40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

【ネタバレ注意】君の名は。を見た その② 私の映画鑑賞

※この記事は、2016年9月8日の記事です。ブログを引っ越したので再投稿。

 

話題沸騰中の映画「君の名は。」を見ちゃいました!!

ネタバレ注意です!!まだの人は見ないで!!

 

君の名は

 

いやいや、美しい絵と感動のストーリーで、素晴らしい映画です!!

 

なんていうのかなぁー。要するに青春ですよ青春!!!切なくて少し甘酸っぱくて、、、。ああ、いいなー若いってこういう事があるかもしれない。まぁ、私にはまったくなかったですけどね。君の名は?なんてドラマチックに聞くことなんて、、、。

 

・・・・。

 

・・・・。

 

・・・・・!?

 

 

あれ、、、そういえば、、、ずーっと忘れていた記憶、、、それは大学生の頃だったか、、、。

 

 

その日は、大学の基礎体育という授業の第一回目であった。私は場所が分からず、少し遅れてしまった事を覚えている。天気のいい昼下がりだったと思う。基礎体育といってもとりあえず出席しておけば、単位はもらえる程度のものだった。選択制になっており、私は何故か希望と違うテニスの授業に割り当てられたのだ。

 

私は息を切らせて、集合場所に駆け込んだ。5分遅れだ。講師は私をちらりと見ると「遅刻だぞー!」と目も見ずに言った。

周りの学生たちは私を一瞬見て、すぐ目をそらした。第一回目の授業という事で、今後の授業の説明をする場であった。

要約すると、授業はテニスのダブルスをひたすら行う。それだけ。

 

私はテニスなんて未経験なうえに、そもそもあまり興味がなかった。また同時に入学したてで、まともに友達はおろか知り合いすらいなかった。講師はペアを作るように学生たちに指示をした。学生たちは講師の指示を受け、ダブルスのペアを組み始める。私は誰も知り合いがいないので、近くで誰かペアになってくれる人を探した。

 

だが、どうやら私は余ってしまったらしい、、、。周りの学生たちが私に好奇の目を向けている。私は講師にペアになる人がいない事を告げた。すると講師は私に「君は見学していろ!」とまた眼を見ないで言い放った。流石に腹が立ちその場を去ろうしたその時だった!!!

 

 

入り口から誰かが駆け込んできた。

すらりとしたスタイル、ほっそりとした体つきでやや長い綺麗な黒髪。少しエキゾチックな顔立ちは、春の日差しに照らされキラキラして見えた。息を切らせながら【その人】は、遅れたことを講師に詫びていた、講師から何やら指示を受けていたようだ。

 

20160905194714744.jpg

 

【その人】は私のところにまっすぐ来ると、にこっと笑い「一人ぼっちなんです。一緒にいいですか?」と語りかけてきた。

私は「ああ、ま、、まぁいいけど、、、。」とやや戸惑ったように伝えた。それを聞いた「その人」は、胸をなでおろす仕草をしてまたにっこりと微笑んだ。

 

テニスの授業といっても、いきなりの試合。簡単なテニスのルールの説明打ち方を説明されて、15分後にはもう試合開始だ。

こんなのが大学の授業なのか?と正直衝撃を受けたのを覚えている。

私のところに、【その人】はやってきて、「がんばろ!一生懸命やります!」とまっすぐに向いていった。じっと目を見られるのは、慣れていないので、直ぐに目をそらしてしまった。

 

実際の試合が始まると、私はホームランばかり。まともに相手のコートにボールを打ち込む事なんてできやしなかった。ちなみに【その人】は極端な運動音痴らしく、ゆるーいボールが来ても空振りしてしまう。結局ダブルスの初試合は、完封負けを喫した。

 

試合後【その人】は私のところに来ると、シュンとした表情で、「ごめんなさい」といった。私は「そんなことないよ!!」と言った。その言葉を言った瞬間キラキラした目で、私を見て「また一緒にテニスしてください!!」と言って、足早に去っていった。

私は何といっていいかわからない、モヤモヤした気分になったのを記憶している。

 

次の週もまた【その人】は体育の授業に来ると私のところに来た!!またいつもの笑顔で「今日こそ勝ちましょうね!ガンバリマス!」と言って、私の肩をポンポンと叩いてきた。【その人】は、前回と変わらずボールを打てるそぶりすらない。これほど運動神経のない人も珍しいなと私は笑ってしまった。すると【その人】私のところに来ると「やっと笑ってくれましたね!!」と言って、またにっこり笑った。まっすぐに目を見られるのは、やはり苦手だ、、、、。そう思った。

 

それから毎週私は【その人】とテニスをした。しかし何故か【その人】と授業や学校内であう事はなかった。いったい誰なんだろう?ふとそんな疑問すら浮かんだが、あまり深く考えていなかった。私たちは毎回ダブルスを組んで、そして毎回負け続けた。

 

そして月日流れた、、、、。

 

こうして毎週【その人】会って、テニスをするのだが、その時限りで会話をする訳でもなく、一緒にご飯を食べに行ったりすることもなかった。ただ毎週テニスコートで、テニスをしてそして別れる。別れ際ににっこり笑って「また来週!」そう言って帰るのが常だった。

 

20160816204937953.jpg

 

 

ある日、いつものように私はテニスコートの片隅で【その人】を待っていた。待っていたが来なかった。

そして私は別の人とダブルスを組んで、半年間一度も勝てなかった試合に、あっさりと勝ってしまった。

思ったほどの嬉しさはなかった。もしも【その人】と一緒に勝ってたら嬉しかったのかな?そう思った。

 

次の週も、その次の週も【その人】は来なかった。私は何とも言えない気分だった。そして、私はその人ともう会えないのではないかという気がしてきた。別に私には関係のない人だ、そう言い聞かせて、大学の構内を歩いていた時だった。

すらりとした背の高い、ほっそりとしたやや長い黒髪。【その人】だ!!

 

私は思わず駆け出して【その人】の前に躍り出た!【その人】はびっくりした顔を見せたが、私に気づきにっこり笑ったそして「怪我をしてしまって、、、。」と言って、足を差し出した。右足にグルグルにまかれた包帯を見て、思わず吹き出してしまった!!

本人の前では言えないが、運動神経のない【その人】なら怪我もしそうだと納得したら急に笑い出してしまったのだ。

 

私たちは初めてテニス以外の話をした。出会ってからちょうど1年近くがたっていたのだ。

そして別れ際、ふとお互い口に出した言葉が一緒だった。

 

そういえば聞いてなかった。私は【その人】に改めて聞いた。

 

「君の名は?」

 

 

 

 

ゆっくりと答えてくれた「セキ ショウグン でーす!」

 

私「へー、どういう字を書くの?」

その人「石 小軍 と書きます。」

私「そうなんだ。どこの国?」

石くん「中国です!!河北省です!!」

 

その後 彼から三国志は中国では単なる歴史であり、日本人が三国志が好きなのは驚いたと聞いた。

 

石くん ・・・・中国出身 すでに中国の大学を卒業した公費留学生。その時28歳ぐらい。

        180cmぐらいのやせ形。運動神経ゼロ。でも日本語ベラベラ。

性別:男

 

 

以上

おしまい

 

 

ほら、キュンキュンするところ、どこにもないでしょ?