読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

空手の黒帯 私にとっての黒帯の意味

※この記事は2016年10月の記事ですが、引っ越したので再投稿です。

 

先日は空手の昇級試験でした。

 

480789.jpg

 

今の私はそれほど昇級したいという気にはなれません。空手を始めた当時はやはり黒帯に対する憧れというかかっこいいなーと思いはありました。実際に道場に通いだすものの、基本子供達相手の空手教室で大人クラスがあるわけでもなく、好きでやっている大人が数名いる程度です。当然周りの子供達よりも動画を見たり、身体能力的には大人なんでそれなりにありますので、一緒に練習する中では基本飛び級します。

 

このまま行けば10級から始まって、7級、5級、そして今は3級です。このまま行けば来年の今頃は黒帯になっているかもしれません。でも、当時思っていた黒帯に対する憧れは、今の自分にはまだまだ早いと思うようになったのです。

空手を始めて1年半。空手の練習は毎週の空手道場と、隔週の会社の空手部の練習。そしてキックボクシングです。最近つくづく思うのは、自分はまだ黒帯の器じゃないと思うのです。伝統派の空手では、黒帯になることが初めてスタート地点に立てるという意味で、そこからがようやく空手の修行になるということだそうです。

 

一方フルコンタクト空手の先輩が言うには、黒帯になること自体が極めて難しく昇級試験を受ければ受かるというものではありません。いくらやる気があったとしても、黒帯になれない人も多くいるそうです。

一方今わたしが通っている道場でこのまま続ければ、おそらく黒帯にはなれるでしょう。でも実力が伴っているのか?という点は甚だ疑問です。キックのジムで半年の間、毎日のように通うサラリーマンに出会いました。彼と一緒に練習していると1年半の空手の経験などあってないようなもので、もし彼とキックのスパーリングをしたら普通に負けると思います。

 

私は好きで空手をしており、キックのジムに通っていのも空手のためです。なので空手の黒帯がボクシング歴半年の人に負けるなんて事があってはならないと思います。だから私は今はまだ黒帯の器じゃないと思うのです。キックのジムに空手出身の先生がおります。フルコン空手出身の方ですが、毎日のようにとんでもない追い込み方をしております。あそこまでとは言わないですが、ほかから見ても納得だねというレベルになって黒帯になりたいと思うのですよね。

 

空手道は武道ですので、単にスポーツとも違うし格闘技とも違います。考え方や精神など必要ないという人もいるかもしれませんが、私はこの考え方が非常に気に入っています。空手の形は防御から始まります。先制攻撃ではないのです。でもボクシングや格闘技はいかに先手をとるのかが大事です。こんなところも違うのですね。皆さんは黒帯にどんな思いと重みを感じますか?