カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等の未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【決定版】開脚するぞ!中年オヤジのための股関節ストレッチ・股割り練習方法とコツ!

開脚について過去何度か書いてきましたが、これが最後です。

ついに開脚・股割りの方法を発見してしまいました。

最後の手段です。

これで出来なきゃもう諦めます。

1.開脚とは何だ?

そもそも開脚とはなんでしょう。

開脚効果でググると色んなサイトで紹介されています。

 

開脚ができるとこんな効果があるそうです。

・血流アップ・代謝促進で美ボディ効果アリ

・その結果脚もお尻も引き締まるそうです

・膝や腰の痛みの軽減

・姿勢が良くなる

・冷え性改善

・ケガ防止

 

こんなような効果が見込めるそうです。

何となくインターネットで調べると、割と女性が多く開脚に取り組んでいるようです。

美容・健康のためなのか?ヨガのためなのか?

目的は色々とあるようですね。

 

更に言うと開脚は逆に不健康で必要なし!を唱える先生もおりまして、

逆に健康に害をなす!

という意見もありました。

f:id:waga186:20180428203322p:plain

 まぁ、目的はそれぞれありますから、特に私が言えることはないですが、

私の目的は明確でハイキックを打てる事!

この為に私は開脚をするのです。

f:id:waga186:20190114110951p:plain

ちなみに私も過去の記事で何度となくこんなことを紹介しております。

www.karatekagolf.com

www.karatekagolf.com

私が何度となくこんな記事を書いているのは、それだけ悩みが深いからなのです。

単なる健康のためなら諦めていると思います。

どうしても納得のハイキックが打ちたい!

そのために今日もまたストレッチに励むのです! 

ハイキックに柔軟性は必要ない!という人もいます。

動画やインターネットで

「私もこんなに硬いのにハイキックを打てるのです!」

という人もいるし、事実そうだと思います。

が、その人達の柔軟性は私の遥か上なのです!!

 

私は皆さんに知って欲しいのです!

世の中には、絶望的に体が硬い人間がいるのです!

動画でよく見る「ほら私もここまでしか開きません!!」という開脚自体が、既に私よりも遥かに開脚できちゃってるのです。

そしてダメな人はダメなりのやり方じゃないと開脚はきっと成功しないのです。 

 

2.開脚できない理由

さて、私はこんなに開脚!開脚!と言っておきながら、未だにベターっとできません。

でも努力はしています。

にも関わらず出来ないのです!

色々と調べました。

色々と聞きました。

色々と教わりました。

でも、ダメだったのです!

ダメなものはダメで、どうしようもないのです。

頑張っても無理なものは無理だったのです。

※正確にはちゃんとやれないのが原因ですが、、、。

f:id:waga186:20170201231744p:plain

そして私は気がつきました。

そうか!私は特別だったのだと、、、。

例えば、

野球のボールを150kmで投げる人がいます。

100mを10秒を切るスピードで走る人がいます。

全然勉強していないのに、東大に入れる人がいます。

ものすごい感性の持ち主で、素晴らしい映画を作る人がいます。

音楽の溢れる才能を持って、人を感動させる音楽を作る人がいます。

 

人は言います。

彼らは特別なんだと、、、。

 

私の場合、

股関節が致命的に硬いのが特別だったのですよ。涙

f:id:waga186:20180428203314p:plain

更に年齢と性別もまた開脚できない原因の一つでしょう。

基本的に女性の方が骨格の作り上、開脚などの柔軟ができる人が多いです。

コレは紛れも無い事実です。

なので、開脚をする上で女性のしなやかな体の方が圧倒的に開脚できる可能性が高いのです。

ほとんど運動していない人でも開脚はできる、もしくは結構開く人がいます。

f:id:waga186:20170909134740p:plain

また年齢もあると思います。

私のようにアラフォー世代で、特に特別な運動していなかった人は硬いです。

若い世代、小中学生はいきなりかなり開きます。

小さい頃から開脚している人は、いきなり開脚できちゃいます。

 

