カラテウサギの全て空手で解決するブログ(格闘編)

新宿に通うサラリーマン 格闘技等全くの未経験だった私が空手を通して様々な問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

空手を始めて一年。上段回し蹴りが打てるようになる!?から更に2年後

この記事は、ずいぶん前に投稿したものですが、ブログを引っ越したので再投稿します。さらに追記しました。

 

今日は土曜日ということで、空手道場の日です。

f:id:waga186:20171227012758p:plain

さて、空手練習の内容は毎回だいたい同じで、基礎練習、形、組手の稽古のパターンが多いです。

もちろん実際には、毎回ちょこちょこ違うのですが、先生から今日は中段逆突きからの左上段蹴りの連続技をやりましょうと、言われるわけです。

で、私は最近入ったばかりのお父さんと一緒に練習することに、というか大人は今日は2人だけ。私は偉そうにもこうした方が蹴りやすいですよとか、アドバイスしたりしていたのですが、、。

 

情けないことに、左の上段蹴りが、そもそも打てない。足が上がらない!!

相手のお父さんの肩口あたりまでしか打てないんですよ。

もうね、なんならその相手のお父さんの方が打ててるんじゃね?ってぐらいの勢いでした。俺の一年て、、、とがっかりですよ!マジで!!

一年続けてきたのに、まともなケリが未だに打てないことに、改めて気づかされました。

f:id:waga186:20180115010631p:plain

中段蹴りの練習は結構やっていたので、多少は打てるのですが、上段はやってなかったからなのですが、、。柔軟が足らないのか、体の使い方が分かっていないのか。

上段回し蹴りは情けないほど打てないです。

 

という記事のを書きました。恐らく2016年4月頃の記事だと思います。

そしてそれから2年くらい経ちました。さてどうなったのでしょうか?

結果から言うと「嘘くさい上段蹴り」が打てるようになりました。正直言って威力はないし、ぎこちないです。でも、まぁ脅し程度に使えるくらいです。

「あ、下手すると上段も打ってくるな」と相手に思わせる事が結構重要だったりします。実際に試合で使えるほどのモノじゃないですが、試合前とかに上段ぽい動きをすると相手は警戒してくれます。www.karatekagolf.com

ではどうやったら多少は打てるようになってきたのか?一番には柔軟だと思います。

よく蹴りは筋肉で打つ人もいるから、柔軟性はあまり必要ないという人がいます。確かに開脚があまりできないのに、強烈なハイキックを打つ人はいる事はいます。 

ですが、彼らは私から言わせればやはり柔らかい部類の人たちです。普通の人(練習も柔軟もしてない)では絶対に打てないです。ただし子供ならば柔軟性があるのか結構いきなり打てたりします。

開脚は横方向に足を広げる動きですが、ハイキック(上段蹴り)は横の動きである開脚もですが、縦の柔軟性も求められます。前後に足を開く、もしくは足を前に振り上げてみて顔の位置まで届けばとりあえず上段蹴りを打つことはできるのです。

横への開脚に比べて前後に足を広げる動きは、割と楽に出来るようになります。それでも多少の訓練は必要です。私も前に蹴る動きであれば、頭くらいまでに足はあがります。

f:id:waga186:20180217012549p:plain

この動きができれば、あとは方向を横にするイメージです。とりあえず虹というかトンネルを描くイメージでケリを打ちます。

ただしこの場合に、足の甲を横に向ける事が難しいのです。これが柔軟性が必要な部分です。ここを力技でやりきれる人が居るのは事実です。

あとは膝裏が伸びきらずにケリを打つと威力のない変なケリになります。上段廻し蹴りを打つ事が出来るはできますが、本来自分の求めている上段廻し蹴りとは違います。

f:id:waga186:20180114173537p:plain 

私の場合は中段蹴りの高さが更に上に上がって、相手の首より上まで打てる打ち方ができたらそれが最高のハイキック、というか私の目指す上段回し蹴りとなります。

ここに到達しないのですね。空手を初めて3年過ぎてキックを初めて2年経ちますが、まだまだ納得できる技術が身についていないです。

ハイキックはとにかく膝を高く上げないと何も出来ません。膝を高く上げる動きがポイントですね。

f:id:waga186:20180115010404p:plain

ということで、自分自身の上段廻し蹴りはまったくもって偽物です。ですが、一応打てるといえば打てます。でも目指すところは違いますね。

これが実態です。柔軟を頑張っている人は基本的に上段廻し蹴りは打てます。でもいろんな要素があって意外と柔軟だけでもダメだしタイミングやバランスが崩れると上手に蹴れません。

上段廻し蹴りは力強い蹴りというよりは、素早くキレのあるけりの方が有効です。空手の組手でハイキックでノックアウトしてしまうと反則を取られちゃいますしね。

でも上段蹴りができたら、かなり楽しいものですね!私も今後精度高めて行きたいです。更に本来目指すべき上段廻し蹴りを追い求めていきたいです。

皆さんはいかがでしょう?