40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

キックボクシング 技研究② ジャブの打ち方・コツ

今回はボクシングでもお馴染みの基本技、ジャブです。

 

308153.jpg

 

さて、ジャブというのは、オーソドックススタイル(要するに左構え)の左の速さを重視した軽打する技ですね。

 

ボクシング中継でも、一番最初に出す技がこのジャブです。伝統派空手で言うところの刻み突きと同意だと思います。

ですが、基本技なんですがそんなに簡単なわけがない。ボクシングの世界では「左を制する者は世界を制す」なんていうぐらい利き手ではない左手の動きは重要なわけです。

 

数名の先生にジャブの打ち方を聞きました。大体以下のような形ですね。

1.基本の立ち方(構え)から左の拳を前へ押し出すイメージ。打ち込むと言うよりは、素早く押し出す感じだそうです。

2.左肩から拳の先までを一直線に伸ばしきった所で、相手に当たるぐらいの距離感。相手の攻撃や間合いを測れるそうです。

3.ジャブを出しているときは左肩をひねるイメージで、少し前にだす。要するに上体を回す感じ。

4.また反対の右手はインパクトの瞬間少し引いて弓を射るような形を作る。空手で言うところの引き手と同じだと思います。防御の意識がつきやすく、非常に大事なポイントだそうです。

あまり引きすぎると顎ががら空きになるので注意!

5.ジャブを出すときに、左足のつま先をまっすぐ相手に向けて出します。その際”膝(足)を抜く”という動作をするそうです。これによって素早く相手に体重を掛けて力を込めて打っていないジャブでダメージを与えることが出来るそうです。要するに手打ちにならないように体重をかけるテクニックだと思います。

膝を抜くというか、軽く曲げるぐらいで打つと確かに早く打てます。

 

この膝を抜くという意味がよくわからなくて、動画を研究しておりましたら、膝を急激に前に押し出す感じで、少しだけ踵をあげるイメージを作ってあげると良いようです。

 

さて、一言でジャブと言っても上記のような細かいところを全部やろうとうすると、難しくて且つうまくいきません。

サンドバッグ相手に徹底的にジャブを練習しております。言われたことはたまに思い出すレベルで、とりあえずは、早さと体重をかける(手打ちじゃない)ことだけを心がける打ち方がつまりはジャブだと思います。

でもたまに手打ちをするのも、タイミングをずらす意味ではありとの事。

 

私の場合は、つい空手の三戦立ちの形になってしまう癖があるので、足先を意識して膝を前に少しだけ出す形と右手の引手(ボクシングの場合は顔の横に引くぐらい)を意識したら、多少それっぽい感じになりました。あとはスムーズに打てるように練習あるのみです!!とにかく速さです速さ!!

 

ちなみにジャブは効かせる為に打つのもアリらしいですが、目つぶしの感じで軽く打っても効果ありだそうです。

そこからどう技を繋げるかが大事ですね。

 

私の場合どうしてもジャブを打つ時に力が入ってしまい、バレやすいとの事で、先生にアドバイスをもらい、縦拳で打つと割といい感じです。

こんな風にただの軽打と思われがちなジャブも実は色々と奥が深いですね!!

 

楽天のモーションバナー