では何故に大人の開脚は難しいのでしょうか。

私が考えた理由は、以下のとおり

・長いあいだ体を動かしていなかったので、柔軟性の必要性がなかった。

・加齢により「腱」や「筋肉」の柔軟性が失われています。

・体は無理に伸ばそうとすると、危険だと信号を出してしまう。

・運動能力が衰退して、脳の命令を体が拒絶する。

・40歳を超えると、毎年10%の筋肉、体力を失う。その弊害。

・無駄に経験があるので、危ないなと無意識にストップをかける。

・怪我をしたくないという潜在意識が、体の成長を阻害する。

f:id:waga186:20180115010631p:plain

つまり柔軟ができない原因は、多々あるのですが年齢と性別が影響している事に間違いありません。

また私のように体が超硬いというスペシャルな才能を持った人間もいるのです。

要するに開脚できないのは

オヤジだからです!!!

それ以上でも以下でもありません。 

誰が何といっても、そういうことです。

 

3.決定版 大人の開脚方法!!

という事で、オヤジのための開脚方法です。

もうこの方法しかありえません!

これで出来なきゃもう出来ない!

私の人生に開脚は必要なかったと割り切って生きていきます。

ハイキックも諦めます。

納得できないハイキックは打てますので、ソレでいいです。

 

もしこのサイトをここまで読んでくれた貴方が「オヤジ」で無いなら、

違う方法があるかもしれません。

新たなサイトを探してください。

f:id:waga186:20171121015718p:plain

ステップ1 機械の購入

開脚補助具(レッグストレッチャー)を購入!!

3000円~5000円くらいです。

これくらいは大した額じゃないでしょ。

一回飲み会、、、いや2次会に行かなきゃいいだけです。

もうね、道具に頼りましょ!

この程度の出費痛くないでしょ!!

大人なんだから!!

ココはケチるところじゃないですよ!!


マシンはどこのメーカーでも良いです。

中古でも良いですし、安物でも十分です!

 

ステップ2 通常の開脚方法

はい、まずは普通の開脚方法です。

この記事をご覧下さい。

www.karatekagolf.com

これでうまくいけば良いです。

 

ステップ3 開脚グッズの秘密兵器を準備!

やり方は基本的にステップ2のやり方と同じですが、さらに道具を使います。

ちょっと頑丈な紐を用意してください。

f:id:waga186:20191123123825j:plain

私もこの紐が元々何のための紐なのかわかりません、、、。

家に転がっていました。なんでも良いのです。

まぁ、こういう紐を使うということです。

 

さて、これが開脚マシーンです。

f:id:waga186:20191123123753j:plain

後で書きますが、これと紐を組み合わせて使います。

 

ステップ4 決定版!オヤジの開脚ストレッチ!!

以下のようにやってください。

1.まずは足回りをほぐします。

f:id:waga186:20190811000038j:plain

こんな感じのストレッチをして股関節をほぐします。

コレは痛くないです。

まぁ。30秒から2分くらいです。

こうする事でこれから脚を広げるぞという意識を脳に植え付けます。

2.まずはゆっくりと足を広げます。

f:id:waga186:20191012020732p:plain

軽めで良いです。

少し開くくらいです。で、少しずつ負荷を掛けます。

決して痛くならないように、、、。

3.一度痛気持ちいい位のところまで開く

f:id:waga186:20191012020712p:plain

痛いところまで一気に引っ張ると、痛めます。

私はこれで何度も痛めて困りました。

股関節を痛めると、治るまで開脚ができなくなります。

あくまでイタ気持ちいいが重要です。

またこの際に、軽く体を上下左右にして股関節の可動域を広げるようにしてみてください。

まぁ、30秒~2分くらいですかね。

そうする事で股関節周りが柔らかくなります。

※常に動いたほうが良いという人もいるくらいです。

4.少し休む

無理する必要はないので、少し休みます。

1分から2分程度休みましょう。

このストレッチは、意外と膝に負担がかかるので、膝を傷めないためにも無理はやめましょう。

f:id:waga186:20171122012029p:plain

5.紐を引っ掛けて開脚します!

