40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

空手ダイエット 目指すは10キロ減! 2017/3/2 ホワイトベース危機一発

本日の体重70.4kg BMI 24.6 体脂肪率18.4%

 

f:id:waga186:20170112003306p:plain

 

体重が増えちゃってますね。三日連続でジムに行ったにも関わらず、体重が増えちゃってるんです。ちなみに昨日は69.7kgぐらいだったので、1kgぐらい増えてますね。

 

さて、なぜ増えてしまったのか反省をしたいと思います。何故体重が増えたのか?いや増えざるを得なかったのかを考えなくてはいけません。

そもそも本日は、ジムに行きまして右手を怪我している私は、サンドバッグを殴れないし、ミット打ちも対人練習も激しくはできません。

で、ふと見ると総合のクラスが始まるとの事。おお!!どうせ右手が使えないわけだし、一度やってみたかった総合のクラスに参加しよう!!と思ったのがそもそもの始まりです。

 

やってみて分かったのですが、総合格闘技というのは、非常に過酷です。一言で言うと、同じ人間なのにここまで何もできないものなのかと思いました。

私とて、ジムに通って半年近く立ちます。結構鍛えてきたのですが、歯が立たないとは正にこの事。ボロボロにされて家路に着く羽目になったのです。

尚、このジムでの練習後に体重を測ったら、最近では新記録の69.3kgでした。

ジムを出たのが、22時30分、自宅の最寄り駅に着いたのが、24:00頃です。

 

さて、ここからどうして70.4kgと1kgも増えてしまったのかを説明するのですが、普通の文章だと説明がしにくいので、ガンダム風にお伝えします。

 

 

 

 

宇宙世紀OOX年連邦軍と皇国軍との間の戦争は、いよいよ佳境を迎えつつあったのだ。激しい戦闘に巻き込まれたホワイトベースは、その機体に大きな損害を受けながらなんとか戦線より一時離脱していた。

 

兵士A「艦長!艦長!機体の損害状況を確認していますが、各器官と連絡が取れません!」

艦長「急いで全器官の情報を集めろ!いつ敵襲があるかわらからないぞ!総員スタンバっておけ!」

兵士AB「了解!」

 

兵士A「通信が回復しました!」

艦長「各器官!損害状況を報告しろ!」

右足「艦長!右足です。太もも周辺に軽微な損害!歩行に支障はありません!」

左足「左足から報告!太もも周辺は軽微な損害、ただし股関節付近に甚大な被害があり、通常歩行が難しい状況!」

艦長「了解した!急ぎ修復作業に入れ!」

 

左腕「左腕から報告!左腕は全体的にだるさあり!特に左腕の付け根部分に極端な痛みが認められます!修復作業に入ります。」

右腕「艦長!!艦長!大変です!右腕全体的なだるさと手首に衝撃的な痛みが発生しています!!現時点で被害甚大!進行中です!まずい!!逃げろ!!うわー!」

艦長「右腕!!応答しろ!!おい!右腕!!!」

右腕「・・・・・・。」

艦長「っち!!」

 

艦長「他の器官はどうした?大胸筋は?」

大胸筋「・・・・。か、、、艦長、、、大胸筋部分、、被害甚大!強烈な、痛みが、、、急ぎ、、救助要請を、、しま、、す。このままでは、、、ぜん、、、め、、つ、、、。」

艦長「おい!!大胸筋!しっかりしろ!!おい!!、、、っ!!」

 

艦長「そうだ!!心臓と肺はどうだ!!報告しろ」

心臓「こちら心臓!こちらはダメージはない!安心しな!!」

肺「ちときついが、なーにこの程度!!どうってことはない!それよりさっきから背中周りが騒がしいのだが!?どうなってる?」

 

艦長「広背筋報告しろ!」

広背筋「こちら広背筋、俺もこの船に乗って長いが、これだけの痛みを感じるのは久しぶりだ。そしてガチガチになっちまってるな。これは明日が恐ろしいぜ。」

艦長「・・・・。了解した。覚悟はしている!」

 

