カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等全くの未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【大会・試合】初めての空手大会⑤ 友達や家族の応援は力になる!?組手の試合

本記事はブログの分割に伴う再投稿です。

 

さて、いよいよ組手の試合が始まります。

 私は一般有級の部、第一試合にいきなり登場です。

しかも相手はよりによってラグビーの五郎丸似のお父さん(若者)。

私が控え室で茶帯を締めた対戦相手をチェックしている時に、一番当たりたくないなと思った人です。なんか体格も良くて見るからに強そうです。

おそらく私より若い!30代前半と思われます。しかも私の名前を見るなり、つかつかと歩み寄ってきて、「よろしくお願いします!」挨拶をしてもらいました。

礼儀正しいというなんかクラスに1人こういうナイスガイがいた気がしませんか?

スポーツ部のキャプテンとかやっちゃうような人。そんな感じです。

彼がアメリカ人だったら多分アメフトをやっていたと思います。こういう人が空手やってると何だかこっちまで嬉しくなります!

いずれにしても、そうとあっては学生時代雑草系だったこちらも負けられません!!陽キャラの相手には簡単に勝ちを譲るわけには行かないのです!

 

f:id:waga186:20170816013620p:plain

試合開始直前!相手選手の奥さん(手伝いの大会係員)と子供(どうやら試合を終えた)がコート脇に応援に駆けつけます!試合開始前から盛り上がってきてますね!かなり近距離からの応援なので、こちらにもプレッシャーが掛かります。

甲子園球場の阪神の応援とかもこんな感じに、プレッシャーがかかるのだろうなと変なところで感心しました。

f:id:waga186:20170816013740p:plain

では、私もどこかで応援してくれているであろう私の家族を探します。

所がどうした事かなかなか見当たらないのです。どこに行ったのか?

よーく見てみると、、、。

f:id:waga186:20170816013808p:plain

よーく目を凝らして、会場中を見渡します。何だか物凄く遠くにそれっぽい人たちが、、、。

f:id:waga186:20170816013829p:plain

家族は私の対戦コートからはちょうど対角線上の反対側という遥か遠くにおりました。裸眼で視力1.5ある私が気づいてないとでも思っているのでしょうか。(怒)

よくあるパターンです。妻は携帯に夢中、娘1(小3)はDSに夢中、娘2(幼稚園)は全く別の方向いて何かを食べてるという、、ね。はっきり言って丸見えです。

もうね、、戦う前から家族の応援合戦は完封負けでした。見ちゃいねー!!

 f:id:waga186:20170816035553j:plain

さて空手の大会においては、同じ道場の子供たちが声援を送ってくれたりしますが、大人の試合はちょっと独特な雰囲気です。子供たちの試合は友達が出ていたりするので、近くに来て大声で「がんばれー!負けるなー!」と声援を送ります。

道場によっては全員で観戦させる道場もあります。何しろ応援は力になりますからね!頑張ろう!という気になれます。

指導者にもよるのでしょうけども、他の子供の試合を見ずに遊んでたりすると叱られたりします。私は自分の試合がない場合は、写真係として写真を撮りまくるのですが、結構それはそれで楽しいものです。

応援といえば特に団体戦とかは盛り上がりますね!もはや単に叫んでるだけじゃないかという気がしなくもないですが、その道場で世代毎に一番強い選手が出てくるわけですから盛り上がります。

意外と市内の大会とかですと、同級生の同じクラスの別の道場とかも出てくるので別の意味で盛り上がったりもしてますね。

掛け声は特に決まりはないみたいですが、アドバイス的な「上段狙え!」とか「後30秒!!」とか言ってくれる人もいたりします。これはありがたいですが、相手選手の声援も丸聞こえという点は否めません。

また空手は意外と女の子も多くやっているので、ここでいい成績を挙げられるとヒーローになれる!といって頑張っちゃう子もいると思います。私が小学生だったら多分張り切ってたと思います。(笑)

しかし見ていると面白いですね!そして小学生ぐらいは結構負けると泣き出す子も多くいます。悔し泣きな訳ですが、私が小学生や中学生の頃、そんな風に思ったことは殆ど無かったので、羨ましいなという気になります。

 

f:id:waga186:20170201231740j:plain

一方大人の部は、子供たちの試合に比べると静かです。子供たちもそもそも見てないのか、自分たちの番とかで見る余裕がないのか、あまり声援は飛びません。

大人で一線を退いた人たちはみんなもう参加しないか、審判をしていたりするのであまり参加する人数は多くありません。私が参加した一般有級の部が大人の部としては一番多い人数で、それでも10数名程度だったと思います。

特に誰が見ているわけではない空手の試合ですが、やはりコートに降りていざ対戦相手と相対すと何とも言えない気分の高揚があります。

「荒ぶる」という訳でもないのですが、それに近いというかお互い遠慮なしに行くぞ!という感じになりますね!有段者同士だと少しまた違うのかもしれませんが、私は少なくとも「行くぜ!!」っていう感じになりましたね。

初めての大会で、しかも趣味(好きでやってる)の世界が故に一層勝ちたいという思いは強くなります!!

いろんな人の声援を背に、コートに立った時に、空手やってきてよかった!と心から思いました!いやーこの歳でなかなかこういう経験できないですよ!!