40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【子育て】百円ショップのよくある光景 子供はこうして成長します。

百円ショップによく行きます。別に欲しいモノがたいしてなかったとしても、新たな発見やお役立ちグッズなんてのも見つかったりしますから、100円ショップをウロウロするだけで楽しいのです。

今日はそんな百円ショップでよくある一コマ。子供はこうして大きくなるのですね。

f:id:waga186:20171007021422p:plain

1歳か2歳ぐらいの小さな子供が母親に叱られております。どうやら買わないと約束したにも関わらず、おもちゃを発見してしまったようです。買ってもらえないと分かっていても持ってきてしまうのですね。それに対しお母さんブチ切れてるのも見かけます。

子供はこうして欲しくても手に入らないことを学びます。ですが、これはどうかと思うのです。何故ならそうして抑圧すると彼ら・彼女らは抜け道を探します。

f:id:waga186:20171007021444p:plain

 

うちの娘9歳と6歳はもはや私に買ってくれとすら言いません。睨みつけるようにこちらを見て、隙あらばカゴに忍び込ませようとするのです。素直に買ってくれと言われた方が買う気も湧くというものです。ですがこんなのでは私のように「絶対に買わない!!」と決意を強くする「北風と太陽」のようなことが今日もどこかの百円ショップでで繰り広げられのです!

 

私は百円ショップにはよく行くと思います。なんでも揃うし、すごい便利グッズが売っていたりするので、楽しいのですよね。その際に見かける光景。お母さんと小さな子供のやりとりは、ハラハラしながら見ております。

人間不思議なもので、ある一定の年を取ると他人様の子供でも1歳、2歳ぐらいの子供は無邪気で可愛いのですよ。そんな子供一生懸命見つけてきたおもちゃを買ってくれと親に頼むその姿は、オジさんもう見てられません!!母親は頭ごなしに叱りつけるいつものパターンですね。この辺女性はしっかりしていると思います。

 

そもそも百円ショップのおもちゃなんて、それはなんだ?というものが結構多いのです。上記イラストはプラスチック製の蛇のおもちゃ。確かにお母さんの言うとおりに一体何に使うのか?不明です。「なぜ敢えてそれを選んだ!?」と確かに言いたくもなります。

でも、子供にとっては大事なものなんです。一生懸命お願いして買ってもらいたいのに、説得するだけの言葉覚えてないし、買ってほしい思いと叱られてしまうという思いが交錯するのが、少し離れたところから見ている私にもひしひしと伝わります。

もう正直言って、「おじさん買ってあげようか!!」「お母さんいいじゃないですか、たかが100円ぐらい!!私だしますから!!」と飛び出して、つい言いたくもなってしまいます。

皆さんはこんな思いしておりませんか?

 

一方で我が子にこれをやられると「ふざけんな!!」と思ってしまうんですよね。そもそも買ってほしいと笑顔で頼まれれば、お父さん100円や200円ぐらい娘のために惜しいとは思いません!!

ところが、どうせ買ってくれないのでしょ!?そうだ!だったらカゴに入れちゃえばいいんだ!!みたいなせこい真似をするから、よりダメなんだと思うのです。

折り紙とか腐るほど持ってるだろうよ!!と言いたくもなりますし、下の娘に至っては、「ママにプレゼントする!」と言ってルンルンで花を選んで、あげくに「パパ、これ買って!」とか抜かすわけです。

それ俺の金だろうが!!パパからのプレゼントじゃねーか!と思わず言いたくもなります!意味がわかりません。

 

そんな訳で今日もまたどこかで、百円ショップを取り巻く子供と親との駆け引きが行われているのでしょう。こうして子供たちは少しずつ成長するのだと思います。そんな百円ショップが大好きです!

 

楽天のモーションバナー