艦長「それはそうと腹筋はどうした?腹筋報告しろ!」

腹筋「腹筋は割と平気だよ。だがな、、、、艦長。腰が、、、。」

艦長「腰がどうした?」

腹筋「いねーんだよ。誰もいねーんだよ!!昨日一緒に酒を飲んだアイツ等が、、誰もいねーんだよ!!(涙声)」

艦長「なんだと!?おい!腰!応答しろ!!腰!!!」

腰「・・・・・・・・・・・・。」

腹筋「無駄だよ、、、。もう、、皆逝っちまった、、、。」

艦長「・・・・。」

 

艦長「脳。集まった状況を元に、回復行動に入りたい。このままではこの船は堕ちる。どうしたらいい?」

脳「全体被害係数は35%です。このまま航行は、後数時間が限界です。特に腰と胸筋のダメージが甚大です。放置すると大変なことになります。」

艦長「だから!!どうしたらいいと聞いている!!」

脳「・・・大変言いにくいのですが、基本の回復行動は睡眠ですが、それだけでは到底足りません。これから言うことをよく考えて判断なさってください。この船を救うためには、もはや動物性タンパク質を多く取るより他ありません。」

艦長「なんだって!!?ふざけるな!!もう夜の12時を回っている!!そんなのは無理だ!!どれだけのリスクだとわかっているのか!!」

脳「非常事態です。このままではこの船は堕ちるんですよ!!私だってこんな判断はしたくはなかった!!わかってください!」

艦長「・・・・。い、、、胃と腸に、、、繋げてくれ。」

 

胃「艦長、、、事情は分かりました。非常事態です。命令を受け入れます。」

艦長「この時間だが、やはり消化活動は必要だ。」

胃「心中お察しします。」

腸「ヒャッハー!!この時間に動物性とは、思い切ったな!!肉だ肉をよこせー!!たっぷり吸い込んでやるぜ!!そうしなきゃ回復できねーんだろ!!」

胃「腸!!貴様!!!この非常時に!!!」

腸「おおーーと!!胃さんよ!!口ではそんなこと言ってるけど、本当は嬉しんじゃないの?この時間にどばーっと食物が来るんだからさ!!嬉しいだろ!!無理すんなって!!」

胃「ふざけるな貴様!!艦長がどんな思いで決断したと思っている!!」

腸「はん!綺麗事はたくさんだ!!もう俺が吸収しなけりゃこの船は沈む!お前らの運命は俺次第ってことだ!わははは!」

艦長「もういい!!もういい、、。わかったから腸、あとは頼む!!」

腸「へ!わかったぜ。さあ、胃の旦那!!ぱーっとやろうぜ!!この船の救世主だぜ!!へへへへ!!あははははは!!」

 

こうしてこの船は、急遽深夜12時を回っているにかかわらず、牛丼屋に入らざるを得なくなってしまったのだった。

 

まぁ、近所にあるのがすき家なので、すき屋に入るのですが、最近はこのしじみ汁が期間限定で販売されています。別に二日酔いというわけじゃないですが、体に良いかもということで、これを頼みます!!セット料金490円!!

更に水をガバガバと飲んでしまったのは事実です。これは反省しなきゃならないですね。

でもね、本当に少しでも回復するには食事に頼るのはありだと思うのです!サプリメントや医薬品に頼るのよくわからないので、まずは馴染みの食事で回復を目指します!


f:id:waga186:20170303010425j:image

 

 深夜に牛丼食べるのは、非常に久しぶりです!!これはこれでなかなか美味しいです!肉を食べることで体の回復を図る!!強い体を作るためには必要な行為です!!多分ね。

 

後悔などあるはずもありません!!問題は明日、いや明後日に来るであろう筋肉の痛みが憂鬱ですね。