40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

キックボクシングでは必需品!マウスピースのつくり方 失敗編!!

この記事は、2016年春頃に書いた記事です。ブログを引っ越したので再投稿します。

 

すみません。最初に書いておきます。

もし検索でマウスピースを作りたくて見て頂いた方がいたら、何も役に立ちません。ゴメンナサイ。他のサイトをご参照ください。

 

 

 

あの時、ああしておけばよかった、こうしておけばよかった、、、。人生には、何度となくそう思う場面があると思います。

 

例えば、ゴルフ!!あの時ああしておけば!!あの時こうしておけば!!!なんていうのを、ついつい言っちゃうんですよね。

 

麻雀も然り!!「はい!!それロン!!倍マーン!!」とか言われると、10秒前に戻って、こっちの牌を切りたかったのに!!とか思っちゃうんですよね。

こうして見ると、面白いですよね。全部自分のせいなのにね。言い訳を探してしまう訳です。

 

高校時代は田舎に住んでたから、青春なんて一部のやつしか味わってないさ。とか。

東京の高校だったら、きっと女の子の友達がいっぱい出来て、ハッピーな高校時代だったはず!!とかね。

 

ゴルフも、あの時風が、、、とか、体が開いたーー!!とか、迷いが出ちゃった!!とかね。

麻雀なら、捨て牌迷ったんだよーー!!でも、こっちかなと思ったのに、失敗だった!!ちきしょーー!!!とかね。

いやいや、全てあなたの選択ですから、、、、。喪黒福造なら、「どーーん!!」とかやられてますよね。だから、男なら潔く負けを認め、失敗を受け入れるべきである!!と私は思うのです!!!

 

 

さて、少しお話をしましょうか。「今日はマウスピースを作ろう!!」と意気込んだ30分前の私、、、、。人生でマウスピースをつくる人って、全人口のなん%ですかね??多分極めて少ないと思います。だって、普通作らないもの!!

だから、調べますよね。マウスピースの作り方を!!グーグル先生に聞くじゃないですか!?すると答えてくれるわけですよ。心優しい先人たちが!!!お湯を用意して、カットしてとね。

私も1000円近く払ったのだから、そりゃー失敗したくないわけですよ。だから色々と調べるんですよ。作り方をね!!

 

これが、まだ真新しいマウスピースですよ。

 

 

まぁ、試しにはめてみる訳です。口にね。

なんとなく爽やかな味というか匂いというか、ゴム臭いのか?と思いきやそうでもない!

へぇ、そういうものなんだと思うんですが、少しつけてみると予想以上に違和感。オイオイ、これホントに、口にフィットするのかよ。と少々疑ってしまいます。尚外す時に、「オエッ」てなります。

 

さあ!!実際に作ってみます。熱湯に入れて、30秒ぐらい。柔らかくなってくるので、それを箸で出して少し冷やす。

で、グーグル先生が書いていたように、30秒ぐらいをかけてゆっくりと噛む。予想以上に、噛みごたえアリ!!

巨大なチュウインガムを噛んでいるかのような気分、また少し「オエッ」てなります。で、できたのがこれ、、、↓

 

 

 

おかしい!!こんなの付けて、スパーリングなんてできるわけねー!!戦う前に、戦意喪失だわ!!何かが違う!!!

 

で、また調べます。こっちのサイトは、作り方がちょっと違う!!

最初にカットしろ!そのあとお湯に入れて、沸騰寸前ぐらいのお湯に、入れて見た目に少し丸くなったら箸でつまみ、空気で30秒ほど冷やす!!そのあと口に入れて形を整える。また歯にぴったりくっつけて、真空状態にすることで、よりぴったりとくっつく!!

とのこと。

 

そうかそうか、こういうピッタリとした工夫とカットが足りないからか。ということで、早速やってみます。

 

まずお湯に入れて、少し丸くなったぞ!!

さて、箸でつまむぞ!!とつまんだら、さっきまであれだけ硬かったマウスピース、フニャフニャになっており、それを見て焦っちゃったんでしょうね。

 

うわーー!!と思いながら、慌てて口に入れるわけですよ。

でも熱々のおでん状態で、ダチョウ倶楽部の上島さんのおでんコントみたいに、なっちゃうわけですよ。

 

深夜に私一人でね。で、気がつくと、奥歯部分がぺたりとくっついてるんですよ。もうね、本当に、、アホかと、、、馬鹿かと、、、、。

 

おいおいおい、冗談だろ!!なんだこの根性のないゴム(シリコン)は!!ふざけんじゃないよ!!お前、これ1000円近くしたんだぞ!!普通ならこんなのかわねーよ!!!と怒ってみても、後の祭りというやつですね、、、、。

わかりますかね??奥歯の部分が、ぺたっと下の部分にくっついちゃってます。

 

 

もし、少し時間が巻き戻せるなら、30分前に戻りたい。そして、なんだかお腹が痛くなってきたのは、このシリコンの物体を噛み続けたからだろうか。

素直に歯医者に行って作ってもらったほうが、楽に思えます。

 

たかが1000円ぐらいいいじゃんという人もいるでしょう。

いや、そうですよ。ちょっと高いランチぐらいの値段です。ちょっとこじゃれたラーメン1杯の値段といっしょですわ。

でもね、、、ラーメンなら満足感あるでしょう!!

 

でもこのゴムは、何に使うの?机に置いておいたら、こんなのおばあちゃんの入れ歯と同じ扱いですよ。1000円出して、買ってきたのをオエッてなりながら、30分かけて、火傷しそうになりながら作った結果がこれとは。もうね、、、ガッカリっす。

 

後日先生に聞いたら、お湯に入れてカッターで切れ目を入れればまだ行けるかも、、、だそうです。

 

そんなマウスピースを作るあなたにおすすめ!

 

↑ 失敗した時に高いマウスピースだとショックですね、、、。