40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

初めての空手大会 やはりそうなったか、、、。その一。

※この記事は、2016年5月に書いたものです。

 

空手を初めて、1年経ちまして、力試しとして、空手の大会に出場しました。もちろん娘がです。まぁ、ちょっと勝つのは難しいかなぁと思っていましたが、思った以上に厳しいですね。

 

 

ところで、空手の大会は、自分の順番が来るまでは、基本的に待ってるだけです。でも、見てると面白いですね!!小学校1年生とかで、メチャ上手な子もいたり、また各道場の練習方法がそれぞれ違っていて、なんか組手を重視してるのかな?なんて練習をしていたり、先生が怖そうだったり。応援に来ているお父さん、お母さんの気合が半端じゃない道場があったりと見てるだけで、結構楽しいです。大人の部では、一定数のスキンヘッドの空手家がいるのはなぜでしょう、、、。

 

さて、娘は案の定、雰囲気に飲まれていましたね。まぁ、場慣れしてないのは仕方ないにしても、ほかの子と特に絡むわけでもなく、おいおい、いつになったら他の子と話をしたり遊んだりするんだろう??という一年に渡る疑問がね。まぁ、それはまた別のお話ということで、娘の出番は、集合時間から3時間後、、、。流石に3時間も会場にいると、会場にも慣れてきて、少しリラックスムード。

前日に形の練習を繰り返して、上段突きだぞとか中段受けはこうだとか、いろいろと見たのですが、やはり大会になると結構レベル高い子もいますね。

 

やはり黒帯茶帯の子達は、年齢問わず上手いです。ちなみに空手大会で出場選手の半分ぐらいは、女の子!!空手って本当に女の子が結構やってるんだなと思いました。一方成人の部は、たぶん男性のみ。

まず、娘はどこに集合していいのかわからない状況。と言って、選手でもない私が付いていくこともできず、とりあえず行ってみろ!わからないなら聞け!!と言ってみる。

 

というか、小学二年生なら当然できるだろ!!人見知りもいいかげんにしろ!!!なんて試合前に怒ってしまい、妻から無言の抗議が、、、。で、渋々集合場所に一人で娘は行きました。

その後、30分ぐらいして、ようやく出てきた小学2年生の一団が現れます。ようやく来たかと見ていると、娘がいない!

どういうこと???と慌てる私、、、、。あたふたして、探しに行こうかと思っていた矢先、ふと見ると隣に立っている娘!!!

問答無用で「何してんだ!!さっさといけよ!!」と怒ってしまい娘泣き出す。の悪循環。娘は鼻をかみに来たとのこと。ティッシュぐらいもってけよと思いました。ふと奥さんを見ると鬼の形相で私を睨んでおりました、、、。

 

いや、、、だって今にも試合始まりそうなのに、なんで観客席にいるのかと、、、、。と言っては見たものの、悪いのは私のようです。

そんなこんなで、ようやく娘の出番、娘の相手は青帯の女の子。うちの道場に青帯がないので、果たしてどの程度のレベルなのか不明。もっというと、その子のやっている形も知らない形、、、、。

 

娘は撃砕第一!!昨日練習したぞーーー!!落ち着いて!!!と心でいうも、表情も固く、あれだけ突きは力強く、メリハリをつけて!!下段払いは、素早く止めて!!とかそこは上段突きだとか散々言ったことが、完全に飛んでました、、、。で、あっさり一回戦負け、、、。審判の旗は、一つも上がらず、、、まぁ、私が審判だとしても同じ判定です。

 

さて、昨日言ったことが何一つできてねーじゃねーか!!!と怒鳴りそうになるも、そこは抑える、、、、。いや、、、そりゃ緊張もあったろうし、初めてだし、、、相手も強そうだったし、、、でも勝てない相手でもなさそうだった気もします。とか言い訳にはしたくないのですが、本人も今のままじゃ勝てないというのを判ったのではないかと思います。というかね、、、3時間待ちで1分ぐらいの試合、、、で1回戦負け、、、、。ふと、ディズニーランドの人気アトラクションの状況と酷似している気がします。

勝ってればまた、楽しいでしょうが、まだまだですね。とりあえず形の試合の話でした、、、。