読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

先生との組手 空手の成長と気合と自信 サラリーマン空手道

2016年11月の記事ですが、ブログを引っ越したので再投稿します。

 

 

 

480789.jpg

 

先日久々に先生と組手をする機会がありました。普段師範である先生は、私の通っている時間にはおりません。久々に夜の時間の稽古に参加したら、先生が指導する日だったようです。

 

さて稽古も終盤に入りますと、組手の準備に取り掛かります。さて自由組手の時間です。

ストップなしで1分間自由組手を行います。ふと見ると先生が拳サポーターを持っているではありあせんか?あれ?参加するのかなと思っていたら、やはり参加するようです。ちなみにその日は大人は3人。先生を入れても4人。我々は黒帯&中学生と一緒に組手をします。全体で10名ほどでしょうか。

1分の組手は最初はいいのですが、続けているとはっきり言って長いです。長いので、最初から飛ばさないように、組手を行います。中学生はもはや大人と同じぐらいの背丈がありますので、油断なりません。

そんな組手が終わらない。普通の日であれば、5回程度やると終わるのですが、何故だか終わらない。

ぐるぐると回って、最後の最後で先生と当たりました。ちなみに先生もまさかそんなに長くやるつもりはなかったらしく、汗だくで時間を図っている奥さん(こちらも先生)に「あと何回?もういいよ!!」と言っているのですが、奥さんは聞こえないらしく、組手は続きます。

 

で、最後ついに私が先生と当たる番になりました。もう長いこと組手をしているので、これが最後ということになりました。最後となればこちらも全力で行けます。さあ、久々に先生との勝負です!!

組手開始の合図と共に、先生が構えると同時に一気に間合いを詰めてきます。とほぼ同時に、スパン!!と顔面を打たれました!

早い!!!!ていうかマジじゃん!以前組手をしたときは、全然あしらう程度だったのですが、今回はかなり本気モードです!!

これで、私も全力で行かないと失礼だと改めて再認識!!ステップを細かく体制を低く、全力で向かい打ちます!!

ところが先生の動きが早い!!

 

ガンダムで言うところのシャア専用ザクを見かけてしまった様な、絶望感すら感じます。

ランバ・ラルの「ザクとは違うのだよ!!ザクとは!!」と言われている気分です。

先生の容赦のない攻撃が続きます。ですが、こちらも負けるわけにはいきません、キック仕込みの前蹴りで隙を作って、こちらも容赦なく顔面に打ち込みます(※打ち抜かないですよ)。が、あっさりと防御されてカウンター!!これまた顔面に喰らいます。

 

少し距離を取ってから、連続技を仕掛けます。こちらも必死です。恐らく先生は私がシンプルな技しか仕掛けてこないと踏んでいるはず、そこの裏をかきます。まずはワンツー・ワンツー要するに4発。1、2、3発は捨てパンチで、最後の4発目が本命です。間合いを詰めた後、小さく1,2,3の後に、4発目を最大のスピードで出します!!

 

あ、、、。と思ったら、あっさりとかわされ私の右こぶしは先生の顔の横にあり、私の体制は、完全に死に体になってしまっています。あっという間に、顔面につきを入れられます。

と、ここで先生が私に足払いを掛けてきました。ここで先生は油断をしました。

足払いは確かに慣れていないのですが、かなり手加減した足払いだったのです。これなら体制は崩されない!!そう踏んだ私は逆にその足に対して足払いを掛け返します。

その時、先生の体が少し傾いたのを見逃しませんでした!!そのまま逆突きを素早く叩き込みます!

感触はありましたが、当たったかどうかはわかりません。が、追い詰めたことは確か!!

 

とこのあたりで時間終了。10試合目ぐらいでバテバテでしたが、最後という事と、先生という事で全力で勝負することができました。ポイントとか関係なしに、先生に少しだけ本気を出させた事は自信になります。

終わった後に改めて感じましたね。ボコボコにされちゃいましたが、コレですよコレ!!この駆け引きとこのスリル、そしてこの真剣勝負がしたかった!!!久々に充実した練習でした。