カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等全くの未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

キックボクシングのジムや空手道場に通うペースは?社会人でどこまでやるの?

私の通っているキックのジムは、基本的に通い放題です。

貧乏性とでも言うのでしょうか、ジムにせっかく何度も行けるのだから、行かなきゃ損とばかりに通いまくっております。で、通っているとだんだん分かってくることもございます。今回は空手の道場やキックボクシングのジムに通うそのペースについて書いていきたいと思います。

f:id:waga186:20180115010549p:plain

まずは前提です。空手で食べていくわけでもなく、プロの空手家・キックボクサーを目指す訳でもない。あくまで趣味やダイエットが目的の普通の練習生・ジム会員を前提としています。ではこういった人たちのジムに通うペースはどれぐらいが良いのでしょうか?

 

タイプ別に分けてみたいと思います。

タイプ別トレーニングのペースについて

①プロでも目指すのか?最強を追い求める人パターン

f:id:waga186:20171122012029p:plain

キックボクシングジムに通っていると、希に社会人なのにほぼ毎日いるような人がいます。選手思考の強い元プロボクサーとかもいますが、そうじゃなくて大人から始めたら思いっきりハマっちゃいました!というタイプの人です。アマチュアの試合にも積極的に参加している傾向が強いです。場合によってはプロを目指している場合もあり。

通う回数:週に最低4回、5回以上通います。場合によっては週7回、、。

思考:最強を目指す。試合重視。大会重視。

特徴:対人練習(スパーリング、人との受け返し)や空手なら組手を好む、とりあえずジムにいる。一人で練習している場合は黙々と行う。ジムに行かないと不安になる。自分より強い・強そうな人をチラチラ見てる。鏡の前で何か呟いてる。妙なところにこだわりが有るらしい。取り敢えずジムにいる。妙にストイック。練習中のテンションが高い。十分できていると思うが、やたらトレーナーや上級者にアドバイスを求める。

実力:極めて強い。もしくは経験年数の割に実力が高い。

②基本的に格闘技がライフワーク!の人パターン

f:id:waga186:20171119014602p:plain

サラリーマンでも週に2回か3回はジムや道場に通う人たちがいます。割と決まった時間や曜日の仕事終わりに通う人達ですね。トレーニングをこなしている回数も割と多いので、経験歴が長いと実力者になります。過去学生時代や若かりし頃にガッツリと練習した経験者等も社会人となりこのペースで通う人も多いです。

通う回数:週に最低2、3回通います。

思考:ストレス解消、トレーニング重視(健康促進)

特徴:対人練習(スパーリング、人との受け返し)を好むが、ガチスパー等の怪我のリスクが高い練習は避ける。ガツガツしていないので、練習に余裕を持って取り組める。トレーナーに練習メニューを任せて、一人で練習する場合は気が済んだら終わり。追い込む練習では体力不足が露呈。

実力:格闘技的に普通~結構強いレベル。過去経験者は超強い。

③楽しくジム通い!満足度の高い社会人パターン 

f:id:waga186:20180126170327p:plain

ベースは週に1回通うサラリーマン・OLさんに多いパターンです。時間が空いたら週に2回とか通います。フィットネスジム・エアロビやヨガ等ではなく、キックや空手を選んでいる時点で格闘技を極めようという感じではないですが、基本的に男女問わず格闘技好きの人が多いです。格闘技に触れつつトレーニング出来る事で満足度は高いです。

通う回数:週に最低1回通います。

思考:ストレス解消、トレーニング・ダイエット重視

特徴:クラスなどの多人数の練習を好む。結構追い込む練習を好む。基本的にトレーナーの練習に従う。体調面では回復した状態である事が多く、体力面・気力面は充実して練習に望める。技術的には中級以上のテクニックは中々身につかない。割とお話し好きの人も多い。集団(会社の仲間等)で行動している場合もあり。1時間程度練習してあっさり帰る人も多い。スパーリング等は行わない。

実力:格闘技的に初心者~普通レベル。総じて高くないが希にセンスの塊のような人がいる場合も!!?

