カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等の未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【空手】組手反省会 自分の動画を見て改善するポイント分析!

コロナで全然空手道場の練習に参加できないので、自分の組手の動画を見返してみたら下手くそで凹みます。

見ているのも辛いですが、ですがここに沢山のヒントが隠されています!

 

 

1.動画は客観的に見えるので有効

空手で言えば、組手も型(形)も自分ではちゃんと出来ていると思っても、やはり出来ていない!?なんてことが多いです。

f:id:waga186:20190110013917p:plain

昔ならば、人に見てもらってとか、鏡を見ながら、、なんて事になるのですが、やはり今は動画の時代。

これを利用しない手はないでしょう!

動画を見ると感想はほぼ以下3つだけだと思います。

・思った以上に出来ている

・思ったとおり

・思った以上に出来ていない

そして初めて動画を見る人の大半は

「思った以上に出来ていない!」と思うのではないでしょうか。

f:id:waga186:20191231232941p:plain

これがあるので、動画を見るのは嫌だ!という人も多いと思います。

かの有名なバスケット漫画の「スラムダンク」でも似たようなシーンが出てきますね。

だから、自分の動画を見るのって最初は結構勇気がいるのです(笑)

 

私は動画は非常に重要だと思います。

私の場合はゴルフの動画を撮って、それで相当分析しました。

 

2.過去の動画を振り返ってみる

では実際に過去の動画を振り返って反省したいと思います。

①不用意な攻撃にカウンターを合わされる

f:id:waga186:20200912104428p:plain

王道パターンの刻み突きに合わせての中段突き!!をやられているシーンですね。

明らかに狙われているタイミングで安易に、刻み突きを入れたのが反省ポイントですね。

 

②攻撃終わりに体勢を崩す

f:id:waga186:20200912104414p:plain

中段蹴りをよけられて、相手に背中を向けた状態です。

防御体制に戻せる時間もなく、当然突きをもらってしまいます。

打ち終わりの隙を与える動きは厳禁ですね。

 

③連続攻撃を受けて死に体

f:id:waga186:20200912104419p:plain

連続攻撃を受けて後退した結果、棒立ち状態になり、所謂「死に体」の状態ですね。

当然反撃もできませんし、言うなればサンドバッグ状態です。

こうなる前に、相手の間を切るか、距離を詰めるなり反撃するなりと、確固たる対処法が必要ですね。

 

④当たらない距離の中段蹴り

f:id:waga186:20200912104504p:plain

確実に当たらない距離で中段蹴りを打っています。

間合いを詰めさせない牽制のつもりもあるのですが、打ち終わりで次の技に繋げらない場合は、何の意味も持たない攻撃です。

攻撃にはそれなりに意味、意義が無いと単調な攻撃であり、戦略性が低くなるかなと思います。

 

⑤安易に倒れる・倒される

f:id:waga186:20200912104455p:plain

一発の足払いで倒されることは殆どありませんが、技のかけ終わりや体勢を崩された際の足払いや押し込みで、あっさりと倒れてしまいます。

倒されると当然攻撃できなくなる上に、体力も消耗し、何より追撃を受けてしまう場合があります。

バランスやタイミング、重心を意識して安易に倒れない組手をしたいですね。

 

⑥手だけの攻撃、踏み込みのない攻撃

f:id:waga186:20200912104450p:plain

踏み込まないで手だけの攻撃をした場合に、相手選手の間合いに居続けることがあります。更に踏み込みを伴わない場合、相手のカウンターの餌食です。

相手の反撃を招きやすく、かつポイントを取れることは殆どありません。

「手だけ」「足だけ」の攻撃では、威力もありませんし、次の技のつなぎでないなら、あまり使う必要のない攻撃ですね。

 

3.動画の反省ポイント整理

さて、上記は写真なのでわかりにくいのですが、実際には動画で見ています。

動画で見ると前後の動きやつながりもわかりますので、実際には

どういう流れで、そこの攻撃に至ったのか?

というのが非常に重要ですね。

f:id:waga186:20191231233017p:plain

気にしていないと、パターンがワンパターンの攻撃を繰り返していたり、相手を混乱させるような「仕掛け」を入れることもできません。

動画をみると、自分の癖や戦略性がなんとなく見えてきます。

意識していないと、攻撃は単調であり、技や身体能力だけで戦うのは限界があります。

もちろん動画で見ることで、個々の技の出来・不出来を理解、改善させることも可能になるのです!

f:id:waga186:20190114110726p:plain

私のおすすめは携帯とかにも最近は付いている「スロー動画」です。

全てがスローなので、研究するには細かい動きまで検討に加えられます!

じっくり考えながら(見ながら)色々と考えられるのが良いです。

これは結構お勧めです!

 

4.まとめ

という事で「動画で反省会」でした。

普段出来ていると思っていることも、実はできていなかったり、改善点が見つかったりしますね。

また、逆に意外と出来ている!?という驚きがあったりもします。

意外と出来ているパターンだと結構やる気につながるので、意外と動画チェックは上手くなると楽しいものかもしれません。

f:id:waga186:20181103132158p:plain

組手にしても、型にしても動画を使って分析、研究すると上達への近道であると思います。

最近は携帯機能で色んな動画が取れますので、それぞれ工夫して練習に生かしてみたらいかがでしょうか?

面白い練習方法があったら、教えてください!

 

ではまた

 

(o・・o)/