40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【旅行】福井県の恐竜博物館へ行く!沢山の恐竜の化石や模型が展示されてます。

普段生活する上で恐竜とかあまり関心のない方もいらっしゃると思います。ですが、我々は子供の頃、恐竜が実際に大昔に存在し地球の覇者であったことを知っています。

その太古のロマンに我々は憧れたのではないでしょうか。本当にいたんです!

 

本日は日本で恐らく一番有名な恐竜の展示施設、福井県の恐竜博物館をご紹介します。

www.dinosaur.pref.fukui.jp

f:id:waga186:20170923104403j:plain

これは入口ですね。なんとなく近代的な作りですね。

 

実はこの恐竜博物館も有名ですが、この周りがまた結構大きな公園のようになっているようで、色々と遊べたりするらしいです。結構こっちをメインに来る人も多いようです。

f:id:waga186:20170923104450j:plain

下に降りてくると、リアルなティラノサウルスが出迎えてくれます。

f:id:waga186:20170923104509j:plain

しかも動きます。吠えます。これが現実にいたら嫌ですね。怖いですね。でかいです。

f:id:waga186:20170923104529j:plain

展示物はたくさんあって簡単に見て回る事は出来ません。こんな大きな恐竜の化石もたくさんあるのです。中は相当広いのですが、こういった化石などが所狭しと並べられています。一つ一つが大きいので迫力があります。

f:id:waga186:20170923104552j:plain

メインのエリアには主に化石と実物大の模型が並びます。

f:id:waga186:20170923104615j:plain

グルーっと回りながら2階へ上がっていく仕組みです。結構混んでいましたが、広いのと結構な数の展示物のおかげでそれほど苦痛とかは感じません。

f:id:waga186:20170923104636j:plain

模型もリアルなでかい模型がたくさんあります。中には動くものもあるので、リアルな恐竜像を垣間見ることができるのです。草食系の恐竜といえども大きさにビビりますね。

f:id:waga186:20170923104658j:plain

メインの展示会場となるエリアですね。結構広いのでここだけ見てるだけでも相当時間がかかるのです。

f:id:waga186:20170923104723j:plain

メインのエリアは上から見押すとその恐竜の大きさがわかります。でかい恐竜はでかいのですね。

f:id:waga186:20170923104744j:plain

ウミガメの化石ですかね。これもでかい。というか、これが海を泳いでいたら怖いです。浦島太郎が乗って龍宮城にいった亀もこれならありえる大きさです。怖いですがね。

f:id:waga186:20170923104805j:plain

海の動物系はそもそも鯨を筆頭に、現在でも巨大な生物がたくさんいますね。ネス湖のネッシーとか嘘だという事ですが、夢がありますよね。本当はいるんじゃないかななんて思ったりも、、、。

f:id:waga186:20170923104832j:plain

マンモス系の化石ですね。でかいです。よく原始人の漫画とかでマンモスがいるとそれを倒して食料にするというシーンが出てきますが、強そうですね。なかなか当時の人たちも大変だったでしょうね。

f:id:waga186:20170923104852j:plain

これはなんだろう、、、。ヘラジカなのでしょうか。鹿がでかいのと角がでかいです。現在でもユーチューブとか見ると巨大生物でヘラジカ見ると怖いですからね。

f:id:waga186:20170923104922j:plain

これが人間の祖先。アウストラロピテクスだかピテカントロプス的な化石だそうです。

f:id:waga186:20170923104945j:plain

これは人間の形に大分近づいてきた祖先ですかね?という事は、呪われたりするのかな?という事が気になります。なにせ人間ですからね。と言いたいところですが、一部で言われている幽霊500年説という死後500年後には幽霊としても寿命を迎えるという考え方でいうなら、この人はとっくに幽霊の寿命も終えているでしょうから、呪われるという事はないと思います。だから安心して見てください。

f:id:waga186:20170923105025j:plain

卵の化石ですね。もはや燻製状態です。

f:id:waga186:20170923105048j:plain

こういうのを発見した人は、驚きと興奮を隠せないでしょうね!ちなみになんなのかは不明です。覚えてません。

f:id:waga186:20170923105114j:plain

これもまた卵の化石ですね。これ私だったら、ただの石ころだと思って気づくことすらできないような気がします。

f:id:waga186:20170923105132j:plain

ミニ恐竜ですね。いや、そもそも恐竜なのだろうか?疑問が残ります。

f:id:waga186:20170923105154j:plain

このように化石に応じた解説が詳しく書かれています。ですが、これを読み出すと本当に時間がかかります。ちゃんと見ると1日では10%ぐらいしか見れないのではないでしょうか?

f:id:waga186:20170923105219j:plain

こんな恐竜もおります。夏休み映画「ドラえもん のび太と恐竜王国の謎」とかそんな映画があったら出てきそうですね。こんな恐竜。

f:id:waga186:20170923105445j:plain

見てください。下の名称を書くプレートには「トカゲ(?)」となっています。専門家ですらこれがなんなのかわからない訳ですよ。といいますか、こんなの絶対気づけない!よく気がつきましたねとしか言えないですね。

 

そんな感じで福井にある恐竜博物館のご紹介でした。思いのほか広いのと展示物がたくさんあるので、恐竜好きにはたまらない施設ですね。雪深くなる冬の時期は車の運転が怖いですが、それ以外の季節なら永平寺と割と距離が近いので、旅行先に見て回るのも良いのではないでしょうか。

尚この施設が都内とかにあったら、凄まじい混雑だろうなと思いました。化石が発掘されたという福井だからこその施設な気がします。

 

S.H.モンスターアーツ ゴジラ (2016)(再販)[バンダイ]《01月予約》

価格:9,950円
(2017/9/23 11:30時点)
感想(0件)