40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

限界と挑戦と現実!空手でもう一度青春を!

年齢と限界についてです。

 

351305.jpg

 

今の世の中、人生は80年と言われます。60歳で定年退職というのは、もはや昔の話になりつつあります。

プロ野球では、イチローや上原が40過ぎてもまだまだやれそうですし、山本昌さんなんて50ぐらいまで現役でしたし、サッカーではキングカズが現役、スキージャンプの葛西さんとか、40超えて尚活躍する人は多くいます。

一方で一流選手ではない大半のスポーツ選手の選手寿命は実はかなり短く、Jリーガーは20代半ば、プロ野球選手も20代後半で大体引退しているそうです。

 

人生と寿命は伸びたのかもしれませんが、身体能力的にはやはり20代から徐々に低下していくのは、仕方がない事なのでしょう。さて、最近思うのですが、よくテレビで美魔女とかやってるじゃないですか。あれはあれで確かに凄いなとは思いますが、恐らく努力なしにああはならないと思います。でも逆に言えば、努力と条件が整えば、美魔女になれるのかもしれません。

 

私は今40歳になりますが、完全に肉体的には下り坂の年齢です。ですが、何もしなければ単に老いるのみです。ずーっと昔から格闘技や武道をやっていた人たちは当時の貯金があるので、結構素早く動けたりとできるようです。一方で私のように40前から空手を始めてみると、まぁ、体がついてこない。そりゃ40年近く足を上げることなんて殆どしなかった訳ですから、それは大変な体への負担だと思います。ただし!!これを1年2年続けてみるとどうでしょうか?少しずつですが、体が慣れてくるのですね。それこそ子供のように吸収が早いという事はないと思います。

 

ですが、この年だからこそ、楽しくやれるのです!小学生とかだったら、他に楽しいことや悩みとか色々あると思いますが、この年になると単に頑張れるというか、自分の人生を見直すような、そんな風に感じるのです。

人生は80年であるならば、私はちょうど折り返しです。体力的には徐々に低下になるのです。ですが、今まさに踏ん張りどころじゃないでしょうか。基本的に人間は細胞の集まりです。カラダを動かせば細胞は新しい細胞に生まれ変わるわけで、年を取るとこの細胞が生まれ変わりにくくなるようです。赤ちゃんが新陳代謝がすごいように、それこそ無理やり新陳代謝をさせる事でカラダを維持しようという感じですかね?

 

特に空手やキックボクシングは、やろうと思うと中々大変な部類のスポーツだと思います。ある意味痛いし、体力的にもキツいし。でも、まるで子供の頃にちょっとしたドッジボールや鬼ごっこのように夢中になって遊んでた、あの感じによく似ているんです。だから楽しい、そんなには辛くない。仕事やら取り巻く環境やら辛いことなんてもっとすごいのが沢山あるじゃないですか。それに比べれば息が苦しいとか、やれスネが痛いとか、とてつもなく小さなことなのではないかと思います。

 

私は今自分で、果たしてどこまで出来るのかな?という探検しているような気分になって限界を探している感じです。ああ、これ以上は上手くならないなと思えたら、じゃあやめるかとかなるかもしれませんが、、、、。

空手にしろキックボクシングにしろそんなに簡単に分かるほど浅いものではなさそうです。更に頭を使います!!でも頭を使っても体がついてこなけりゃ意味がない!!肉体的に限界を迎えてもなおその限界を突破できるように挑戦し続ける事が楽しいんです!!

 

40手前で始めた空手とキックボクシングは、私にとっては2回目の青春時代の到来とでも言えますね!!まぁ、1回目が大して楽しい青春時代ではなかったから、今回の青春は謳歌したいと思います!!

 

 

そんな若返りたいあなたにおすすめ!!

 

↑ 私は信じませんけどね、、、。