40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【釣り】釣れない時の最終兵器!絶対に釣りたい時やはり生き餌を使う!

本日は湖に家族総出で釣りに来ました。狙うはブラックバス50cm級です!

f:id:waga186:20171007021602p:plain

釣りは基本朝が早いのですが、澄んだ空気と湖の雰囲気がまたいい感じですね。やはりここまで来るとテンションとやる気が上がります!

f:id:waga186:20171007021618p:plain

釣りなんて二の次で、ボート遊びとでも勘違いしているのでしょうか?妻や子供たちに今から釣りをするぞという覚悟が感じられません。それでは釣れません!!

私はこれまでの数々の惨敗(ボウズ)をこの日で晴らそうと最終兵器、秘密兵器を投入します。

ブラックバス釣におけるタブーとされるエサ釣りです。そう!私はワームやルアーではなく、古来から釣り餌の代表格「MIMIZU」を投入するのです。

f:id:waga186:20171007021637p:plain

とはいえ、実は私も30年ぶりにミミズを触る訳で、なかなか勇気がいります。試しに家族に聞いてみます。まぁ、予想通りのリアクションですね。

f:id:waga186:20171007021717p:plain

仕方ないのでやはり私が針に付けるしかありません。これも魚を釣るためやむを得ないのです!そこまでしてブラックバスを釣りたいというこの熱い思いをぶつけるのです!

とはいえ、気持ちわるいものは気持ちわるいのです。私が幼稚園ぐらいの頃は、釣りが楽しみでミミズとか余裕で付けていたような気もしますが、、、。勇気が必要です!

 

上記の通りで最終兵器とはつまり「ミミズ」です。ルアーを駆使して大物を狙うバラックバス釣りにおいては、よくやるメジャーな釣り方とはちょっと違います。

ですが!どうしても釣りたいんです!!子供たちに釣りの楽しさを知ってもらいたいのです!なので私は、「鋼の錬金術師」ばりに禁忌に挑むのです!

実に30年ぶりにぐらいに触ったミミズは当時と変わらず気持ち悪いの一言です!

なんだよこの生物!目はどこよ?口はどこよ?鼻はよ?いや、そもそも手と足はどうした?あげくにオスメスの区別がないという恐ろしい生き物です。

この時ちょうど季節は春の終わり。数が釣れると言われる時期ですので、ボウズとかマジ勘弁!という事で心を奮い立たせて私は、やや大きめの針にミミズを突き刺すのです。

 

①暴れるミミズを尻目に私はそのミミズ針に刺し、それを湖に投げ込むわけです。これが娘①の竿。

②続いてミミズをまた用意して、、これが娘②の竿。

③更にミミズを用意して、、、。これが妻の竿。

 

さて自分の分を用意するかとした時に娘が一言。「あれ?餌がない!」

①暴れるミミズを・・・・ 

②以降繰り返し。

 

こうして私自身は釣りをほぼ諦めます。

最近のブラックバス釣はボートがいいですよね!電動エレキと呼ばれるモーターを使い快適なボート遊びができるのです!

ちなみに船の大きさも大きい船ならば免許は要りません。エレキもバッテリーも船も全部レンタルできます。締めて6000円~10000円ぐらいです。

一度でもこの電動エレキを体験してしまうと、手漕ぎのボートでの釣りなんて絶対にやろうと思いません!楽さが全然違うのです!なんなら移動しているだけでも結構楽しめるんです!

結構通っている人はフットコンと呼ばれる足でコントロールするタイプのエレキを持ってきてますね。船だけレンタルする形ですね。これだと両手が空いている状態ので、コントロールできるのでより多くの釣果を見込めます!

さあ!自然を満喫できる釣りに出かけられてはいかがでしょうか?