読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

疲労とトレーニングの関係 仕事で疲れた帰り道ジムに行こうか迷う。

ずいぶん前に書いた記事ですが、ブログを引っ越したので再投稿です。

 

308153.jpg

 

これは私の人生がずーっとそうだったのですが、期待すると裏切られ、打ちのめされると救われるというのを繰り返しました。

 

簡単な例で言うと、ゲームソフトを楽しみにプレイすると、大概クソゲーの部類だったり、、、。

 

釣りに行くぞと準備して、出掛けたら寒い、釣れない、雨が降ってきたとか、楽しみにしていると大概ロクなことになりませんでした。

 

逆もよくあります。嫌だなーと思っている事や辛いなーと思っている事が実は大したことがなかったり、そんなこともございます。

 

仕事がハードな日や、疲労が溜まったなぁ、、、と感じるような平日の夕方。

 

仕事を早めに切り上げて、家路に着きます。さて、会社を出て駅に向かう途中、ジムに行くかどうかを考えます。

 

仕事で疲れております。ジムワークは疲労を伴うので、これ以上疲れたらどうなっちゃうんだろう?と思うのです。

 

疲れがたまりすぎると病気になったり、するかもしれませんし、、、。

社会人として仕事が大事で、ジムワークのせいで仕事に行けないとか絶対にあってはいけない訳です。

 

どうしようかなーと迷います。仕事は突然残業しなきゃならなかったり、新宿以外で終わったり、飲み会になったりと週のうちで数日はそもそもジムに行けない訳です。

 

ジムに行く事は楽しいので、それい自体は全然問題ありません。問題はやはり疲労に伴う病気や怪我という2次的な状況ですね。だから軽くやろう!!と心に決めてジムに向かいます。

 

大概軽く練習しようとジムに行っても、先生によって練習メニューが変わるので、軽いかどうかはやってみるまで分かりません。

ですがジムに行ったその帰り道。いつも思うのですが、今日は来てよかった!!楽しかった!!と思うのです。

 

そして翌日に疲労が貯まる訳でもなく、いつもどおりです。結局、、、、。

 

不思議に思うのですが、仕事の疲労は体に良くない!トレーニングの疲労は体にOK!同じく体に負担を掛けているのに、評価が正反対なんですよね。

 

そしてこれ不思議と確かにトレーニングした次の日は、ハードワークでなければ実に気分爽快です。仕事もバリバリこなせます。

飲み会続きの朝と比べると全然違います。

 

同じ疲労でも質が違うと、次の日の影響も違うようです!!

 

ジムに通っている人なら何となく行っている意味が分かると思いますが、如何でしょうか?

 

年も年なのであまり無理せず長ーく続けたいですね。

 

 

そんな疲労回復したい貴方におすすめ!

 

↑いろんなグッズが売ってるんですねぇ。