カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等全くの未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

格闘技(空手3年・キック2年)を始めた結果!?運動で健康的に若返り!アンチエイジング!

中年と言われる年齢(現在私は41歳)になって気がつきます。年をとったなと。どんな時に感じますか?

・疲れが抜けない

・体が言うことを聞かない

・ぐっすり眠れない

・食欲不振

・肌荒れ

・肌のシワ/たるみ

まぁ、色々ありますが結局どうなるかというと、「老けたねぇ」となります。鏡を見てみてください。貴方は年齢としては若くないかもしれないけど、生き生きしてますか?

f:id:waga186:20180115010631p:plain

久々に会った友人に「お前変わらねーな!」と言われたいですよね。そんな貴方へのソリューションをご提案します。

格闘技をやることですな。

空手やキックボクシングをやるだけで貴方は強くなり、楽しくストレス解消!健康的な体を手に入れ、そして若返ります。

「格闘技なんて、敷居が高いよ。」と思っている人は勘違いですので、こちらの過去記事を見てください。

www.karatekagolf.com

www.karatekagolf.com

 まぁ、上記を見てもらったら健康のために、始めてみてははいかがですか?実際に健康になり若返ります。

では私の健康診断の結果を踏まえ、ひとつ証拠をお見せしましょう。下の写真を見てください。

f:id:waga186:20180411161348j:plain

これは昨年の健康診断を踏まえての、先日私の家に送られてきた私の健康診断の分析表です。

分析1のところをご覧下さい。実年齢よりも健康年齢は「若い」に分類されております。もし若いのさらに左「若過ぎ!」とかあったらそっちに入っていたのかもしれません!!?これがまさにエビデンス(証拠)です!

数年前はこんな数値ではありませんでした。要再検査だの要注意だのが並んでいたものです。ところが4年前に始めた空手と2年前に始めたキックボクシングをしているだけで劇的に完全したのです!

 

なお、私の日々の活動パターンはこんな感じです。

・食事制限特になし

・週に1回(土曜日)伝統派空手教室での空手稽古

・週に2回~4回(平日のみ) キックボクシングジムでのトレーニング

・飲み会は職業柄多い方

・仕事は営業職ですが、基本的にはデスクワーク

こんな感じで日々を過ごしています。

でも週に何日か行う空手とキックボクシングの練習だけで人は健康になれるのです。

 

では、下の写真を見てください。

f:id:waga186:20180411161401j:plain

100人中というのは、おそらく相対的に同世代で100人と言っているだけで、実際にはもっと多くの人が健康診断を受診してます。では100人中私は中性脂肪は56位でした。

「なんだ、大したことねーな」と思った方もいらっしゃると思います。

これは注目すべきは37歳、38歳の頃の私の数値です!

なんと倍近い数値200台をマークしていたのです!これが通常地まで戻ってること自体が凄いことなんです!

更にHDLコレステロールと言われる善玉菌ですね。100人中37位ですが、徐々に増えてきているのがわかると思います。私は特に生活を変えたわけではありません。

悪玉菌に至っては100人中23位という実力です!

 

では、下の写真を見てください。

f:id:waga186:20180411161408j:plain

空腹時の血糖100人中17位です。かなりのトップクラスですね。具体的に何がどうなっているのかわからないですが、お腹が空いている時に健康状態を維持できるということなのでしょう!データは2件しかないですが、まぁいい数値ですね。

HbA1cヘボグロビンエーワンシー は54位でした。

言葉の意味はよくわかりませんが、とにかく通常の値ですな。

f:id:waga186:20180411161419j:plain

AST(GOT)、ALT(GPT)、y-GT(y-GTP)という3つの数値。なんの数値なのか全くわかりませんが、100人中それぞれ14位、34位28位と割といい成績だったようです。特にALTの38歳の時は「要精密検査」からの復帰という事で価値があるのではないでしょうか。

f:id:waga186:20180411161425j:plain

BMIの数値はあまり変わりがないのですが、単純に体重を身長で割った数値なのであまりスコアはよくありません。ただし見た目からしてちょっと違います。腹筋が割れてきましたし、脂肪分は結構減ったように思います。

腹囲については、恐らく39歳以前のデータがあったら、その違いが結構あったのではないかと思います。一つ言えることはお腹ポッコリしたおじさん体型からは脱したと思います。これは重要なことですね!

 

では次のデータをご覧下さい。

f:id:waga186:20180411161436j:plain

血圧ですね。なんと高い方の血圧は100人中5位!低い方の血圧は100人中2位です!素晴らしい!!

血圧が急激にデーター上減っている点とか、「いや低けりゃいいってわけじゃ、、」とも思わんでもないですが、とりあえず100人中5位と2位という成績は素晴らしいですね。クラスで1番か2番ぐらいの優秀な成績だと思います。この成績ならばモテモテだったはずです、、、。

 

と、こうして分析結果を見ると、健康がどんどん改善されているのがわかります。もちろん自分でも努力はしているつもりです。強くなりたい、上手くなりたいともうからこそ、20年にわたって吸い続けたタバコをやめました。あれだけ嫌だったランニングをしてみたり、縄跳びをしてみたりと努力をするのです。

でも別に努力する事が偉いとか凄いとかではありません。空手やキックボクシングを楽しんでいるそれだけで、圧倒的な健康体になれるのです。

最初の写真にあったように、私の健康に関する評価は実年齢よりも若い!訳ですから。

f:id:waga186:20180126170327p:plain

ですが!果たしてこれだけで果たして本当に若いと言えるのでしょうか?

私はちょっと違うように思います。健康体になること=若いと言えるのでしょうか。

私は少し違うように思います。

空手道場に通うと周りは小学生だらけです。キックボクシングジムに通うと割とガチな練習する人たちは、20代の若者が多いです。要するに周りが若いんです。

若者の中に40代の私が混じっている感じです。一人称で見ている私から見える世界は、小学校であり、大学であり、若かりし日の光景なんです。

f:id:waga186:20180128114432p:plain

会社でオジサンたちと愚痴を言いながらどうでもいい昔話を繰り返して盛り上がるのではなくて、20代の若者たちとバチバチとスパーリングをして、格闘技術を論じながら飲むお酒は最高です!私は格闘技を通じて若者たちとぶつかり合っているのです!こうすることで私の体は思うのだと思います。

「こいつらに勝つには、年取ってる場合じゃない!」と。

だから最近の私の体は20代後半よりも絞れてきてますし、20歳の頃と同じように動けます。階段をダッシュで登ってもたいして息切れしませんし、京葉線の東京駅のエレベーターが止まっていた時も気にせず階段で上がることができるのです!

 

こんな生活をしていたら、そりゃあ若返りますよ!年を取っている暇がないのですから!おかげで未だに髪の毛がなくなる事もありません。

自分で気がつかないダケかもしれませんが、加齢臭とかもないと思います。

f:id:waga186:20170403003907j:plain

更に裸眼で視力1.5を未だにキープしております!

それもこれも全て空手とキックボクシングをやってきたおかげです!楽しいからやっているだけで、健康になるぞというつもりもあまりありません。

なんか面白そうだな、楽しそうだなと思って続けているとこうした嬉しい効果が出てくるのですね。

もしも皆様も若返りたいのであれば、私は迷わず格闘技をお勧めします。

皆様はどう思いますか?