40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【格闘技術】ジャブの打ち方・コツ・ポイント① 初心者向け・空手・キックボクシング

今回はジャブの打ち方です。

パンチの中で基本中の基本とも言える、ジャブですが実に奥が深くて色々な工夫ができるパンチでもあります。

左を制する者は世界を制すにもあるように、左手を上手に使えると試合を優位に進められるのでしょう。

色んな高度なテクニックがあるようですが、私が今回書くのは基本的な使い方です。ご参考になれば幸いです。

f:id:waga186:20171108004511p:plain

ジャブと一言で言っても、いろいろな意識すべき点がございます。ざっと意識すべき点を書き出すと結構大変ですね。結局どの点を大事にすべきなのかを考えると以下のポイントが意識すべきかなと思います。

f:id:waga186:20171108004527p:plain

左は攻撃前のガードポジションですね。普通に構えている状態です。キックボクシングで言うともう少しグローブの位置は高いと思います。さて、ここからジャブを打ち出すわけです。私が意識したほうがいいかなという点を赤い丸印で囲ってみました。

 

1.左拳の位置 

まっすぐに伸ばした拳が相手の顔やらに届くか届かないかのギリギリの位置に打ち込みます。ジャブは必殺のパンチというよりかは、ペースを握るため、予防線だったり、相手の虚を突くための餌だったりと用途は多彩です。相手としては「嫌だな」「ウザったいな」と思わせる事が重要です。それで倒すとかではないのです。

また左拳の位置はガードポジションから攻撃後は、必ず元の位置に最短距離で戻します。出すのも最短、戻すのも最短。スピード重視で威力はあまり意識しないほうが結果的に良いと思います。

 

2.肩の位置

ジャブに限りませんが、基本的に肩を顔よりも前に出して、あごの部分にぴったりくっつくぐらいにしながらパンチを打ちます。肩をいれるとパンチが伸びます。右のストレートもそうですが、この肩をいれると入れないとで見た目にも実際のパンチの当たりやすさ等の面で、非常に重要な要素になります。ジャブはスピードを重視する必要があるので、この肩を入れるというのは距離を稼ぐという意味でも重要ですね。

 

3.膝の使い方

ジャブを打つときに、膝を前に出します。人によっては「膝を抜く」という言い方をします。子供のことにやられた膝カックンの感じでジャブを出す瞬間に膝を前に出します。面白いことに膝を動かさずに打つジャブと膝を抜きながら打つジャブでは、威力スピードとも全然違います。面白いくらいにスピードが上がり威力が増します。私が思うジャブの一番のポイントは肩とこの膝の使い方だと思います。慣れてくるとスピードを自在にコントロールできるので、面白いですよ。

 

4.足の踏み込み

伝統派の空手では、常に踏み込みながら突きを放ちますが、ジャブにおいても似たような使い方をします。ただしそんなに大げさに踏み込むわけではありません。なんなら踏み込むというよりかは、カカトを少し上げるぐらいでも良いのです。ジャブを放つ際の踏み込みは、要するにステップの延長です。ステップをしながら前に踏み込んだステップと同時にジャブを放ちます。当然ステップの分相手との距離は縮まるわけですから、少し離れたところからの攻撃に効果的です。ボクシングでは意外な程にこの踏み込みが重要だそうです。踏み込んで距離を詰めて打ち込んでから離れるというリズムが重要なのですね!ステップはとにかくリズムを作る上でも早く移動するためにも非常に重要です。ステップが上手になると色んな効果が出てきますので、是非ステップを向上させましょう!

 

とりあえずジャブを打つ際に気にしたい4つのポイントでした。でも、これをやったからとてはっきり言ってジャブは全然当たりません。なので、次回はジャブをヒットさせるためのポイントをご紹介します。

www.karatekagolf.com