40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

空手の練習30年経って初めて知った。友人の才能。

彼と出会ったのは、もう30年以上前、、、。小学三年生のクラス替えの時、同じクラスになったのが、初めてちゃんと話した初めての時だったと思う。彼はいわゆる優等生で、小学3年生の時、彼の通知表でオール5というものを初めてみたときに驚いたものです。

しかし今にして思えば、オール5というのは、先生の好みじゃないかと思うのですよね。

 

だって、そんな完璧な人間ています??俺は認めねー!!音楽とか図工までできます??本当に??オール5なんて与えるなんて、先生のセンスを疑いますね。この年になると。まぁ、そんな彼ですが、身長185cmぐらい。中学・高校とバレーボール部。

大学は有名私大、顔立ちは阿部寛似のイケメン風、、、、。中学生にしてすでに彼女がいた、、、。

 

ここまで書くと、嫌みな奴と思うでしょう。男なら無意識に嫌な奴に違いないと思うでしょう!!

 

でも、、、ちょっと待ってください。

そんなことはないのです。正直あまりうらやましいと思ったことはないのです。理由はおそらく昔から知っている人であり、その彼のキャラを知っているから、、、。

 

他人が見ればハイスペックそのものの彼ですが、なぜか別に「こいつみたいになりたい」とは思わないのですよね。

何だろう、やたら理屈っぽかったり、つまらないギャグみたいなのを言ったり、、、。なのか??

「ああ、もういいよそういうの、、、」的なことをやってみたり。言ってみたり。

 

ただしイケメンに限るというネットスラングがありますが、彼には当てはまらないように思います。

 

 

まぁ、そんな彼なんですが、昨日会社の空手部の練習に参加してくれました。もちろん彼は別の会社なのですが、空手部の練習は人が少ないので、参加してみたいといっている彼を誘ったのです。やはりおなじみのメンバーでやるのもいいのですが、こういった新しい顔ぶれはまたいいものですね。そんな彼に、私は取り合えず、基本の立ち方と基本の突きと蹴りを教えます。

 

まぁ、様になるまで多少時間かかるものなのですが、意外とすでに様になっている。他の先輩たちも、あれ??やるじゃない??的な感じ。で、その後ミット打ちの練習のとき、、、衝撃が走りました。

 

まぁ、軽くやりましょうなんて、後輩がミットもって、彼の練習に立ったのですが、その軽めの蹴りが、素人の蹴りとは思えない蹴りだったのです。軽ーくこう打ってねー的な、ノリで説明したら、背が高く、リーチも足の長さもある彼の蹴りは、当時我々が熱狂したK-1黄金期のアーネストホーストのローキックのような素早い、そして強い蹴りだったのです。

 

おお、、、、まじか!!?そこには3人の経験者がいたのですが、みんな驚きの表情!!ミットを持っていた、後輩は、実は全員の中で一番痛いっす。

まじかよ!!? 経験者全員唖然、、、。なんだろう力まずに、すいっと足が伸びたと思ったら、そこからドーーーン!!!って感じ、、、、。そんなレベルの蹴りが素人が打てるとは、、、、。と同時に、彼が本格的に鍛えて体力がついたら、これは私では相手にならないなと、、、、。一方組手の団体戦では、彼の活躍は相当期待できるぞと、、、。

 

という事で、ぜひ道場に通えと彼には言っておきました。フルコン系に行くのか、私と同じ伝統派に行くのか?ちょっと楽しみです。

彼とは30年以上の付き合いですが、格闘技のセンスというか蹴りのセンスがあるとは知りませんでした。当然空手の世界も甘くはないですが、アドバンテージを持っているのは事実です。彼を見ていると本当に、もっと若いころからやっておけばよかったとつくづく思います。