40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

四十肩に怯える。空手やキックができなくなるの!?

海の向こうアメリカのメジャーリーグでは、マイアミのイチローさんが頑張ってますね。私よりも年上です。

 

私は、1995年の野茂英雄が、ドジャースに入った入団一年目に大学浪人しておりまして、野茂の試合を見てから、近くの図書館に行くのを日課にしておりました。

 

それ以来メジャーリーグ中継は欠かさず見ております。松井さんのいた頃は楽しかったなぁ。だって毎日試合に出ているしヤンキース戦はほとんどBSで中継してるし、、、。しかも松井さんよく打つし!!で楽しかったですね。

 

そんな往年の名プレーヤー達も、今やイチローを残すのみです。今後はダルビッシュやマー君、マエケンが頑張ってくれるのを今は楽しみにしております。

 

20160719235924898.jpg

 

さて、往年の名プレーヤー達も寄る年波には勝てず、引退をしていく訳ですが、ショックだったのがジャイアンツの絶対的エースの斎藤雅樹の引退試合ですね。

私はジャイアンツファンだったのですが、斎藤さんは毎年20勝あげるんですよ!!サイドスローなのに145kmの球を投げて、斎藤が投げれば今日は勝ちだなというイメージがあったのです。

 

それこそ当時のファミスタとかで、斎藤選んどけば、ほぼ勝てましたし!!地元では一時期、斎藤禁止ルールとかもありました。

 

引退試合の斎藤さんは、怪我でもしていたのか当時の躍動感のある力強い球が投げられず、投げ方こそサイドスローですが、山なりのボールを投げてましたね、、、。まじかよ、、、と正直思いましたよ。それを見たときはショックでしたよ。年を取ることは、こんなにも残酷なことなのかと、、、。

 

そして今私は、40を迎えていよいよ気になるのは、厄年と四十肩です。

まさか自分がこの年になるとは思いもよりませんでした。実はつい最近まで。

 

厄年はおいておきますが、40肩というのは、実に恐ろしい症状で、私の先輩たちのゴルフ好きの方たちが、最近肩が痛くてゴルフできないんだよなーなんて愚痴をこぼすほど、深刻な状況に陥るそうです。

 

なんでも、腕が肩から上に上がらないそうです。痛みと違和感でゴルフどころじゃないらしいです。数年ほったらかすと、治っていたり、あと肩より上に腕を上げなければ痛くもないそうなので、多少は不便だが、暮らせないほどではないそうです。

40肩と言っているぐらいだから、40になったらいよいよ始まるわけですよね??

 

まず空手はどうなる??そもそも空手の練習ができない。

でも治療のために数年大人しくしているうちに、きっと空手のことを忘れて、体力はばんばん衰え、その影響で病気になり、、、。なんて恐ろしいことが起こるかもしれません。

 

ゴルフにだって行けなくなります。会社のゴルフコンペも、率先して行ってましたが、もはや何も楽しくなくなります。今の私にとって、趣味・楽しみが空手であり、ゴルフであります。あとラーメン。これらができないなんてことになったら、何を楽しみに生きていけばよいのでしょうか??

 

全く四十肩にならない人もいるのでしょうか??これといった防止法も無いようで、神の祈るのみ、、、という事なのでしょうか。

さてイチローの話に戻りますが、年上の彼がまだまだメジャーで頑張っている姿を見ると、私も頑張るぞー!!という気になります!!

四十肩にならないうちに、やれることはやっておきたいですね!!