④格闘技に触れておきたい。多忙な社会人パターン 

f:id:waga186:20170909134740p:plain

月に数回、気が向いた場合に来る忙しいビジネスマンパターンです。格闘技は昔やっていた人に多いパターンですね。例えば昔空手をやっていて、トレーニングついでにキックのジムに通うみたいな感じです。キックのジムは割と自由に練習を組み立てられるので、自分が好きにやれるのが良いみたいです。また逆に月に数回通う初心者の人は毎週通うようになるか、やめてしまうかの二択になる気がします。

通う回数:月に数回時間のある時に通います。

思考:ストレス解消、気分転換

特徴:クラスなどの多人数の練習を好む。格闘技に触れ体を動かす事でストレス解消!格闘技の練習についてこれるだけの体力はないので1クラスでクタクタになる。技術的には初級以上のテクニックは中々身につかない。1時間程度練習してあっさり帰る人も多い。スパーリング等は行わない。

実力:過去経験者じゃなければ格闘技的に初心者~初級レベル。高くはない。

 

ざっとパターン別に書き出すと上記の形になると思います。では、実際に社会人として道場やジムに通うのであればどのくらいのペースが最適なのでしょうか?

空手の道場やキックボクシングのジムに通う人の社会人について 

まず社会人であるならば第一には仕事だと思います。要するに空手第一・キックボクシング第一になってしまってはいけません。怪我をして仕事に支障をきたす訳には行かないのです!

www.karatekagolf.com

空手もキックボクシングも普段の練習でも結構疲れます。あまり追い込み過ぎると風邪をひいたり、怪我をしたりとあまり良くない事が起こりえます。

でも不思議に思いませんか?ハードなトレーニングで負荷をかけないと成長しない。でも負荷をかけすぎると怪我をしてしまう。じゃあどうすればいいのか?と。 

空手道場は皆一緒に練習する事が多いので、選べないのでひたすら師範を信じてこなすしかありませんが、キックの場合は自分でペースをある程度決められます。

私は程々に練習する方がいいのかなと思います。週に1回しか通えないのであれば、その1回に全精力を注いで練習します。

前に通っていたジムの時は、このスタイルでした。毎回ヘトヘトになるまで練習して、ぐったりして帰ります。でもやはり週に1回ではどれだけその日にたくさん練習したとしても足りないんです。 

せっかく学んだ技術的なものも1週間立つと忘れてしまったり、感覚がつかめないまま時間が経ってしまいます。こうなると最初からやり直しです。定着できないのですね。

日にもよりますが、練習の序盤で筋トレを結構やったりすると、体力の半分ぐらいをそこで失ってしまい、肝心の空手やキックの練習がしっかりこなせないなんて事になったりします。

f:id:waga186:20170909134755p:plain

私はゴルフの練習とかもそうなんですが、週に1回200球打つよりも、週に4回50球ずつ打つほうが上達が早い気がします。実際私は、そんな練習を繰り返して上達しました。繰り返しできるので、割と早く身に付く。やはり昨日やった事のイメージが残っているうちに練習できるのが、いいのです。コンビネーションとか昨日出来なかったことが、今日は少しできるようになってたりします。 

また柔軟性とかも毎日やった方が効果的です。心肺機能としても恐らく、週一回のトレーニングよりも毎日少しずつトレーニングしたほうが良いような気がします。つまり体が徐々にキックボクシング向けの体になるんではないかと思います。

 ポイントとしては、社会人、初心者、サラリーマンである私の場合は「やり過ぎない事!!」これが一番大事だと思います。

たまに追い込むのはいいと思いますが、毎回追い込むぐらいやると、道場やジムに通うこと自体が苦痛に感じてきます。

 苦痛に感じると気合入れていこうとか、今日は頑張っていくぞ!となるのですが、そうなっちゃうと楽しくないのではないでしょうか。だからかるーく、徐々に上達を目指す事を私はやりたいと思います。プロを目指す訳でもない人ならばソレでいいと思います。

普通のトレーニングジムもそうなんでしょうが、実際に爽快なんですよね!!体を動かすって事は。でも気が付くとオーバーワークになり、自分で追い込みがちになってしまうのは注意が必要です!!とにかく追い込みまくって頑張ろう!!っていうのは、ある程度の実力者以上でないと意味がないと思います。体を壊しちゃいますからね。社会人で若い訳でもない私のペースはキックのジムに週に2回から3回、空手の道場に週1回通います。そんな私が考える練習のペースでした。皆様はどうお考えですか?