40代サラリーマン 全て空手で解決するブログ

40代のサラリーマン 格闘技とか全くの未経験だった私が空手を通して問題を解決できるのではないか?と言うのを実践するブログです。

空手とゴルフの共通点。スポーツは共通する事があります。

これは私が感じたことで、他の人には否定されるのですが、ゴルフと空手は、やや似ている面があるんです。というかあるように思います。

 

例えば、ゴルフのスイング中は、頭を動かさないように、、という定石があるのですが、空手も移動なんかじゃ頭を一定にして、、。というように教えられます。無駄な動きを排除するわけですね。あと、姿勢をよくするというのも、一緒だと思います。姿勢がいい方が上手な訳です。まぁ、どんなスポーツにも共通しているとは思いますが、、、、。

 

空手で言うところの、「極める」という言葉がありますが、ひとつの動作のその瞬間の動きは、ゴルフのインパクトのその瞬間と同じではなかろうかと、、、。突きや蹴りを「極める」その瞬間は、集中しており写真のシャッターを切ったような感じを思い描いているのですが、ゴルフのインパクトについてもおんなじで、その瞬間だけはものすごく集中する訳です。

 

さて、ゴルフの打ちっぱなしなんですが、私は練習前にこのバットを20回振ってから、練習に入ります。

 

 

実際にプロが使ってました。飛距離を伸ばそうとかそういうことではなく、体のバランスを整えるためだそうです。

バットはやや重いので、腕の力だけでは触れない。体を使って振る必要があるので、体に覚えさせる(思い出させる)事に使っているとのことで、私もそれを真似てこのバットを買いました。

 

それ以来確かに体で振る事を意識するようになったとは思います。スコアが良くなったかはわかりませんが、、、。でもバットを振って、スイングを固めるというのは結構いいかもしれません!!気が向いたら、お試しあれ。

 

さてゴルフに限らないですが、全然違うスポーツでも結構同じような動きをしている時があります。空手でもキックボクシングでも蹴り技は足をムチのようにつかうと言われます。ゴルフもクラブを鞭のようにと言われますね。

ところがですよ。私は極めてノーマルな人生を歩んできたものですから、そもそもムチを持ったことがない!!テレビで見る女王様が持ってるあれしかイメージがございません。それか競馬のジョッキーのムチですね。

どっちにしてもムチで叩かれた事も叩いた事も無いのですよ。だからムチのようにと言われても、具体的にどう?というのがわかりません。

 

あくまでイメージですが、しなりを利用して叩いているのだろうというのはございます。だからきっとしなりを利用するのでしょう。ゴルフクラブもしなりが重要です。しなりを上手に使うことで飛距離が全然違ったりします。恐らく同じ原理です。

ゴルフに置き換えてケリを考えますと、ヘッドを残すと言いますが、ゴルフクラブの先っぽを遅らせるイメージで、まるでハンマー投げのハンマーのように重いものが先についているような感じを作り出します。するとどうでしょう!ゴルフクラブはほんの少ししなるんです。そしてインパクトを迎える瞬間に逆に地を這わせるように、ヘッドを返します。すると爆発的なスピードとインパクトが得られるのです!!これがゴルフで言う所のしなりだと思います。

 

空手の蹴り技も同じであるのであれば、先端である足先は少し遅らせて、当たる瞬間に加速させて当てる!!きっとそうに違いない!!

ゴルフのイメージを活かして、本物のケリを手に入れたいと思います。