40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【キックの魅力】③ジャブ 細かすぎて伝わらないキックボクシングの魅力・楽しさ

さて3回目の今日のキックボクシングの魅力は、ジャブです。

ジャブにはどんな魅力があるかと言いますと、ぱっと見目立たないけれどもとても奥が深い大事なパンチであり、使いこなすと楽しいのです。

左を制する者は世界を制すとは一度は聞いたことがあるかと思います。プロの世界では左のジャブと左のフックやらを使いなせれば、世界を制する事ができるのかもしれません。

f:id:waga186:20171122011957p:plain

さて、そんなジャブなのですが、何がそんなにハマるのかといいますと、左の絵を見てください。左は単発単発を打ち込んでおります。膝の使い方体の使い方を理解し、実践するとジャブのスピードは相当なものです!

 

面白のが、体の使い方が理解できたりしたら、すぐに効果が出るんですね。

ジャブは手数を出すことが大事だということで、一撃必殺のパンチではないのですけれども、みんな頼りにしたくなるパンチですね!

打ち方を知らない人が打ったジャブと知ってる人が打ったジャブは、そのスピードが全然違います。

今度は右のイラストを見てください。ジャブはよく「軽打」するといいます。要するに効かせるよりかペースを握るためだったりするわけですね。連打してもタイミングを変えてもジャブを有効活用することで、試合を優位に運べるというわけです。

そしてこのパンチ、やり方さえ分かれば誰でも打てます。プロボクサーとまでは行きませんが、結構なスピードパンチを、繰り出せます。

私はサンドバッグを打つときは、基本的にジャブから入ります。1ラウンドジャブしか打たないということにしております。次のラウンドからはストレートも更に次のラウンドはフックも入れていきます。

ジャブを連打してると思わずオラオラオラと言いたくもなりますね。ジャブだけの連打はキツイですけどね。

 

ジャブを練習するのに本当に膝の動きをマスターしただけで、感覚的にはジャブのスピードが2倍ぐらいになったように感じるレベルです。

早く打てるとこれがまた楽しいのです。ジャブが自在に打てるようになると本当にいい武器になりますし、いよいよ格闘技っていう感じがしません?ペースを握るために、ジャブを当てると言うか、ジャブを使ってペースを握るというのか。使い勝手の良いパンチです。

 

ということで、今回のハマるポイントはジャブでした。研究すると結構いい感じで使えるようになりますので、このジャブは大事に行きたいですね!ジャブが使えるようになってようやく一人前みたいな感じに感じます。

 

こうなるとジャブは地味なパンチなのではなくて、研究しがいのある実に役に立つパンチである事に気が付かれましたか?!

ほら、ジャブを打ちたくなりませんか?

サンドバッグ目がけて踏みさむと同時にジャブを打ち込む!自分のパンチの速さに酔いしれることができます!

 

www.karatekagolf.com

 

www.karatekagolf.com