40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

蘇る30年前の苦い記憶。空手休みの運動会。

※この記事は、2016年5月の記事ですが、ブログを引っ越したので再投稿します。

 

今週の空手は、娘の運動会のため行けません。正直夜の部に私だけでも行きたいところですが、家族サービスということで、今日はお休み。

でも来週もお客さんのゴルフコンペがあるので、お休み。2週間も練習に行けないとは。体がなまります。娘もいろいろ忘れてそうだし。まぁ、そんな訳で、今週は確かに無理ですね。なんせ運動会ですから!

 

 

最近の運動会は、基本昔と変わりありません。私は4月生まれということもあり、割と足が速かったので、運動会は楽しみでした。毎年リレーの選手でもあったのです。

特にとりえのない私が、唯一ちょっと足が速いというだけで、ヒーローになれる場所。それが運動会だったのです。そんなこんなで運動会を見ると、いまだにちょっと楽しいですよね。

 

で、小学校3年生のダンス??がソーラン節でした。ソーラン節は、最近流行ってますよね。北海道の漁師の歌?というか踊りでしたよね。確か。あまり詳しくは知らないのですが、小学生とはいえ速いテンポの振り付けで、揃うと確かに壮観ですね。

なかなかお見事!!!で、そんなソーラン節を見ていて思い出したのです。というかフラッシュバックしたのです。30年以上前のあの記憶。

 

苦い記憶をね。小学3年生の夏の終わり(当時は運動会は秋が定番)、夏休み明けの私たちは、教師に運動会の練習について、知らされました。3年生のやる競技の種目とその説明。やれ玉入れだの、やれ50メートル走だの、綱引きだのとね、、、。それは別にいいんですよ。運動会なんだから。ただね、その中のお遊戯(今でいうダンス)について。

教師はこういったのです。「3年生はフラダンスです。」

生徒一同ざわつきます。そりゃそうでしょう。フラダンス?て何??あの優雅な女性のダンス??しかもただのフラダンスじゃないです。タイトルは今でも忘れられません「オシャマなフラダンス!!」です。

 

当時小学3年生の私は、激しく違和感を感じたものです。フラダンスだと!? おいおい、そんなの男もやるの??ていうかオシャマなってどういう意味??そう、フラダンスというダンスですら衝撃的なのに、聞きなれない「オシャマな」という枕詞までついてきている。

 

私たちは途方に暮れて想像したものです。今のようにググるという言葉もない時代、国語の辞書を引いても出てこない!オシャマという言葉。おしゃれとうい意味に近いのか?邪魔だという意味に近いのか?フラダンスというダンスにかかる言葉だから、優雅とか、綺麗とかそういう意味なのか?

ちなみに、40になりました今でもオシャマという意味は、よく分かりませんし、知りたくもありません。そもそも人生生きてて使わないし。お兄さんトレンディだねぇ!!とか最近聞きますけど、あの子オシャマだよね!?とか言わないでしょ?

 

オシャマという言葉もさることながら、教諭から示された我々の格好とその踊りもまた、衝撃的な内容だったのです。まず、男女問わず生徒全員に、ビニールひもが配られ、それでボンボンを作れと。ああそうですか、ありがちっすね。

次に、またビニールひもが配られ、それで今度はスカートを作れと。オイオイオイ、まじか、、、。俺らにまでスカートをつけさせるつもりか??その通りで、スカートを男女全員つけさせれるわけです。挙句本番では、女子は水着。男子は上半身裸(下は体操の短パン)という衝撃的ないでたち。おまけにダンス自体は、皆さまご想像の通り、あの優雅なダンスを小学三年生男子に強要するのです。あの辱めを受けて、屈辱という言葉を覚えました。

 

私の想像。

9月×日小学校内の職員会議室にて。

学年主任「では、皆さん今年度のお遊戯は何にしますか?」

教師A「えっと、、○○とか××はどうですか?」

教師B「ああ、それは数年前にやったんだよね、、、。」

教師C「では、△△とか、◇◇とかはどうですか?」

教師B「それらは、すでに2年生と4年生がやるそうです。」

教師A「ええ!?それじゃあ、あんまりいいの無いですね、、、。」

教師D「あの、、、これはどうです??オシャマなフラダンス!!」

教師一同「ええ!!?斬新ですね!!」

教師B「D先生よくこんなの見つけてきましたね!!」

教師D「ええ、でもフラダンスなんてかわいいかな、、なんて、、、。でも男の子もいるし、、、。」

教師A「確かに、、、男子にフラダンスっていうのも、、、。」

教師B「いや、、、でも、フラダンスって男性版もあるみたいですし、、勇壮な踊りらしいですよ。」

※多分テレビで見たファイアーダンスかリンボーダンスの事、、、。

教師C「確かにこれなら、今までにない新しいお遊戯ですよね!!女子児童の親も納得するでしょう。」

教師A「しかし、、、やはり、、男子が、、、、。」

教師B「A先生、男子男子といいますが、男子の誰が嫌だというと思いますか?あなたの主観でものを喋ってはいけませんよ。主役は生徒達なんだから、、、。きっと数年後いい思い出として心に残ると思いますよ!!」

教師A「そ、、そうなんでしょうか、、、。」

学年主任「では、皆さん今年度の3年生のお遊戯は、オシャマなフラダンスでよろしいでしょうか。」

教師一同「異議なし!!!」

教師B「これはすごいことになりそうですね!!!はははは!!」

教師D「私がんばっちゃいます!!うわー楽しみ!!!」

教師A「・・・・・。」

 

こうして、私たちは一生消えないトラウマを背負わされる事になったのです。以上は私の想像です。

 

運動会は、子供にとっての一大イベントでしたね!!私もその後の運動会でも、リレーで転んでしたまったり、組体操でピラミッドに一番下で地獄だったり、鼓笛隊パレードでは、グランドに膝をつくのがトンデモナイ痛さだったり!!100m走で1位になったり、また時にはビリになったり!!フォークダンスで、かわいい女の子と手を繋げたりと、今となってはいい思い出ばかりです!!

 

あのクソみたいな、フラダンス以外はね!!!ふとあの喧騒の中、ビデオを回しながら30年前の事を思い出しました。

ちなみに娘は徒競走4位、、、、。