まぁ、このような開脚マシン(レッグストレッチャー)の形状に注目しましょう。

f:id:waga186:20191110204707j:plain

単純です。このように紐で引っ掛けて、足を開くわけです。

f:id:waga186:20191123123814j:plain

横から見るとこんな感じですね。

こういう風に使うのです。

最初は気持ちいいくらいで留めて徐々に広げましょう。

痛くないところがポイントです!

痛気持ちいいくらいのポイントで、伸ばします。

時間は新聞を見たり、本を読んだりするくらいです。

私の場合、痛くないので10~20分くらいはやってます。

ジムで見かけたある女性は、開脚しながら1時間とか過ごしていると言っていました。

たまに体を上下左右にしてみてください。

あと、たまに足を広げるときに、股関節に違和感を感じる場合があるのですが、そのときは一度外してもう一度最初から装着しましょう。

無理にやると痛める可能性があります。

 

実は紐で引っ掛ける事で、

力が入らないことが重要なんです。

このマシンですら、手前にレバーを引くという動作で力を使います。

これがまたこの力を入れた瞬間に、要するに力むのです。

そうする事で股関節に力が入り、体が縮こまる(開放しない)ワケです。

要するに体は長年の「足はこれ以上開くものじゃない!」という常識に囚われてしまっているわけです。

だから体は無意識のうちに、守ろうとして股関節を伸ばすではなく、縮めてしまうわけです。

f:id:waga186:20190114111013p:plain

これをしっかりと伸ばすためにも、力まない事が重要です。

でも、我々オヤジ世代、つまりアラフォー世代は知らず知らずのうちに、柔軟を拒絶してしまうのです。

なので、拒絶しないようにリラックスした状態を常に作り出す必要があるのです。

これが今回の「キモ」なのです!

 

6.1週間経ったら紐を少しずつ縮めます。

1週間経過する頃、正確には3日くらいすると、楽々今の紐の状態はこなせます。

痛(イタ)気持ちいい状態だったのが、ただの気持ちいい状態

になります。

ここで紐を短くしたくなる気持ちは分かります。

※紐を短くすると、当然足はより開きます。

でも、ここで紐を短くしないでください!

1週間は最初の状態をキープします。

私は、ここで紐を縮めたら、早速股関節が痛くなりました。

なので無理せず1週間たったら、少しずつ紐を短くしてください。

これを数週間~数ヶ月繰り返すことで、貴方も夢の開脚が出来るようになるのです!

 

f:id:waga186:20180428203338p:plain

4.まとめ  

という事で、色んな開脚方法や理論が巷では溢れていますね。

私は私と同じ境遇(中年アラフォー男性・体激硬・最近の運動経験なし)の、絶望的に体が硬い人向けの開脚方法を紹介します。

昔テレビで、相撲取りの新弟子が思いっきり兄弟子に体重をかけられて、股割をしているのを見ましたが、あれは若さがあるからできることです。

というか、そのやり方はわれわれの世代には向きません!

多分人生に関わるケガを負うことに、、、。(´;ω;`)

f:id:waga186:20171112234208j:plain

また男女では骨格が違います。

格闘技をする上で、男性の方が筋力があるのですが、柔軟性ではやはり女性の方が遥かに上です。

更に動画等で見かける、「体の硬さはハイキックとは関係ない説」の人の発言は、半分本当ではありますが、物理的に足が開かない人には不可能です!!

彼らは硬いと言いつつも私から言わせてもらえれば、十分に柔軟性の高い人達なのです!

何故なら彼らも格闘家ですからね。

確かに格闘家としては硬いのでしょうけど

我々の絶望的な体の硬さを知らないのです。( ;∀;)

私の5年に及ぶ研究の結果たどり着いた、最後の手段です。

これで無理なら諦めましょう。

尚、本記事におけるご意見、批判、訂正等一切受け付けておりません!

信じる人のみに向けた文章ですので、悪しからずご了承ください。

 

尚、すべては自己責任で!!!(;´Д`)

私は一切の責任は負いませんので!!(-_-メ)