40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【キックの魅力】⑩ローキックの防御! 細かすぎて伝わらないキックボクシング楽しさ・素晴らしさ

キックボクシングの魅力シリーズ10回目の今日は、防御技の中でも相手のローキックを防ぐ方法です。

ローキックというのは、その名の通りで低い位置を蹴るキックですね。具体的には、相手の太ももを蹴ります。普通に暮らしていたら多分人生において、ローキックを蹴られることはそうそうないと思いますが、キックボクシングでは非常によく使われる技です。

そしてのその威力は相当です!何も鍛えていない人は耐えられないと思います。

格闘技の試合とかでもローキックを打たれて、倒れ込むシーンとか見たことありませんか?本当にかなりのダメージになります。

と、なるべくなら受けたくないローキックですが、当然対応する防御技があります。一つは「カット」と呼ばれるローキックを自分の足の脛で受け返す技。もう一つは空手でもお馴染みですが、空振りさせる技つまり「捌き」です。これらがね。楽しいのです。

f:id:waga186:20171212021946p:plain

何故この技がキックボクシングの魅力かというと、割と出しやすいこのローキックをあっさりとカットすると、カットされてしまった方は「ローキックが通用しないのでは!?」という不安に駆られます。

つまりしっかりと全体が見えちゃってるぜ!というのを暗に思い知らせることができるのです!

どうです?何事も相手に「どうすりゃいいんだ!?」と思わせれば非常に有利になります。ポイントは正面を向いているはずの相手が、下に目線を向けていないにも関わらずローキックをカットしてしまう。つまり「こいつ、強い!!」となるはずです。

そしてもう一つの技は、「捌き(さばき)」ですね。ローキックが来るのを見切って足を引っ込める、ついでに相手の足を捌いて背後を取ります。これをやってくる相手は、結構な確率でミドルとか前蹴りとか他のキックも捌こうとしたり、キャッチしようとしたりします。実に厄介な相手だと警戒せざるを得ません。

捌かれてしまうと、ほぼ確実に追撃を喰らいます。これが最悪です。ガードが崩されたところに何らかの打撃をほぼノーガード状態で打ち込まれるワケですから、無事に済まないと思ったほうがよいです。攻撃側なら大チャンスですね!

これらの技を使うには、それなりに訓練というか慣れが必要です。で、色々とできるようになると相手はより混乱するはずです!!

 

最後に、もしレガースなしでスパーリングやローキックの受け返し練習ををやってみると、、、。

f:id:waga186:20171212022001p:plain

 どっちも洒落にならないぐらいの痛み(ダメージ)があります!!レガースなしの練習は危険ですので、ご注意を!!

プロって凄いですね!!プロは足の骨が硬いです!めちゃくちゃ硬いです!


と言うことで、ローキックの対処が色んな意味で楽しいのです!

 

www.karatekagolf.com