40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【格闘技術】突き・パンチの打ち方・コツ・ポイント① 初心者向け・空手・キックボクシング

 今回は格闘技の基本中の基本とも言える突き・パンチの打ち方、コツを書いていきたいと思います。あくまでイメージとして捉えれてもらえれば幸いです。

ミットやサンドバッグを殴りまくって、打ちまくった結果分かってきたような気がします。更に組手やスパーリングをこなすと「こうだったのか」とよりわかってきます。

f:id:waga186:20171103120002p:plain

パンチを打つという単純な動作ではありますが、それがなかなか難しいのです。上記のパンチを打つ際に気にすべき事をざっと上げただけでもこんなにあります。拳の使い方も踏まえて少し踏み込んでみましょう。

f:id:waga186:20171103120022p:plain

そもそも人間は腕の形も長さも、拳の硬さも自在に操れる訳ではありません。決まった長さと硬さが大前提。そしてその上でパンチの出し方・使い方は慣れが必要ですね。ではどうやれば良いのでしょう。

よく言うのが「拳の先に槍がついている」状態のイメージだそうです。

どういうことなのでしょうか?私にはちょっと理解が難しいのです。

f:id:waga186:20171103120044p:plain

槍といっても「ヤリ」なんて長すぎて、手からこんなの伸びていたら間違いなく邪魔です!ヤリなんて付いてたら当たるわけがないし、イメージしにくいですよね。

そこで私はこれ!!

f:id:waga186:20171103120101p:plain

キン肉マンの正義超人ウォーズマンが使う「ベアクロー」です。

これをイメージしながら練習に励みますと、突きやパンチがちゃんと当たるようになってきます。また正しい突き方、打ち方ができると威力が格段に上がりますね。

要するに当たる瞬間に握りこむとか色々ありますが、まず最初にイメージするのはパンチの出し方、当て方なのではないでしょうか。

まずはどこにどのように当てるのか?というのを自分の手が「ベアクロー」だった時に、上手いことパンチを出すにはどうしたらいいのか?突き詰めると上手にパンチが打てるかもしれません!!次回はではどうやって具体的にイメージするかを記載したいと思います。

www.karatekagolf.com