40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

心臓マッサージとAED 空手・スポーツの事故に備えて

※この記事は2016年9月1日の記事ですが、引越したので再投稿です。

 

空手教室の先生から、空手をやっている時に何かあった時のために、地元の市が主催する救命講座を受けないかと言われ、受講してきました。

市が提供する施設を利用する際には、団体で最低2名はこの講座の受講をしている事が条件だそうで、指導者ではないですが、一応空手教室に通う大人として受けては?と先生に言われたので、せっかくですので受けさせていただきました。
心臓マッサージと人口呼吸、それとAEDの使い方を学びました。
受講者は、体育館や市の施設を使う人たちという事で、いろんな方々がいらっしゃいました。

さて、講座内容は消防署で実際の救急隊の方々の指導に基づき、実際に人形を使って行うのですが、訓練ですらまともにできないぐらい結構難しかったです。
もしこのブログ記事を見て、覚えておいて頂ければ、いざという時に助けられるかもしれません。

ところで実際に皆さんは、人が倒れていて、心臓マッサージをやってる現場に出くわしたことってあります?? ほとんどの方がないのではないでしょうか?私も40年生きてきて1回だけ見た程度です。

消防署の方との雑談の時に、教えていただきましたが、一年間でなんと12万人ぐらいの人が倒れているそうです。
そしてそのほとんどが実は、自宅だそうです。
つまりほとんど見たことないのは、それは自宅で倒れている人が多いからとのこと。
消防署の方が言うには、人を助けるというよりは、家族を助けるという意味で覚えておいてくださいとおっしゃってました。
心臓マッサージのやり方さえ覚えていれば、助けられる命を曖昧に覚えていたことで、効果的な蘇生術ができずに、後悔されたする方も多いと聞きました。

私が聞いたのは、20年前に自動車学校で習った方法でして、今はちょっと違うようです。

人が倒れていたら、、、、。

①肩を叩いて、耳元で大丈夫ですか?聞こえますか?と聞く。
意識が無く、返事がない時点で、近くの人に救急車を呼ぶようにお願いする。
※この時、誰か救急車!!と呼ぶのではなくて、指差しをしてそこのアナタ!!救急車を呼んでください!!意識がないことを伝えてください。というそうです。そうじゃないと、誰かがやってくれると思い、救急車が呼ばれないことがあるそうです。

またAEDを持ってくるように同じく、誰かを指差しお願いするとのこと。

②呼吸を見る。倒れている人のみぞおちあたりから、おへその方に向かって、1、2、3、4、5、6秒と数えながら、呼吸をしているかどうかを確認するそうです。この時みぞおちから1、2、3ぐらいでおへそまで行き、戻って4、5、6と数えて呼吸をしているかを見るそうです。呼吸をしていないということは、心臓が止まっているということだそうです。

③胸骨圧迫(心臓マッサージを行う)
胸骨というのは、胸の真ん中ぐらい。具体的には鎖骨の凹み部分からみぞおちに向かった線と、乳首を結んだ線が交わる部分が胸骨で、そこを押すとのこと。

押し方は、手のひらの下の部分。膨らんでる部分ですね。ここを利用して押すのですが、両手で体重をかけて押します。したの手に上の手を置いて、各指の間に上の手を入れ込むようにするそうです。手のひら全体で押すと、力が分散してしまったりするので、あくまで手のひらの下の部分で押す事がポイントだそうです。

大体5cmぐらい沈ませるように、体重をかけてしっかり押す。連続で30回押すこと!!

口に出して1、2、3、4・・・・と押したほうが良いそうです。
大体1分間に100回ぐらいは押したほうが良いそうです。つまり1秒に1回ではなくて、少し多いぐらいですね。

これは要するに心臓を復活させるという意味合いもあるようですが、どちらかというと血液を回すためにやるそうです。

そうじゃないと、脳がダメージを受けてしまうので、それを遅らせる効果があるようです。

④人口呼吸 
人工呼吸は、30胸骨圧迫をしたあとに、2回息を吹き込むとのこと。この時に額を抑えて顎を上に向けることで気道を確保した上で、鼻を押さえて口から息がもれないように覆いながら、息を吹き込む。その際に、吹き込み過ぎないように胸が少し浮くぐらいで良いそうです。ドラマとか見るとめいっぱい息を吹き込んでいるように思いますが、それは意味がないとのこと。

そもそも肺がそんなに空気を受け付けないらしく、女性や子供などの場合は、ちょっとでも良いとのこと。
でも人口呼吸自体非常に難しいので、無理にやる必要はなく、どちらかというと心臓マッサージを優先させるそうです。

極端に言えば、正直口から血を吐いてたりしてたら、正直躊躇すると思います。そんな躊躇するぐらいなら心臓マッサージだけやってください。と言われました。

 

重要なのは心臓マッサージだそうです。
心臓マッサージは実際にやると相当疲れます。できれば交代する人がいると、休みながらできるので良いとのこと。


普通の人に的確な心臓マッサージをするのは結構ハードルが高いように思います。でもその勇気を持つことが非常に重要だと、救急隊の方はおっしゃってました。

⑤AED
AEDは最近ちょくちょく見かけますが、皆さん夜に家で家族が倒れたら、どうします??
家にAEDなんて装備している人なんてほとんどいないと思います。

で、家の近くにAEDなんてあります??

例えば、役所とか学校とか公共施設や銀行などにはあるようですが、道端の自動販売機にくっついているのとか多分無いのではないでしょうか?あれ自体30万円ぐらいするらしく、そこらへんに置いとくわけにはいかないようです。

つまりたまたまAEDが近くにある場所で人が倒れない限りはAEDは利用できないんです。

講習の冒頭に、運動中のまだ若い中高生が倒れてしまうという話のビデオを見ました。

原因は不明。写真で見る限り健康そうな少年少女なのに、突然倒れて先生たちの救護活動にもかかわらず亡くなられたりしたとのことです。体の弱い人とかじゃなくて、普通の人なんですよ、ビデオを見る限りは、、、。

つまり誰にでも起こり得ることなのかもしれません。そんな時にAEDがあったら助けられたのじゃないかとビデオでは言ってました。

AEDは、基本的に自動です。

我々はAEDを持ってきて、電源を入れる!!基本それだけ、、、、。
あとは、機械の指示に従うだけ!!

慌ててる時に、説明書なんて読んでいられるわけがない!!だからスイッチをとにかく入れる!!!それだけやればあとは機械が誘導してくれるんです。

どうするかというと、
袋から出す。
スイッチを入れる。
パットのコードを機会に差す。
パットに書いている絵に従って、倒れている人の胸の上と脇腹に貼る。
しばらくすると、機械が心電図をとり始め、電気ショックが必要かを判断。
離れる。
通電ボタンを押す!!

機械に離れろと言われるまでは、心臓マッサージを続ける。

ということだそうです。 
ちなみにこの電気ショックは、完全に止まってしまった心臓にはもはや効果は無いそうです、、、、。

私もできればこんなのが必要な場面には出くわしたくはないですが、もしそんな場面に出会ってしまったら、勇気を持って行動したいと思います。

最後に、こういう場面を興味本位で動画撮影している奴がいたら、やめさせてください。 人生最後の瞬間になるかもしれないそんな姿を、見ず知らずのやつに撮影されて、インターネットに流されでもしたら、私だったら化けて出てやろうと思いますね。

 

もしこんな場面に食わしてしまったら、慌てないことが大事だそうです。