40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

空手の練習 遊びの中で学ぶこと

この記事は、2016年5月の記事ですが、引っ越したので再投稿。

 

最近空手道場での組み手をして思うのですが、1年間空手をしてきて、体力がついたかといわれると今一わからないです。先日も組み手をしているときに、最近始めたお父さんとやっていたのですが、1回目2回目は問題ないですが、3回目ぐらいからばて始めて、4回目ぐらいをやるころにはもうグダグダの組み手になっております。一言でいうと体力不足、、、、ですね。ということで、組み手の時は少し手を抜いてやろうと思ったわけです。

 

最初っから最後まで全力だと毎回ばてまくるわけで、それをセーブしつつやってやろうと、、、、。すると意外にも、心に余裕が出るせいか、攻撃されても割とかわせるし、一気に攻撃に転じると結構いい突きを打てたりします。また今まであんまり考えていなかった技の組み立てとか、普段出さないような蹴り技とかも組手の中で、やってみるという感じで意外といい感じでやれるではありませんか。

 

480789.jpg

 

そういえばサッカーのメッシも、小刻みなフットワークとか、かわす技とかストリートのサッカーで遊んでいるうちに身についたという話を聞いたことがあります。遊びで、技を覚えるということは、いろんなことを試すという意味で、いいかもしれませんね。

組手の時に全力でやることも大事だとは思いますが、たまには力を抜いていつもとは違う別の組手をしてみるとまた違ったものが見えてくる気もします、、、。

 

私は野球をやっていたのですが、別にピッチャーじゃなかったですが、結構いいカーブを投げることができました。それは、普段遊びでカーブを練習していたら、いつの間にか結構いいボールが投げれるようになったのを思い出しました。

これまでの1年間は、常に全力で組手をしてきました。もっと言うと練習も基本全力でやってきましたが、少し遊び心を加えてゆとりのある稽古をしてみるのもいいかもしれません。

手を抜くわけじゃないけど、いろんなことを試さないといつまでたっても技が増えない!!最近自分の技の少なさを実感しているので、ちょっとそういう風にやってみようかなと思いました。完全に中年の域に入ってしまったので、その辺も踏まえて稽古に励んでみたいと思います。

 

しかし、、、体の硬さと体力がつかないのはどうしょうもないな、、、。

 

そんな股割するあなたにおすすめ!

 

↑ 私もこれで鍛えました。効果があったかどうかは、、、。