カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等の未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

ジャブの打ち方・使い方!左を制す者は世界を制す!?【キックテクニック】

キックボクシングのテクニックシリーズ

誰もが知ってる基本の技

「ジャブ」

についてです。

 

 

1.ジャブとはなんだ?

ジャブとはパンチで攻撃する技の一つで最も当てやすいと言われる技です。

最初に覚えるべき基本技といえるでしょう。

 

ジャブは前の手で相手を軽打するパンチです。

威力は確かにあまりないのですが、貰うと結構嫌なものです。

また一流選手は、このジャブ自体が重くて厄介な場合もあるそうです。

f:id:waga186:20171122011957p:plain

上級者やプロはジャブでペースを握り、ジャブの連打やフェイントとしても有効な攻撃を仕掛けてきます。

前の手はそもそも近いのと、さらにモーションが小さく見えにくいのが特徴です。

よく聞くと思いますが、

「左を制すものは世界を制す」

という言葉を聞いたことがあると思います。

これは結構ジャブの事を指している割合も高いと思います。

それだけ重要なパンチなんですね!

 

www.karatekagolf.com

www.karatekagolf.com

 

2.ジャブの打ち方(やり方)・コツ・ポイント

ジャブの打ち方なのですが、シンプルではありますがポイントがあります。

軽く打つというよりは、早く打つというの方がしっくりきます。

力んではだめです!!

 

①一般的なジャブについて

まずはこの写真を見てください。

これは通常時の構えてる状況で、攻撃(ジャブを打つ)をする直前です。

f:id:waga186:20200412155621j:plain

この左手がいきなり伸びてきて打たれるわけです。

素早く打って、素早く引くの大事です!

ステップのリズムに合わせてジャブを出すのですが、リズムを変えると当たったりします。

 

しかもうまい人は、遠近感を利用して見えにくいパンチを打ってくるから厄介です。

そもそも手の位置が一番自分に近い状況なので、あっという間に打たれてしまうわけです。

軽いパンチでモーションも小さく、そもそも拳の位置自体が近いわけですから、かなり被弾してしまいます。

ダメージはそれほどなくても心のダメージは相当なものです。

そして確かに一発は軽いとはいえ、それなりにダメージはあるので嫌なものですね。

 

では早速ジャブを見てみましょう。

f:id:waga186:20200412155553j:plain

これが世間一般に言うジャブです。

素早くパンチを打ち、素早く戻ります。

私は特に鼻っ柱に貰うジャブが嫌いです。

さらにジャブも踏み込んで打ってくる人は、左ストレートじゃないかくらいの強いパンチで打ってくるので、パンチのうまい人は実に厄介です。

 

②ジャブを当てるコツ・ポイント

ジャブを当てるためのテクニックをご紹介します。

ちょっと見比べてみてください。

f:id:waga186:20200412155644j:plain

このように相対している状態からジャブを打ちます。

 

これがパターンA

f:id:waga186:20200412155617j:plain

このジャブですと、下の写真のようになります。

f:id:waga186:20200412155639j:plain

本気で当てるつもりはなくとも、こうしてジャブを出すことで相手の警戒感を高めます。

またジャブ自体が相手からすると目隠し効果もあるので、

見せパンチ

捨てパンチ

としても利用できます。

 

次にパターンB

f:id:waga186:20200412155538j:plain

がっつりと肩が入っているのがわかりますか?

このパンチだとこうなります。

f:id:waga186:20200412155649j:plain

足の位置はほとんどAもBも一緒なのに、届く距離が違います。

パターンBはもうパンチが届きそうです。

 

もちろんパターンBは当たりますが、パターンAのパンチも重要です。

両方ともにジャブですが、両方とも使えるパンチです。

パターンAを見せてるからより一層効果的に使えるのです。

肩を入れるという打ち方は、パンチのテクニックとしては基本です。

これができれば拳一つ分パンチが伸びますから、当てやすくなります。

 

格闘技の鉄則でもある

「エサをまく」

「見せておく」

というのをジャブでも同様に必要です。

シンプルだからこそ、より一層必要かもしれません。

 

3.ジャブに関連するその他の技・技術

ジャブに関しては、いかに左手を上手に使うかというのがポイントです。

せっかく一番当たりやすいパンチなので、モーションが大きいと当たりません。

 

なので結構使えるのが、これです!!

f:id:waga186:20200412155610j:plain

分かりますかね?

縦拳で打っているのです。

日本拳法とかは割と普通に縦拳で打つらしいですが、縦拳にすると脇が開かずに打てるので、素早くモーションがばれにくいという特徴があります。

 

私は基本的にジャブは縦拳で打ってる事が多いです。

慣れると割と違和感なく打てたりします。

見せるだけの目的もありますし、エサにもできますからジャブって奥が深いパンチだと思います。

 

4.まとめ

パンチの基本「ジャブ」について書いてみました。

もう一度振り返ってみましょう

f:id:waga186:20171108004527p:plain

ポイントは以下の感じです。

・スピード重視

・素早く打って素早く引く

・肩を入れるとパンチが伸びる

・次の攻撃のエサにできる

・見せるだけでも有効

・縦拳だと脇が開かずばれにくい

・基本技だが実に奥が深い!

・目隠しにも使える

 

という感じですかね。

実際にスパーリングとかをやるとやはりジャブに頼りますが、うまい人はそれを見越してジャブにカウンターを合わせてきたりします。

そうなるとかなり厄介ですが、でもジャブは使いこなせると非常に有利に事が運べます。

f:id:waga186:20191231233012p:plain

コンビネーションの始まりだったり、キックへのつなぎにもジャブは使えます。

例えばジャブを見せておいて、右のローキックなんてのもよくある攻撃パターンです。

若干違いますが、空手「刻み突き」と同じような感じです。

ペース・主導権を握れるパンチであるジャブ、実際にはジャブを使いこなせる実力者だからこそ主導権が握れるのだと思います

 

 

シンプルだけど奥が深い攻撃技

「ジャブ」

その使い方は実に多様性に富んでいますね。

しっかりと技術は身につけたいですね。