40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

音楽を忘れてしまった大人達へ。「岡崎体育」を知るべきだ!

f:id:waga186:20170219235736j:plain

皆さんはこの男性をご存知だろうか?

 

このブログを訪れてくれる紳士淑女の皆さんは、年齢的にそれなりに上だと思いますので、おそらくご存知ないかと思います。

 

この男性はミュージシャンでその名も「岡崎体育」さんです。

本日はこのミュージシャンについて皆さんにお知らせしたいと思います。

皆さんは最近音楽を聴いていますか?いつまでたっても安室ちゃんですか?いつまでたってもミスチルですか?それはそれでいいのですが、最近の音楽を聴かないのは人生を損していると思うのです。

 

そんな私がご紹介したいのがこの岡崎さんです。

どこから説明したらいいか分からない程、特徴的なミュージシャンです。

 

一言で言うならば、本人はテクノミュージックと言っていますが、私から言わせてもらえば「ロックンローラー」です。

ロックのカリスマ内田裕也がとある事件での「ロックンロールに免じて許して欲しい。」と言ったのをテレビで見た私は衝撃を受けたものです。そんなロックな魂を感じます。

 

最初に誤解の無いようにお伝えしますが、彼の歌声は素晴らしい。実に男前な歌声なんです。さらに彼の作る楽曲も同様に素晴らしいのです!これが大前提!!

昨今流行りの色物ミュージシャンとは全く違います!音楽だけで十分勝負できる実力を兼ね備えている人なんです。

 

さて、下記に彼の魅力を書いていきますが、一見するとディスってんの?っていう感じに見えてしまうかもしれませんが、全て「いい意味で」という枕詞が付きます。

私は好きなミュージシャンのトップ5にくい込むレベルです。あとちょっとネタバレ(歌なのに)があるので、気にする方は読まない方が良いです。

 

 

以下 岡崎体育の魅力

・歌声が素晴らしい!見た目はあまり癒されないのですが、歌声が何だか心地いい。歌声が男前です。

 

・音楽が素晴らしい!いや紅白に出てもおかしくないレベル!私が初めてMAN WITH A Missionを聴いた時と同じぐらいの衝撃を受けました。

 

・全方位に対してケンカを売るかのようなロック魂を感じる!

 彼のアルバムの中にMUSICVIDEOという楽曲があるのですが、要するにミュージックビデオに出てくる女の子のパターンを歌にしているのですが、ああ、そう言われてみれば!と思わず笑っちゃうような感じですね。馬鹿にしているような、羨ましいような感じが出ていて私は好きです。

 

 さらにExplainという歌もなかなか良いです。歌の自体の説明をするという歌なんです。その中に「メジャーなバンドでよくやるアイディア」とかそんな言い回しが出てきます。このあたりもロックな感じがします。

 さらにこの歌の中に、実は口パクだったというフレーズがあるのですが、謝罪とか言い訳とかではなくて、「便利!」と悪びれもせず言い切ってます。ロックでしょ。

 

・解読ができない歌がある。

歌の中に、正直言って私では意味のわからない歌があったりします。でもその歌にはきっと何か仕掛けのようなものがあって、分かる人にはわかるという仕組みになっている気がします。探ってみると面白いです。

 

・なかなかのクズっぷり

FRIENDSという曲の中に、友達や仲間が欲しかったという歌があります。そして腹話術みたいな感じで歌が進んでていくのですが、最終的に金が大事で、友達よりもカネを取る感じで落ち着きます。いや、私は好きですよ。こんな感じの歌。

後この歌の不思議な魅力がひとつあって、岡崎体育とてっくんだか、テツ君だかという腹話術みたいな声の人が出てくるのですが、最初このてっくんとか言う人の声が「ムカつく声だな」と思っていたのですが、最終的には2人とも「ムカつく声」に感じます。このあたりも素晴らしい!!才能ってのはこういうのを言うのだと思います。

 

・たまにいい奴みたいな感じになる。

家族構成という歌の中に、家族の温もりについて歌ってます。途中所々でよくわからない表現もあるものの、こいつ実はいい奴なんじゃ、、、という思いもします。

珍しく、ライブを見に行きたいなと思うアーティストです。

 

・出てくる地域がまた良い

エクレアという歌の中で、大久保のファミマでエクレア買ってきてという歌詞が出てきます。いいですね。東京の大久保という地域だと思いますが、嘘か本当か歌舞伎町の客引きが、「大久保は危ないよ」という嘘くさいことを言うような地域ですよ。そんなところに住んでんのかよ!という思わず言いたくなりますね。

これがやれ三軒茶屋とか世田谷だとか、赤坂、お決まりの渋谷、新宿、池袋とか言われると「もういいよ」って言いたくもなりますよ。それが大久保ですからね!興味が沸いてきますよね。

 

・曲の構成が独特

ちなみに彼の曲は実に素晴らしいです。聞いていていい感じなんです。にも関わらず、2番あたりで全然違う曲調に変わるんです。いや、そのままでも十分いいのに!!と思わず言いたくなるのに、それが岡崎体育のスタイルなのでしょう!

 

 

彼の魅力を書いてきましたが、もしも岡崎体育をラーメンに例えるのであれば、油そばみたいなものなのではないでしょうか。ラーメンに分類されるのに知名度は低く、美味しいのに多くの人が気づかない。気づいた人のみが楽しむ嗜好品なのではないでしょうか。ラーメンはただ美味しいだけでは、売れないそうです。「クセ」があるから皆夢中になるのだそうです。そんなクセだらけのミュージシャンだから夢中になるんです!

 

美しい音楽と美しい歌詞と美しい歌い手は、そりゃあいいでしょうけど、「それだけじゃお腹がすくわ!」という訳です。

 

ちなみに私は岡崎さんのCDを借りた時、他のアーティストも含め10枚借りたのですが、最終的に生き残ったのは、岡崎さんと20年以上前のドラクエ1.2のサントラだけです。

 

特に最悪だったのは、結構話題になった人(グループで紅白出た)のアルバムを借りてみたのですが、全曲おなじ様な曲ばかりで、全く聞く気になれませんでした。ブームに乗って売れたのでしょうけど、本当に借りる価値のない歌ってあるんだなーって改めて思いました。

 

でも、その中で岡崎体育を発見できたのですから、全然よしとしましょう!是非最近の歌手なんて知らんわ!と毛嫌いするのではなく聞いてみてはいかがでしょう?

 

おすすめします。