングでもないのに、おじさんが思いっきり寝ている(と思っている)私にショルダーチャージしてきた訳です。

 

以前の私ならその時点でブチギレてしまったかもしれません。

何故なら明らかに「弱そう」だったからです!

f:id:waga186:20191231233024p:plain

これが明らかに強そう、やばそうならば、すぐさますんなり席を立っていたところでしょう。

ですが、私も格闘技を学んだ身。

このクソ親父、、違ったみっともないオジさんに、正義の鉄槌を浴びせてやろうかとも思いました。

ですが、そこは格闘技を学んだ身、こんなおじさんを倒そうと思えば、5秒〜10秒で倒せるでしょう。

そう考えると、むしろ哀れに思えてきました。

強くなりすぎたゆえの、感情でしょうね。

まさに格闘技を学んだ効果と言えるでしょう!

 

6.最後に

格闘技を学ぶとこんなふうに、あらゆるトラブルを回避できるようになります。

正に精神修行とでも言えば良いのでしょうか。

f:id:waga186:20191231233012p:plain

腕っ節に自信があるから、暴力をふるっても結果ろくなことはありません。

ですが、格闘技を学んだからこそ、動じない精神性を手に入れらるのです。

 

さて、みなさんも回避した、解決したこと結構あるんじゃないですか?

もし格闘技をしていない人は、こんなことができてしまうかもしれませんよ!?

 

ということで、トラブル回避でした。

本記事における、一切のご意見、感想、苦情等お断りいたします。

自己責任で読んでください。

悪しからずご了承ください。

( ゚Д゚)ナニカ?