40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

夏休みの水の事故 何に気を付けるべきか、、、。

夏になるとニュースで水の事故が報じられます。楽しい夏休みが、事故とかが起こるとまったく楽しくなくなりますよね。水の事故といえば、海、川、湖、プール、、、、。様々ですね。

 f:id:waga186:20170804021231j:plain

 事故が多いのは、海と川ではないでしょうか。

川はやはり流れがあるので、泳ぎに自信があったとしても、流されてしまうとかありえますよね。あと足がつかない場所とかいきなりあったりするのも危ないですよね。でもやはり事故が多いのは、海ではないでしょうか。

昔、私もサーフィンをやっていたので、海には大学生のころから毎週のように通いました。サーフトリップで、バリ島や奄美大島に一人で行ったりもしました。奄美大島は素晴らしい波なのですが、誰もサーフィンしていなくて、その時になんとイルカが来たのです。すごくないですか?サーフィンしてたらすぐ横にイルカの群れがいるんですよ!思わず「おお!!すげー!!」となるのですが、それはその一瞬だけでそれ以降ははっきり言うと恐怖です。いくら頭が良くて夢いっぱいのイルカ君とて、見た目はメートル超の魚ですよ。イルカは人間を襲わないとは知ってはいますが、実際にあんなに間近で見ると正直それは怖かったです。しかも広い海に私一人ですからね。このイルカが襲ってきたらどうしようとか、まさかサメまでいたりしたらどうしよう!?とかパニックに近い状況になります。人が周りに居たらまた印象も違うのでしょうけどね。

そんなこんなで、多少は海の怖さを知っています。

夏にしか海に行かないという人がほとんどだと思います。なんで、ちょっと海の事を書きたいと思います。

 

まず子供の頃は、海水浴に行ったならば波が大きければ大きいだけ楽しくて、よく波が大きいと楽しかった思い出があります。

でも、波が大きいという事は、やはり危険です。

波自体は、押す力もそうですが、どちらかというと引く力が強いし怖いです。これによって沖にもっていかれるなんて事もあります。

あと波が高ければ高いほど、プールでいくら上手に泳げても、慣れないと苦労します。

プールは波がないので自分の思い通りに泳げますが、海はそうはいきません。息継ぎのタイミングは波のないタイミングでやらなきゃいけないし、足が付くのがどこなのかわからないなんて事もあり得ます。

 

天気が良くて、風もない、、でも波が高い、、、。なんてこともよくあります。土用波と呼ばれる現象で、低気圧や台風が近づいたりすると、晴天なのに海が荒れるなんて事もあります。あとはカレントと呼ばれる離岸流ですね。

岸から沖に向かって流れの事です。

波を良ーく見てみると、波が割れない場所や逆にいつも波が崩れる場所なんてのがあります。

これは海底の地形や流れが影響しているのですが、サーフィンをやっていると、こういった離岸流を利用して沖に出るなんて事もします。この流れに逆らって岸に戻ろうとしても中々戻れないです。 

海の流れ結構強烈で、風が強かったりするとあっという間に数百メートル流されてたなんて事もあります。ちなみにバリ島でサーフィンした時は、これは川か??っていうぐらい流れができてるポイントもありました。海はただ波が沖から浜に打ち寄せてるだけという訳じゃないんです。

海の事故は、私が思うに「大丈夫だろう」という油断や慢心が原因なんじゃないでしょうか。足がつかない場所があったり、体力が海ではあっという間になくなったりします。結局海に慣れてないと疲れるし、慣れないと波をかわすこともままなりません。

ちなみに離岸流は岸から沖に向かって流れる流れですが、実はその横幅はそんなにはありません。

なんで、もし岸に向かって泳いでるつもりが、沖に引っ張られるような感じの場合、数メートル横に移動するとその流れが無くなることがあります。なんで一生懸命岸に向かって泳がずに、まずは横に移動してから、岸に向かうと帰ってこれます。

よく事故は遊泳禁止区域で起こると思います。

ライフガードがいない事と、やはり深くなっていたり、離岸流が激しいとか何かしらの理由があると思います。

どうして遊泳禁止なのかは、自分で判断して大丈夫!!とかじゃなくて、大丈夫と思っても海を舐めるとえらい目にあいますよ。

海の事故は、命に関わることになります。一回のミスも許されないのです。特に小さな子供とかがいる方は、気を付けるべきだと思います。あと危ないのは実は浅瀬です。

私の友人で浅瀬に飛び込んだ拍子に、怪我をしてしまった友人もいます。本当にちょっとした油断だと思います。

 

最後に危険なこともありますが、海はやはりいいものです。

サーフィンをやっている当時は、それこそ真冬でも海に入ってましたが、綺麗な波を見ると、今でもいいなーって思っちゃいます。

皆さま海を舐めるのじゃなくて、気にし過ぎじゃない?っていうぐらいのつもりでちょうどいいと思います。