40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

礼に始まり礼に終わる。空手を習うと礼儀正しくなる?

親子空手をしていると、武道を習わせる事で礼儀正しく育ってほしいという親御さんがいらっしゃいます。というか私もそんなふうに思っておりました。

 

480789.jpg

 

実際に礼に始まり礼に終わるというように、礼節を重んじる諸作法が存在し、確かに礼儀を重視しているように思います。

 

先日大きい声で挨拶ができなかった子供に対し、先生は何度もやり直しをさせます。それは相手が幼稚園児であっても終わるまで先に進みません。小さい子もいるので練習時は親も一緒の体育館にいたりするのですが、先生曰く「空手を習っていると礼儀が身について、挨拶がしっかりできるようになるというのは、間違えです。挨拶がしっかり出来て初めて空手を学ぶ資格がある。だから挨拶ができないなら、空手を教えることはできないから帰りなさい」とおっしゃいました。

 

これは子供に向けて話しているようで、実際には親に対しても話しているのだと思います。この発想が私にはなかったので、なるほどなと思いました。子どもの教育は学校というよりも家庭での教育が大事だと思います。親が教育熱心である場合の子供の成長はやはり大きく違うらしいです。でも子供は親の思い通りには育ってくれないし、彼らには彼らの人生を歩んでいる訳で、手助けはできるかもしれませんが、それ以上はできないように思います。

何事も他人任せはダメですよという事でしょうか。そういえば最近、娘は少しだけ大きい声で話せるようになってきた気がします。